これからの注目仮想通貨ファクトム(FCT)とおススメウォレットについて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨でも注目されており、今後さらに成長を期待されているファクトム(FCT)ですが、一体何故そんなに注目を浴びているのしょうか?

その謎はファクトム(FCT)が持つ特徴にありました。その特徴と保管で重要となるウォレットについて見ていきます。

1.仮想通貨ファクトム(FCT)おススメウォレット

仮想通貨ファクトム(FCT)とはどんな仮想通貨なのか特徴等を説明させて頂き、また対応しているウォレットとおススメウォレットをご紹介致します。

1-1.仮想通貨ファクトム(FCT)とは

ファクトム(FCT)とはアルトコインの一つで仮想通貨です。ファクトム(FCT)は仮想通貨2.0とも呼ばれており、第2世代の仮想通貨でビットコインにはない特徴を持っています。2015年に誕生したファクトム(FCT)は主に不動産や医療分野で非常に注目されています。

特徴としては先にも述べたように仮想通貨2.0とも呼ばれていると言いましたが、何故そう呼ばれているのでしょうか?それには第1世代にはなかった特徴があるという事です。

第1世代のビットコイン等は仮想通貨としての価値しかありませんでしたが、第2世代である仮想通貨2.0と呼ばれる物には仮想通貨そのものの価値だけではなく、付加価値があります。

ファクトム(FCT)の特徴は様々な情報を記録するために作られた仮想通貨だという事です。ブロックチェーン技術と呼ばれるものがあり、それは情報を記録してチェーン状に繋げて記録する事により、情報をさかのぼって変更したり、抹消や変更が出来ない技術です。

このブロックチェーンを記録するために作られたファクトム(FCT)はとても親和性が高いと言われています。
何が便利なのかという事ですが、ブロックチェーン上に情報を記録して置く事で、これまで証明書等を各機関に保管したり、その証明書を申請するために機関に申請したりと面倒な手続きやコストが削減されるというメリットがあります。

現在では不動産関係で最も注目されており、今までわざわざ法務局まで行って情報を得ずともパソコンから情報を見る事が出来るため重宝されています。その他にもこれからは改ざんや消滅を懸念する医療機関でも注目が集まっており、更にはまだまだ応用されて広い分野での活躍が期待されています。

また、ファクトム(FCT)の特徴としてもう一つ上げられるのが、発行上限枚数がないという事です。

1-2.仮想通貨ファクトム(FCT)対応ウォレットの紹介

ファクトム(FCT)を保有するためにはウォレットと呼ばれるものが必要です。文字通り仮想通貨の財布で簡単に言うと仮想通貨の口座という事になります。ウォレットには大きく分けて2つあり取引所のウォレットを使うか、個人のウォレットを使うかという事になりますが、それぞれ特徴があります。

取引所のウォレットは手軽で仮想通貨を運用するためには便利性が高いといえますが、一方でクラッカーに狙われやすく、ハッキングされたり破綻する場合があります。その際には預けていた仮想通貨を取り出す事が出来なくなるリスクがあるという事です。

一方で個人のウォレットでは安全性は取引所のウォレットよりは高いものの、移し替える際に手数料がかかるという事です。個人のウォレットでも大きく分けて5種類に分類されており、特徴と共に下記に紹介しておきます。

【オンラインウォレット(webウォレット)】

特徴:オンラインで作成できるウォレットで実用性が高く、ハッキングから守る2段階認証の設定があります。ハッキングの恐れがあるので、多額の仮想通貨を預けておくには危険性があります。
メリット:操作性や実用性がとても高く、非常に便利で管理も楽にできる。
デメリット:ハッキングされる危険性が他のウォレットよりも若干高くなる。

【スマホアプリウォレット】

特徴:スマートフォンにアプリをインストールして保管するウォレットです。
メリット:取引所が閉鎖してても保有仮想通貨が保護されます。オンラインウォレットよりもセキュリティが高く、インターネットが無くてもウォレットを確認できる。

