仮想通貨モネロ(XMR)の管理に便利なおすすめのウォレットを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッキング、「カウンターパーティーリスク」と呼ばれる取引所の倒産や管理者の横領などのリスクを避けるためには、仮想通貨を取引所に置きっぱなしにするのではなく、ウォレットを利用して管理するのがおすすめです。

今回の記事では、仮想通貨モネロ(XMR)の管理におすすめのウォレットを4つ紹介します。

1.仮想通貨モネロ(XMR)おススメウォレット

仮想通貨モネロの管理におすすめのウォレットを4つ紹介します。それぞれのウォレットのおすすめポイント、どんな方におすすめなのかも合わせて紹介します。
①Menero Wallet

AppStore

GooglePlay

Menero Wallet(モネロウォレット)はFreewallet.orgが提供しているアプリです。アップル・アンドロイド両方にあるアプリですから、自身のスマホに合わせてアップルストア、グーグルプレイのいずれかでダウンロードできます。仮想通貨モネロのみの管理ができます。

●このウォレットのおすすめポイント
モバイルアプリですから、インターネットさえあればどこでも利用することができます。ですから、頻繁に入出金をされる方や、外出先など場所を選ばずに取引したい方におすすめのウォレットです。

②MyMonero
仮想通貨モネロを管理できるウェブウォレット(オンラインウォレット)です。モネロのコア開発チームがサポートして開発されたウォレットで、アカウントも簡単に作成出来ます。

MyMonero

●このウォレットのおすすめポイント
インターネットと、タブレットやスマホなどでウェブブラウザを開ける環境さえあれば、これも場所を問わずにモネロの管理ができるウォレットです。
アカウントを作成すればすぐに使用できるので、モネロの取引を始めたばかりの人などにも便利なウォレットです。
パソコンに管理用ウォレットをダウンロードする必要もないので、パソコンのストレージが圧迫されるのが嫌という方にもおすすめです。
しかし、ウェブ上での管理ということですから、万が一の場合を想定して、多額の仮想通貨を預けておくことはおすすめできません。

③Monero公式ウォレット

モネロの公式サイトからダウンロードできるパソコン用の管理ウォレットです。Windows,Mac,Linuxなどいくつかの種類のOSに対応しているので、自分のパソコンに合ったソフトをダウンロードします。

Monero公式ウォレット

●このウォレットのおすすめポイント
パソコンのデスクトップ用のウォレットで、秘密鍵のオフラインでの管理になりますので、セキュリティ面では、これまで紹介したウォレットより格段に安全です。
ですから、多額のモネロを管理したという方におすすめです。
ダウンロードの時に、ブロックチェーンのダウンロードも同時に行われます。設定までに時間がかかりますが、マイニング報酬の受け取りなどが行いやすというメリットがあります。

2.モネロ(XMR)のウォレットの使用方法

この記事では、紹介した3つの中から、ウェブウォレットのMyMoneroと、公式ウォレットの2つの使い方を説明します。

①ウェブウォレットMyMoneroの使い方
1.MyMoneroの公式ページを開き ”Create an Account”をクリックする。次のページが開かれ、”That was simple.Your Account has been created”と表示されます。つまりメールアドレスなどの登録なしでクリックだけでアカウントが作成できたということです。

2. ”That was simple.Your Account has been created”と表示された画面の下には”!マーク”と一緒に、”Understand the Risks in Using MyMonero”と書かれていて、その下に警告文があります。これは「MyMoneroはウェブウォレットなので便利なんですが、安全な方法でコードを贈ることができないので、多額のお金は預けないで下さい」と言った趣旨のことです。

3.同じ画面を下にスクロールすると、”Your Private Login Key”と表示されています。その下に書かれている文字列がログインキーになりますから、忘れないように、紛失しないようにメモする、写真に撮るなどして厳重に保管しておきます。

