小平つかさは何故Facebookの女王になり得たか?その資質に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて女性のビジネスマーケッターって凄く珍しかったと思います。

初期のヒルズ族も堀江貴文、与沢翼など活躍していたのは男性だけ、女性は自らのステータスの広告塔として使われるくらいの存在でした。

しかし、スマホでのビジネス、SNSでの集客といった新しいビジネススタイルが生まれてくると、勢いのある女性がどんどんネットビジネスに進出してきましたね。

その代表格が蝶乃舞さんであり、今回紹介する小平つかささんでしょう。

SNSでは男性よりも女性の方が有利という現在のマーケティング事情に乗って、次々に新しいビジネスを仕掛ける小平つかささんは、どのようにしてFacebookの女王になり得たのでしょうか?

小平つかさとは?

小平つかささんは、もう蝶乃舞さんと並ぶ二大女性ビジネスマーケッターと言ってもいいでしょう。アパレル業界に憧れて大学卒業と同時に就職した彼女。普通の女性なら自分の夢がかなったということで一段落、次は結婚を目指してなんて考えるものなのでしょうが、やはり彼女は普通の女性ではなかったようで、就職してアパレル業界を体験してみるとこの業界の将来性の限界を感じたそうです。

長野で小さなスーパーを営む夫婦の長女として誕生した彼女は、元々商才があり、ビジネスに対しての嗅覚というものが人一倍鋭かったそうです。

彼女がアパレル業界の将来性に疑問を感じたのは間違いじゃなかったですね。

当時のアパレル業界はまさにギャルファッションの全盛期で右肩上がりでした、しかしその後ユニクロなどの低価格ブランドの出現、そして大きなダメージとなるネット通販の影響で現在では業界自体が縮小の一途をたどっています。

小平さんがアパレル業界に見切りをつけて、次に目指したのはエステの経営。エステティシャンとして働きノウハウを身に着けてから自分でエステを経営すると思い立ちました。

弱冠24歳という若さで経営者になるというのは並大抵の苦労ではありません。

開業資金800万がすべて借金。エステの経営が軌道に乗るまでは、借金を返すことでお金がなくなるどころか、借金すら返せるかわからない状態。

そこを乗り越えることができたというのは、やはり天性の商才と言うものがあったからなんでしょう。

エステサロンの成功の後は、まつげサロンやネイルサロンと次々に美容業界でリアル店舗を打ち出していきます。

そして、彼女の最大の転機になったのが2012年のFacebookとの出会いです。個人的にはFacebookはもっと前からやっていたかもしれませんが、SNSというシステムがビジネスに利用できると確信し、Facebook集客を始めたのが2012年でした。

彼女の確信はまたも的中することになり、Facebookとメルマガでの月収は500万円を達成。株式会社Happinistを設立し、Facebook集客をメインにセミナーを行う、女性でもトップクラスのネットビジネス成功者になっています。

小平つかささんのFacebook

小平つかさの塾は存在する?

小平つかささんは塾としての募集は行っていないようです。

ただ、短期間のセミナーとしての募集は不定期ですが行っており、セミナー開催の告知は彼女の運営する会社株式会社Happinistのサイトで確認することができます。

彼女のセミナーは少人数で行われて、とにかく結果を出すまでの時間が早いというのが特色です。やはり媒体としてSNSを利用するということが結果が出るまでの速さに繋がるのでしょう。サイトを立ち上げたり、ブログやメルマガでの集客と言うのは時間がかかります。

サイトが認知されるまで約3ヵ月~半年。そこでブログの読者が増えればいいですが、一向に訪問者が増えない場合は、利益が出るまでどのくらいの月日がかかるかわかりません。

しかし、SNSの場合自分が持っているリアル友達の総数にも大きく影響されますが、極端な話、一日目から集客そして売り上げを挙げることが可能です。

そしてブログやサイト運営のように、SEOの知識とか、記事の内容にそれほど気をつかわなくてもいいので、ネットビジネス初心者特に女性にとっては大変魅力的なセミナーになっていると思います。

小平つかさの評判は?

参加した人からの小平さんのセミナーの評判はいいです。

前述したように、SNSを使った集客というのが結果を早く出したいという初心者の方に喜ばれているようです。

そして女性からの支持が多いのも小平つかさんのセミナーの特徴です。SNSでの集客は男性よりも自らをキャラクター化しやすい女性の方が向いているのかもしれません。

SNS集客セミナーの評判はいいのですが、小平つかさんのセミナーで賛否が分かれているのが、億万長者グループに関してですね。

この企画は、小平つかささんが提唱する買い物ビジネス!お買い物をしながらお金を貯めていくというビジネススタイルです。買い物した総額の20%がキャッシュバックされるというのは非常に魅力的なんですが、そのキャッシュバックを受けるために毎月125ドルの会費を払わなければならないということ。

キャッシュバックの総額は250ドルですから、会費を払っても125ドル分は儲けになるということはわかるのですが、毎月1000ドル以上の買い物をしなければメリットが出ないというのは、あまり買い物をしない男性にとってはこのプロジェクトに疑問を感じてしまうかもしれません。

しかし、考えてみると主婦の方や女性は食事の材料費や家の日用品さらに、自分のメイク用具なので普通に10万円近くショッピングってやってるものなのかな?とも思いますので、いずれにしてもこのお買い物ビジネスに魅力を感じるのは男性よりも女性って感じになりますよね。

この億万長者グループのお買い物ショッピングについてマルチ商法ではないか?と指摘している人もいるのですが、調べてみるとマルチ商法には当たらないようです。小平さんだけではなく、共同で企画している方々も、今まで様々なプロジェクトを打ち立てて来ているメンバーで立ち上げたプロジェクトですから、法に触れるような危ない橋を渡ることもないでしょう。

まとめ

蝶乃舞さんと混同されることも多い小平さんですが、この二人って似てるけど決定的に違いますよね。共通点は、女性であること、美魔女であること、そしてネットビジネスの成功者であること、ゼロからスタートしたことでしょうか。

二人とも女性からの支持が多いというのも共通点ですね。ただ、主婦層や育児世代からの支持が多い蝶乃さんと、独身女性からの支持が多い小平さんと少し違いがあるようです。

しかし、二人のスタートもネットビジネスの経験がゼロだったわけで、全てがゼロだったのではありません。

蝶乃舞さんは、早稲田大学の理工学部そしてウェブデザイナーとして経験したネット構築の知識をもっており、小平さんはネットの知識は全くないけれども、リアル生活での人脈の広さから多くの友人を持っていました。

その二人の持ってるものの違いが、蝶乃さんのサイトアフィリそしてメルマガというビジネススタイル。小平つかささんのSNSでの集客といったスタイルに分かれてそれぞれ成功したのでしょう。

ネット知識がゼロでも、誰でも何か持っています。その持っているものがビジネスに役に立つかどうか?正直、役に立たないものなんて一つもないでしょう。自分の持っているものを武器にして新しいビジネスに立ち向かうことを小平さんのビジネススタイルは教えてくれますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*