七星明さんはってどんな経営者?経歴や評判をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七星明さんという方をご存知でしょうか?

七星明さんは、現在では経営者として大きな成果をあげている方になります。

ビジネスに詳しい方はご存知かもしれませんが、インターネットビジネスについて詳しく知らない人や、そういった分野について興味がない方はもしかすると知らない方もいるかもしれませんね。

七星明さんは様々な経験をすることで、今このような大きな成果をあげている方といってもよろしいのではないでしょうか?

ですので、今回はそんな七星明さんがどういったビジネスを行ってきたのか、経歴やセミナーの内容などについて紹介していきます。

七星明とは?

七星明さんの肩書きが何なのかを説明しようと思っても難しいものがあります。

それほど、様々な分野において成功をしており、何が軸になっているのかを判断するのも難しいです。

しかし、大きな成果をあげているものをあえて紹介しようと思うと、インターネットビジネスにおいては大きな成果を挙げているのではないでしょうか。

中でもエキスパートメールというメール配信システムにおいては4万人の顧客を持つほどにまで成長しています。

さらに心理学をもとにしたコミュニケーションのノウハウのメールマガジンは11万という驚異的な数字の顧客を抱えるほどにまで成長しています。

また、セミナーに対しても大きな成果をあげており、6000人規模のセミナーの開催するほどのものになっています。

しかし、これほどの成果をあげるまでにどういった経緯があったのでしょう?

続いては、七星明さんの経歴について紹介していきます。

七星明の経歴

七星明さんは幼少期から貴重な経験をしている人です。

5歳には母親が結核を患ってしまい、児童施設で1年間過ごしています。

貴重な経験は、小学生のなっても続いており、親が経営する手芸ショップでも働いています。

その内容が小学生とは思えないような業務になっているのですが、毎週日曜と長期の休みは、手芸ショップを手伝い、レジ締めを行ったり、報告書を作成、夜間金庫への投稿など、小学生が行っているものとは思えない仕事をこなしていたのは間違いないですよね。

中学に上がっても、行っている仕事は常識の範囲ではありません。

中学校が終わってからの時間はコーヒーショップのマスターを行っており、焙煎や宅配までこなし、歩合で収入を得るようになっていきます。

一人の集客も得ることがなかった経験もこの時にしており、中学校のバイトの範疇をはるかに超えている仕事内容ですよね。

高校に入ってからは自衛隊に入隊します。

この時に肉体的なトレーニングと、メンタルトレーニングにより、強靭な精神力を身に着けていきます。

20歳になると自衛隊は除隊するのですが、その後も力を使う内装会社に就職します。

職人としてはクロスを担当するようになります。

また、2年目に入ってからは、クロスの職人と同時に営業も任されるようになり、現場の職人をこなしながら、サラリーマンとして営業活動も行うような人物になっていき、そのため会社にとっても番頭的な存在になっていきます。

この時ですでに、会社の中の上から3番目の給料をもらう人物になっていました。

24歳になると自分で経営することにもチャレンジします。

内装会社に勤めていたのですが、自分で資金を出し、カウンターバーをオープンします。

しかし、カウンターバーの経営がうまくいかず、半年で閉店します。

この時に、自分で仕事をやって成果を挙げることと、他人に任せて経営を行っていくことの大変さを痛感することになります。

28歳に一つの転機を迎える出来事が起こります。

お父様が余命2カ月を宣告され、面倒をみるために会社を辞めます。

その後、父が他界をし、リフォームを行う会社を開業します。

建築関係の仕事を続けていくのですが、不動産管理の仕事、ビル管理、賃貸物件の案内などの仕事を継続していて行っていきます。

32歳に飲食店の経営をするも1年で閉店してしまい、さらに建築関係の仕事も軌道が乗らずに苦労をしていきます。

その中でインターネットでプレハブを売るビジネスを始めます。

このインターネットにおけるビジネスで、億単位の売り上げを記録し、インターネットの総合プロデューサーとしてのビジネスを展開していきます。

34歳には、今までにやっていた、建築の仕事を明け渡しており、システム開発や映像関係などを基盤にビジネス展開し、1年後にはエキスパートメールを開始します。

エキスパートメールに関しては、4万人の顧客を生み出すほどに成果をあげたのは、事前に触れた通りです。

その後、39歳の2012年に1000人規模のセミナーを開催します。

翌年、2013年には6000人規模のセミナーを開催することにつながります。

6000人規模のセミナーというのは非常に大きな結果と考えてもよいのではないでしょうか。

一度に、その場に集まってセミナーを行うというのはそれだけ価値を感じている人が集まらない限り、セミナー開催をすることができません。

この規模のセミナー開催になってくると、ただ講演会を行うだけで、セミナーの成功を達成することができるわけではなく、セミナー中の運営、誘導など様々なものがクオリティが高いものでないと開催できません。

そのことを考えると、この6000人のセミナーというのは大きな価値を持っている経歴と考えても良いのではないでしょうか。

現在はインターネット総合プロデューサーとして、成果をあげ続けています。

七星明の塾は存在する?

七星明さんが開く塾、七星塾というものが存在します。

この七星塾は4万人の顧客がいる、エキスパートメールについて学ぶことができます。

高価な参加費と感じるかもしれませんが、プラチナ会員は98万円、ゴールド会員は28万円も投資をして、学ぶことができます。

この費用は、それだけ本気の人にしか、情報を教えないということと、それだけの自己投資の価値を提供することができるという確信からきているのではないかと思われます。

ただ、現在からの新規の応募者の募集はしていないみたいです。

七星明の評判は?

七星明さんはどういった評判を持っている人なのでしょうか。

インターネットビジネスというのは、内容が見えにくくわかりづらいという難点があります。

そのため七星塾も怪しいや、本当に稼ぐことができるのだろうかという疑問を持った評判を持っている方もいます。

しかし、それに反して、実際に七星塾に参加して人は、本当に成果が上がったや、学びが非常にあったという意見もあります。

なかなか高額なセミナー参加費のために否定的な意見もありますが、それに対して、結果を出すにはそれだけの自己投資が必要なのだという見方をすることもできます。

その中で賛否両論の意見がありますが、それだけ七星明さんは、注目を集めているといえます。

批判の意見に対して、良い意見もあるので、成果を出すことができる人もいるといえるでしょう。

まとめ

七星明さんについて紹介してきました。

七星明さんの経歴を見てみると、小さいころから大変な経験も含めて多くの経験をしているのがわかります。

特に挫折経験も多く、簡単に成功したとは言えないのがわかりますよね。

しかし、それだけの経験をしながらもあきらめずに行動し続けたことがインターネットビジネスにつながり、現在の成功につながっているのではないかと思われます。

6000人の規模のセミナー開催は非常に大きな価値を感じる成果です。

今後もどういった経営をしていくのかが楽しみな経営者です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*