藤沢涼のプロフィールを紹介!与沢翼との繋がりは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Lamirの代表取締役を務め、フリーエージェントとしてインターネットビジネス業界で今もなお活躍している藤沢涼さん。

今回は彼のプロフィール紹介、更に藤沢涼さんが関係しているビジネスの紹介や、与沢翼さんとの関係性、繋がりについて追及していきます。

藤沢涼のプロフィール

藤沢涼さんは株式会社Lamirの代表取締役、フリーエージェントとして主にインターネットビジネス業界を中心に活動をおこなっています。

鹿児島県に1979年に誕生した藤沢涼さんは現在30代後半、元々はインターネットビジネス業界ではなく大手広告代理店である電通で勤務していたことでも有名です。

アーティストを志していた藤沢涼さんは大手広告代理店である電通に入社した後も音楽活動を続け、自分を表現すること、また歌にメッセージを載せることで多くの方に夢を与えること、心を揺さぶられるような音楽を届けることを夢に音楽活動を続けていました。

これは周囲の為でもありますが、自己実現するための手段としても音楽の道を歩んでいたようです。

現在はフリーエージェントとして自由な生活を手にするとともに、それを実現したことで多くの人に夢を与える藤沢涼さん。

エンターテインメント性を持っている音楽業界ですが、インターネットビジネスという業界で自由に自分のメッセージを伝え、多くの人に夢を与えるという夢を達成した藤沢涼さん。

形が違うだけでインターネットビジネス業界もエンターテイメント性を持つ一つの業界なのかもしれませんね。

電通勤務時代に結婚していた藤沢涼さんですが、奥様曰く大手企業だからこそ、その企業の中の一つの歯車にしか過ぎない自分に葛藤を覚え、苦悩の日々を送っていたそうです。

エンターテイメント性溢れる藤沢涼さんだからこそ、自分を表現できない、メッセージを伝えることもできない、周囲から見れば大手企業に勤めるただの社員という状態に耐えられなかったのかもしれません。

そんな日々を過ごしていた中、不運にも電通時代に難治性の病気を発症してしまい、仕事を休職せざるを得ない状況を藤沢涼さんを襲います。

しかし、休職中にインターネットビジネスに出会ったことで、今現在インターネットビジネス業界で活躍している藤沢涼さんの第一歩となります。

周囲から見れば大手企業に勤めていたのに・・・と不憫に思う方もいるかもしれませんが、現在の藤沢涼さんを見るとこのことが転機になり、結果良い方向に転がるという形になりました。

インターネットビジネス業界に参入してからは、アフィリエイトやプロダクトローンチなどのビジネスを経験してきた藤沢涼さん。

そんな最中、過去に勤務していた電通で東大卒新入社員が過労自殺したことが藤沢涼さんの耳に入ります。元電通社員として「電通の深層」「週刊エコノミスト」などの書籍を通じて、この事件に対してメッセージを伝えています。

藤沢涼さんはインターネットビジネス業界に参入後、わずか3ヵ月で月収300万円を達成、電通時代の収入が80万円程だったそうなので、この時点で既に3.5倍以上の収入を得ることに成功しています。

電通の月収もかなりの高水準ですが、それを凌駕する月収をわずか3ヵ月で達成するのは驚きですよね。

これらの実績から2014年のインフォトップアワードではルーキー賞を受賞しています。また、社長ブログではエキスパートメールを開発した七星明さんや、1億円ブロガーとして有名な川島和正さん、秒速で1億円稼ぐ男としてメディアにも多く登場している与沢翼さんなどのインターネットビジネス業界での実力者を差し置いてランキング1位になるという快挙を達成しています。

現在はフリーエージェントとして家族との時間を大切にしながらも、今話題になっているFXや仮想通貨に関する情報の発信もおこなっており、インターネットビジネス業界で活躍し続けていることがわかっています。

その他にも定期的に「Ryo’s Party」と呼ばれる講義もおこなっています。

Ryo’s Partyはこちら

藤沢涼が関係するビジネスについて

2013年頃、秒速で1億円稼ぐ男・与沢翼さんを筆頭にネオヒルズ族と呼ばれている方々がいたことをご存知でしょうか。

藤沢涼さんを含め、このネオヒルズ族の方々は皆それぞれ繋がりを持っています。藤沢涼さんもネオヒルズ族のメンバーの方々との交流があり、過去には他の方が主宰のプロジェクトに登場する場面もありました。

インターネットビジネス業界で当時筆頭として業界を引っ張っていたネオヒルズ族ですから、インターネットビジネス業界での様々な場面で藤沢涼さんが関係している部分もあるようです。

藤沢涼は同じくインターネットビジネス業界で活躍する蝶乃舞さんと与沢翼さんと共に特別対談をおこなった他、蝶乃舞さんと共同でMLMに関するプロジェクトを発足しています。

MLMとはマルチレベルマーケティングのことを指し、国内ではマルチ商法と呼ばれ、法律で禁止されているねずみ講と同じように扱われることも多いですが実際は違法性のないれっきとしたインターネットビジネスになっています。

ネオヒルズ族の解散によって現在中心となっているインターネットビジネスに藤沢涼さんが関与しているかどうかは定かではありませんが、当時稼げるといわれていたアフィリエイトやプロダクトローンチの他にも、現在話題になっている仮想通貨に関連する情報も取り扱っているようなので、現在インターネットビジネス業界の最前線で活躍している実力者との関係ももしかするとあるのかもしれませんね。

藤沢涼は与沢翼との繋がりがある?

ネオヒルズ族のメンバーとしてインターネットビジネス業界で活躍していたということは、藤沢涼さんは与沢翼さんと繋がりがあるのでは?と思う方も少なくないのではないでしょうか。

たしかに与沢翼さんとの繋がりはあるのですが、周囲とはまた違う関係性を持っているようです。それは、藤沢涼さんが与沢翼さんの一番弟子であるということです。

実は、元々インターネットビジネス業界に参入したキッカケが、休職中に与沢翼さんと出会ったことで、これが転機となって藤沢涼さんはフリーエージェントとしての道を歩み始めています。

与沢翼さんが代表取締役を務める株式会社フリーエージェントスタイルホールディングスでは取締役を務めていた時期もあり、藤沢涼さんは言わば与沢翼さんの右腕とも言える存在だったことがわかります。

現在の藤沢涼さんと与沢翼さんの関係性は明らかになっていませんが、どちらも現在もインターネットビジネス業界で最前線で活躍しているので、今でも顔を合わせる機会は多いのかもしれませんね。

まとめ

今回は株式会社Lamirの代表取締役、そしてフリーエージェントとして多くのフリーエージェントを輩出することに成功した藤沢涼さんのプロフィールを詳しく紹介しました。

彼のインターネットビジネス業界での活躍は目を見張るものがありますね。また、今でこそ成功を収めている藤沢涼さんですが電通時代には病気や苦悩を抱えていたことも明らかになりました。

また、インターネットビジネス業界での藤沢涼さんは、与沢翼さんの右腕として活躍するだけでなく、多くの実力者の方々を通じてあらゆるビジネスに関わっていたことがわかりましたね。

ネオヒルズ族のメンバーの方々の中には現在も前線で活躍されている方もいるので、その中で多くのビジネスに関わり、与沢翼さんの一番弟子として活躍していたことから藤沢涼さんの実力が窺えます。現在もフリーエージェントとして家族との時間を大切にしながらビジネスの幅を広げている藤沢涼さん。今後の彼の活躍にも期待です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*