デメリット:スマートフォンがウイルス感染した際のリスク、またスマートフォンが破損したり紛失した際には修理等により一時使用できなくなったり、盗難の場合は危険性が高まります。

【デスクトップウォレット】

特徴:PCにソフトウェアをダウンロードしてローカル環境で使用します。
メリット:オンラインウォレットよりも安全性が高いです。また、取引所がつぶれたとしても保有している仮想通貨には影響がありません。

デメリット:ソフトウェアをダウンロードしたPCでしか使用できない。また意外とソフトの容量が大きいという点もデメリットとされています。

【ハードウェアウォレット】

特徴:仮想通貨を保管するため専用のUSBデバイスの事です。
メリット:取引所の閉鎖にも影響がありません。ネットワークから完全に遮断できるため、上記のウォレットの中では一番セキュリティが高く、秘密鍵から復元も出来ます。
デメリット:デバイスの購入が必要で意外と高額で販売されています。機械に詳しくない人からすると理解する事難しいと言われています。

【ペーパーウォレット】

特徴:仮想通貨の鍵を紙に印刷して保存する方法です。
メリット:ハードウェアウォレットと同じくネットワークに繋がっていない為セキュリティ面では非常に高いと言えます。
デメリット:紛失や盗難に遭った場合は復元する事が出来ないという点です。またその他にも保存状態によっては劣化してきて、文字が読めくなる等の可能性もあります。
上記の様にありますが色々と探してみた結果、ファクトム(FCT)専用公式ウォレット、ペーパーウォレット、ジャックス(Jaxx)のみ使用できる確認が出来ました。

2.ファクトム(FCT)のウォレットの使用方法

ファクトム(FCT)専用公式ウォレットは使いずらいと耳にしますので、今回はジャックス(Jaxx)の使用方法をご紹介致します。ジャックス(Jaxx)は50種類以上の仮想通貨にも対応していますので、色々な仮想通貨を使う人には管理がしやすいともいわれています。
使い方も非常に簡単に出来ており、現在ではAndroid,iPhone,iOS,Windows,Linux,chrome,Firefoxに対応しています。

①ダウンロード

下記のURL先に行くとダウンロード画面がありますので、デバイスを選択してダウンロードをします。
Jaxx(ジャックス)

②通貨の選択

使い方は簡単で、インストールしたら使いたい通貨の銘柄を選択して、ReceiveやSendをクリックするだけです。
他の端末だったり破損したりしても「RESTORE WALLET」からあらかじめ登録したバックアップフレーズから復元もできるので、安心できます。

3.ファクトム(FCT)の2018年予想

ファクトム(FCT)の将来性についてですが、2015年に登場したファクトム(FCT)は、これまで述べてきた特徴等が注目されるに比例して、資産価値が2015年10月リリース時から現在で約300倍にもなっています。
その事からビットコインから乗り換えたり新規参入を目論む投資家が急増しました。そして今後どのようになっていくのかという事ですが、ファクトム(FCT)は先にも述べたように不動産や医療分野にも注目されており、更にはマイクロ社を筆頭に提携をしています。
またファクトム(FCT)の分散型公証システムから高い安全性と公共性を兼ね備えた新時代の情報管理システムと呼ばれているため、今後も順調に伸びていくと考えられています。

4.まとめ

ここまでファクトム(FCT)について述べてきましたが、紹介した通りファクトム(FCT)は仮想通貨2.0として今後も期待される仮想通貨で、特徴を知って頂いたようにこれから伸びるわけも納得頂けると思います。

唯一言わせてもらうと、対応しているウォレットが少ないという事ですが、ハードウェアウォレットも間もなく発売されるという情報もあり、ウォレットも徐々に対応されていくと思います。逆に言えば面倒と思っている人がまだ参入してきていない今が狙い時ともいえると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*