4.”Confirm Your Login Key”の欄の下に,先ほどのログインキーをコピペなどの方法で入力し、その下の”I’ve written down my Private login key,log me in!”をクリックします。

5.ログインに成功すれば、自分の残高、送金用のアドレス、取引履歴が閲覧できる”Account Overview”の画面になります。

6.”Account Overview”の画面の下には、取引履歴(Transactions)、送金(Send Found)、受け取り(Receive)のボタンがあります。それぞれ金庫、紙飛行機、下向きの矢印のアイコンで表示されており、英語が分からなくても理解できます。必要とする処理に応じてそれぞれのアイコンをクリックすれば、その画面に移動します。

7.送金したい場合は、”Send Found”の画面に移動して、受取人のモネロのアドレス、送金金額などの必要な情報を入力し、”Send Peyment”をクリックすれば完了です。

8.受け取りの場合に、ペイメントIDなら、”Receive”の画面を開き、ペイメントIDを取得します。しかし、送り主に、最低限こちらのモネロのアドレスさえ伝わっていれば受け取れますで、その場合は、この画面を開く必要は必ずありません。

9.取引履歴”Transactions”では、過去の取引履歴を閲覧できます。モネロを受け取った場合もこの履歴や”Your Balance”にその金額が反映されます。

②Monero公式ウォレットの使い方(アカウントの作り方)
次にモネロの公式ウォレットのアカウント作り方を説明します。
1.公式ウォレットのページを開く。

2.自分のパソコンのOSにあったソフトをダウンロードする。

3.ダウンロード完了後、zipファイルを開き、monerod.exeを開く。そうすることでノードを立てる、つまりこのパソコンを接続ポイントのひとつにしますという作業が開始されます。接続ポイントのひとつとなることで今後の円滑な取引作業につながります。

4.フォルダ内のmonero-wallet-gui.exeをクリックし、ウォレットの設定作業を開始。

5.言語を選択できるので、日本語を選択。

6.オプションの中の「新しくウォレットを作る」を選択。
7.ウォレットの名前、パスワードを設定。パスワードは紛失したり忘れたりしないようにする。

8.画面右下の、ウォレットを使うをクリック。

9.ウォレットを新しく開くと、「ウォレットがデーモンに接続していません」と表示されるので、デーモンの開始を選択。これによりデーモンつまりウォレットの使用に際して必要な処理を行うバックグラウンドシステムが構築されます。

10.ウォレットの同期。同期には時間がしばらくかかります。同期が完了後、本格的にウォレットを利用してのモネロの管理ができます。

11.日本語対応していますので、入金・送金に関しては、画面の指示に従って利用することができます。初心者でもとても簡単です。

3.モネロ(XMR)の2018年予想

モネロの持つ特徴を考えると、2018年もモネロの価値は安定していると予想できます。
モネロの特徴は、承認時間が早いということです。ビットコインなら承認時間10分と言われていますが、モネロは承認時間が2分ととても短いです。

この特徴を生かし、頻繁に決済が必要なカジノ決済やその他の分野で、モネロが利用されることが予想できます。

さらに、モネロは自分のパソコンでマイニングできるというメリットもあります。MinerGateというソフトをダウンロードして自分のパソコンでモネロのマイニングをコツコツと行えます。ある程度の儲けが出たら、自分のウォレットに送ることができます。
こうしたメリットを考えると、モネロも押さえておきたい仮想通貨のひとつになります。

4.まとめ

仮想通貨モネロの管理に必要なウォレットを3つ紹介しました。どこでも取引できるアプリや、ウェブウォレットは便利ですが、多額の金額を預けておくのは心配でした。

パソコン用の公式ウォレットは設定までに時間がかかりますが、セキュリティ面でも安心でき、日本語にも対応していて、初心者でも使いこなせます。

またマイニングで得たモネロの受け取りにも使えます。モネロをすでに持っているならば、自分のニーズに合ったウォレットを探してみるのはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*