現在期待が集っている仮想通貨ICOのタイムリーな情報をお届けします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン技術の普及により、現在世界中で新たな仮想通貨が次々と生まれています。この記事では、現在期待されているの仮想通貨のICO情報についてのお話をしていきます。

仮想通貨のICOに投資し、一攫千金を狙っている方は是非とも一読してください。

1. 2018年期待の仮想通貨ICOは?

2018年が始まり、早くも半年になりましたが、この年では既に多くの仮想通貨が生まれ、ICOが頻繁に行われてきました。そして今この瞬間でも様々な仮想通貨がICOを行っています。ここでは、現在行われているICOで特に期待の高い仮想通貨について紹介していきます。ICOは資金が集まり次第、すぐに締め切られてしまうので、早めに投資しておきましょう。

1. mine

世界第2位のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)イーサリアムとの連携を見せる期待と信頼の仮想通貨。仮想通貨mineはICOで調達した資金を使ってイーサリアムのマイニング事業を行っており、ICOの参加者にはイーサリアムのマイニング報酬の数%が貰えるという破格の特典がついています。つまりICO 参加者は寝ていても資産が増えていくのです。

また、仮想通貨mineは専用のデビットカードを使うことによって、普段の買い物でSuicaなどと同じように支払いをすることができるところも特徴です。もちろんデビットカードでの購入によるポイントもmineによってしっかりと入ってきます。言い換えれば、普段の生活で何気なく消費しているだけで、mineの保有量も増えていくということです。

仮想通貨mineのICOは4月19日から開始されており、8月ごろまで行われる予定です。しかし、資金が調達でき次第ICOが締め切られる可能性があるので、早めに投資しておいた方が良いでしょう。また、投資はイーサリアムによって行われます。

mine公式サイトはこちら

2. XELS

地球温暖化防止のための「エネルギー効率化」プロジェクトの資金調達として行われるICOです。ICOの目的が公的かつ明確なので、いわゆる「ICO詐欺」の心配がなく、安心して投資を行うことができます。

XELSの事業内容は既にほぼ実現可能な段階にまで達しており、この団体が開発した「elesol」という製品は、電磁波放電によるエネルギーロスを防ぎ、エネルギー効率を各段に上げる機器として期待を集めています。XELSのICOはこの製品の開発費を調達する為に行われます。

XELSが掲げるプロジェクトとその再現性の高さにより、XELSへの期待はほかの仮想通貨ICOよりもはるかに高いと言えるでしょう。

XELSの販売は6月1日からプレセールが始まり、7月31日まで行われる予定です。5回に分けて販売を行うことになっているので、開始のタイミングに注意しましょう。

【プレセール】2018年6月1日~
【1回目】2018年7月2日~7月8日
【2回目】2018年7月9日~7月15日
【3回目】2018年7月16日~7月22日
【4回目】2018年7月23日~7月30日

3. FTEC

FTECのICOは「仮想通貨取引の効率化」をプロジェクトにしており、他のICO評価サイトでも高評価を受けています。2017年のビットコインの大暴落を機に新規アルトコイン開発への機運がさらに高まりました。その中で、「仮想通貨取引の効率化」が投資家の間でより大きく叫ばれるようになり、その開発が日々進められています。

どの仮想通貨に投資するせよ、この問題は喫緊に解決すべき普遍的な問題なので、仮想通貨が社会に浸透すればするほど、このプロジェクトへの期待はさらに高まっていくでしょう。

FTECのICOの期間ですが、6月20日~7月18日となっております。しかし、あくまでも予定ですので、資金が集まり次第すぐに締め切られることが予想されます。開始日が6月20日(予定)と、余裕がありますので、それまで公式サイトを閲覧するなど、ICO開始直後すぐに投資ができるようにしっかりと準備をしておきましょう。

4. ANGELIUM

ANGELIUMとは、アダルトサイトのプラットフォームで使われるコインです。現在のアダルト業界は、海賊版や違法ポルノの蔓延、個人情報の流出やフィッシングサイトへの誘導など、様々な問題を抱えています。

このような問題を解決するために、ANGELIUMはアダルトサイトのプラットフォームを設置し、アダルト業界でのサービス提供者の適切な収入と利用者の安全なコンテンツ利用の実現を推し進めています。

ANGELIUMはその保有量に応じて、ANGELIUMが運営するアダルトサイトで受けられるサービスオプションが拡張していきます。100万枚貯めると現実世界でのデートも可能になるそうです。

