どん底借金生活から日本一のコピーライターへ村上むねつぐの逆転人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

借金まみれの生活そして重度のうつ病で自殺未遂を繰り返すなんて、まさに将来が見えない人生に希望が持てませんよね。

しかし、村上むねつぐさんは違いました、どんなに借金にまみれても、たった一つの武器であるコピーライティングのスキルを磨き、その武器だけでネットビジネス界をのし上がったのです。

日本でも有数のコピーライターとして活躍する村上さんは主催する塾やセミナーでもコピーライティングを教えています。彼は塾でどんなことを教えてくれるのでしょうか?

村上むねつぐとは?

現在、IT企業や不動産事業など14社もの会社を運営しているオーナー兼キャピタリスタの村上むねつぐさんですが、成功に至るまでの彼の人生は壮絶を絶する悲惨なものでした。800万円という莫大な借金を抱え、加えて重度のうつ病。普通に仕事をしていても借金800万円の返済なんて大変なことです。

この800万が住宅ローンのような低金利のものでしたら、まだ返済の目途も立つでしょうが、村上さんの話を聞くと、どうやら低金利ローンではないようです。

普通に消費者金融から800万の借金があったら、まず確実に自己破産ですよね。彼のうつ病は借金が原因だったのかどうかわかりませんが、彼の頭の中には常に自殺願望があり、実際に何度も自殺未遂を繰り返していました。

絵に描いたような底辺人生をリアルで送っていたんですね~

そんな村上むねつぐさんの人生に転機が訪れたのが、ネットビジネス界のレジェンドの一人であるミスターXさんとの出会いでした。彼はミスターXさんの下で、必死にコピーライティングのスキルを磨き、ようやくネットビジネスで独り立ちできるようになり、そこから7か月で年収1000万円に到達しています。

ようやくどん底の借金生活を抜け出した村上さんは本格的にネットビジネスに参入するために、2007年に友人と会社を設立。

その後大きなプロジェクトを何度も発表し、あっという間に日本のネットビジネス界のトップレベルまで上りつめたのでした。

彼が今まで手掛けたネットビジネスは100以上と言われています。ネットビジネスだけではなく、東日本大震災のボランティアとして復興活動に参加した時に、ガイガーカウンターの設置の必要性というものに気づき、そこから便利屋事業も始めました。

この事業では600万の収入をあげていますので、村上さんのビジネスに対する貧欲さというのもわかりますね。やはり、稼ぐことに貧欲であるからこそ、敏感でいられることができるのでしょう。そういった感覚も彼のコピーライティング力に生かされているのではないでしょうか?

様々な、ビジネスを打ち出す村上さんですが、何故失敗を恐れずに新しいビジネスにチャレンジできるのか?それは彼の中にコピーライティングという絶対的な柱があるからです。

コピーライティングだけでのし上がることができた、村上さんにとってまさにライティングは生命と同じ。そして、この力さえあればどんな失敗を起こしてもまた再び這い上がれるという自信があるのでしょう。

現在、14社もの会社を経営し、投資家としても名を轟かせる存在となりましたが、それでも彼の中にある基本的なものは変わらないんだと思います。

村上むねつぐの塾は存在する?

村上むねつぐさんの塾は、人気があり募集後すぐに定員が埋まってしまうほどです。決して塾への参加料金は安いとは言えません。高額塾と呼ばれる部類に入るでしょう。

しかし、何故これだけ村上さんの下に人が集まるのか?それは村上さんのコピーの力を伝授して欲しいという人がいかに多いか、もう一つは、村上さんの講演がわかりやすいということにあるのではないでしょうか?

コピーライティングの基本は、どんな人にもすぐにイメージが湧くような簡潔な言葉の組み合わせ。コピーというものは、商品やイベントなどを告知し興味を持ってもらうことです。小説などと違い、じっくりとその内容を吟味するものではありません。

たった一瞬目に触れるチャンスにいかにそのコピーで印象を残すかということが勝負になります。ある意味コピーを作れる人というのは、言葉の魔術師であり、全ての言葉を深く理解していなければなりません。

村上さんは、トップレベルのコピーライターですから、どんな言葉で伝えればより人に理解してもらえるかということも熟知しています。

そのため、何の知識を持たない人でも、講演の内容を理解することができる。どんなに素晴らしいことを話していても、理解できなければ全く意味はありませんからね。

誰でも理解できるということを証明するエピソードで、村上さんの小学2年生の息子さんが一日で2万円を稼いだというものがあります。

実際、その話を読んでいくと、息子さんが全ての作業をしたわけではありませんが、村上さんが稼ぐまでのノウハウを息子さんに教えたら、すぐに理解できて稼げるシステムを発案することができたということです。

実際、小学生に労働させたら犯罪ですからねwそれはありませんのでご心配なく。

このように、小学校の低学年の児童でも、理解できる村上さんの話と言えば、わかりやすいと思います。

村上むねつぐの評判は?

村上さんのセミナーに参加したことがある人は、信者のように彼のコピーライティングの力を絶賛しています。しかしアンチが多いのも村上さんの特徴でしょう。

やはり、どん底から14社もの会社を運営するほどに成り上がった派手な経歴公表すれば、嫉妬心などからアンチは増えますよね。過去に一緒にプロジェクトを組んだ伊勢さんもアンチが多い人だったので、そのタッグチームはかなりネットでは批判されていました。

また、そのプロジェクトの結果が12時間で5億円以上稼ぎ出したという破格なものだったので、アンチが増えるのも自然の流れでしょう。

ただ一つ、村上さんに関してのアンチは不思議なところがあります。普通のアンチというのは、その人のビジネスだけでなく、過去の経歴も人格も全て叩くというのが当たり前なのですが、村上さんを批判しているサイトを見ると、どのサイトでも、彼のビジネス手法に関しては批判はしているけれども、コピーライティングの力を否定する人は一人もいないということです。

アンチでも村上さんのコピーライティングの力は認めざるを得ないというのはやはり凄いことですよね。

まとめ

現在、多額の借金を背負って途方に暮れている人、リストラや会社を退職して次の仕事が決まらず将来を悲観している人、確かに今のままでは将来は全く見えません。ですが、必ず将来というものはやってくるのです。

何もしなければ、今と同じ、もしくはさらに状況が悪くなった将来になるかもしれません。しかし村上さんのように自分自身に力をつけることによって、暗かった将来が全く想像もできない素晴らしいものになるということもあるのです。

自分自身に力をつける努力というのは簡単なことではありません。しかし、何年もスキルアップのために時間を要す余裕がないという人がほとんどでしょう。

村上さんの場合、そんな人の苦しみ、そしてその人に何が必要かということを的確にアドバイスしてくれます。

自分が同じような体験をしていたからわかるのでしょう。確かに高額な塾かもしれませんが、高額塾の場合は、リターンも大きいでしょうから、行動を起こすなら今なのかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*