スマホゲーム業界を想像してみれば分かると思いますが、ガチャおよびその他のオプションに利用する「宝石」の販売によって、ゲーム会社は毎月莫大な収益を得ています。そのことを考えると、ANGELIUMも市場公開後はかなりの確率で価格高騰が起こるのではないかと期待できます。

ANGELIUMのICOですが、3月30日から7月31日までを予定しています。ICOは調達額に応じて1~5期までに分かれており、速い段階でICOに参加すれば、ボーナス(第一期は購入額の100%すなわちトークン保有量が2倍になる)を得ることができます。

7月31日というのはあくまで予定であり、調達額が2000万ANL貯まった時点でICOは終了しますので、早めの購入をおすすめします。

5. Tebura

Teburaは非営利団体「手ぶら観光協会による」旅行者が「手ぶら」で旅行できる社会の実現を目指したプロジェクトです。

具体的な例を挙げると、駅などにあるコインロッカーの充実です。主要都市の駅には必ずと言ってよいほど荷物を預けられるコインロッカーが設置されています。このコインロッカーに荷物を預けることによって、旅行者は手ぶらで快適な旅行を楽しむことができます。しかし、コインロッカーの利用率は97%とかなり高く、旅行者が自由に利用できるだけのコインロッカーが確保できていないのが現状です。ここで、主要都市でのコインロッカーの充実、地方都市へのコインロッカーの普及を推し進めていけば、旅行者がより快適に日本での旅行を行うことができるでしょう。

「手ぶら観光協会」はこのように、外国人観光客から喜ばれる様々なサービス事業を展開しており、その資金調達の手段として仮想通貨Teburaの開発を行いました。

日本に関心を持つ外国人観光客がますます増えていく中、Teburaプロジェクトは世界中から期待を集めています。

日本の観光環境の整備という、直接的なサービス還元も得られることから、Teburaへの投資は、決して無駄にはならないでしょう。

ICOは3つのセール(エンジェルラウンドセール・プライベートホワイトセール・パブリックセール)に分けて行われており、現在はプライベートホワイトセールが開催されています。予定期間は曖昧であり、資金調達が済み次第終了と思われるので早めの購入をおすすめします。

2. 最近のICOの動きはどう?

近年のICOは、その仮想通貨の開発そのものの資金調達というよりは、何か大きなプロジェクトを掲げ、その実現のための資金調達として行われている傾向にあります。丁度それは、起業家が株を販売して株式会社を立ち上げるのと同じ手法です。仮想通貨はその価値を認めてもらえなければ、そもそも価値が付くことがなく、価値ががつかなければサービスも提供することができません。そのため、開発者たちは仮想通貨ICOが何か大きな社会貢献プロジェクトと結びつくのは必然と言えるでしょう。

3. ICOに参加する時のリスクは?

「ICOは9割が詐欺である。」

この前提は決して忘れてはいけません。仮想通貨のICOを募集しているサイトはどのサイトも魅力的なことが書かれています。しかし、専門家の視点で見ると欠陥だらけであり、明らかに情報弱者からの搾取を狙ったICOであることがほとんどです。

ICOに参加する際は、自分が情報弱者であるということを自覚し、その仮想通貨に関する専門家の見解にしっかりと目を通した上で投資を検討するようにしてください。

4. 仮想通貨ICOの今後の動きや傾向

仮想通貨のトークンは、株と同等の性質を帯びており、それに加え高騰と暴落を繰り返す激しい価格変動やトークン支払いによるサービスの享受など、株にはない性質も帯びています。

将来、起業やプロジェクトの主要な資金調達方法が株から仮想通貨に切り替わる未来がやってくるかもしれません。

そして、そのような未来が訪れた場合、仮想通貨の社会的需要はさらに高まり、それに従ってビットコインをはじめとする諸仮想通貨の価格が軒並み高騰することも期待できます。仮想通貨の可能性を信じている方は、今このタイミングでICOに参加することをおすすめします。

5. まとめ

仮想通貨がより広く社会に認知されるようになり、起業やプロジェクトの資金調達の手段としてICOがより頻繁に行われるようになりました。しかし、現状ではICOのほとんどが詐欺と言われ、それが仮想通貨の発展を妨げる要因となっています。「詐欺」とは言いましたが、それは故意によるものではなく、資金が集まらなかった結果である場合も多いです。私たちが積極的にICOに参加していれば詐欺にならなかったケースもかなりあったことでしょう。

私たちが仮想通貨の価値を理解し、積極的に投資に参加することによって、仮想通貨はさらなる価値を帯びていきます。そしてそれが更なる仮想通貨への理解へつながるのです。

この好循環を生み出すのは、私たちが新時代の未知の領域に勇気を持って一歩踏み出せるかどうかにかかっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*