原田正文とは一体どのような人間なのか。その評判を探る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21世紀に入りIT技術の発展によって、若手の起業家がぐんとビジネスを展開しやすくなりました。特に2010年代に入ってから若手起業家の進出は目覚ましいものがあり、例を挙げるであればコインチェック社の和田社長も、若干27歳で数百億円規模の会社を作り上げた人物として知られています。

そんな若手実業家の一人として有名なのが今回取り上げる原田正文です。原田正文はSNSの運営やインターネットコンテンツの制作会社である、グリーの社員であり、そしてわずか数年で独立をして現在は自分で立ち上げたエムマーケティングという会社の社長を務めています。

その原田正文とは一体どのような人物なのかをここでは探ってみましょう。

原田正文とは?

簡単な原田正文の経歴を振り返ってみたいと思います。原田正文は1986年生まれであり、熊本大学を2010年に卒業しました。

実家も熊本であるため、20代途中までずっと熊本県で過ごしていたということになります。大学の卒業後はIT関係の制作会社に就職をしましたが、その会社とは空気がわずか1年ほどで退職。2011年には携帯電話やスマートフォンのコンテンツ制作会社、そしてSNSを展開していることで非常に有名なグリーに就職をしました。

グリーではそれまでの経験を活かしてコンテンツ制作担当者として大きな役割を果たすことになり、原田正文が現在展開するビジネスの基礎をグリーの中で培っていったとも言えます。

グリーで頭角を現した原田正文は何と就職してから1年ほどで50億円規模のプロジェクトを任されるほどの地位に上り詰めたということです。

まさに会社と人物が非常に良いマッチングを見せた例であり、逆にいえばどんな才能がある人物でも、運よく自分の才能にマッチする会社に出会えなければ、頭角を現せないこともあるということを如実に表しているのでしょう。

そして2013年に原田正文は自分の会社を立ち上げて独立をします。

グリーにいたのはたった2年弱という非常に短い間でしたが、才能のある人物にとってはこれほどの時間があれば十分に経歴を作ることができ、また自身も事業を展開していく上での自信につけることができたのでしょう。

そしてその後は自分の手掛けるビジネスとして、インターネット関係の販売業、その他にもエンジェル投資やコンテンツ制作業、Webマーケティングなど今の世の中で非常に重要の大きな仕事を数多く手がけるようになっています。

2018年現在も原田正文はエムマーケティングを中心に活躍をし続けており、また新たなビジネスを展開し始めていくのではないかと、ネット業界で常に注目を集める存在になっています。

原田正文の塾は存在する?

原田正文のエムマーケティングの会社サイトを見れば毎日のように同社の社内ブログとして、原田正文がブログを更新しているのがわかります。

エムマーケティング

原田正文は自らを「価値の伝道者」と自称しており、世の中にない新しい価値を生み出し、それを多くの人に伝えているということを目的に現在活動をしているのです。

そのため原田正文のエムマーケティングでは、インターネットで新しいビジネスを始めたい人のためのセミナーなども積極的に開催しています。

そのセミナーでどんなことが学べるのかと言うと、まず基本的な部分としてはインターネットショップなどの、インターネットを介して物を販売。そこに集客をして売上を伸ばしていくというテクニックになります。

インターネットはリアルショップとはまた違ったノウハウが必要になります。楽な部分もありますが、大変な部分もあります。

例えばリアルショップの場合は店舗の維持費や人件費が大変にかかりますが、それでも一度お店を開けば周辺に店がなければ売り上げを独り占めできますし、競合の店があったとしても、店の周辺のある程度の部分は自分の店の商売圏として売上を確保することができます。

しかしネットショップの場合、店を開くための初期費用や店舗の維持費はそれほどかからないですが、ある意味では全世界がライバルであり、誰でもどこでも同じショップを使って物を買うことができるのです。

それだけに他の店との商売圏というものがないため、差別化に対して気を使い、お店の展開をしなければいけません。そういったネットショップならではのノウハウを学ぶことが可能です。

また彼が非常にセミナーを行う上で重要視しているのがメンターと言われる人間の存在です。メンターというのは色々な人間に対して気づきを与えられる人間のことを指します。メンタルに影響を与えるからメンターというのです。

原田正文がそうであったように、人間である人間次第によって大きく人生の可能性が変わることもあります。ふとしたきっかけで自分の人生が大きく展開できることもあるので、そういった気づきを与えるためのメンタルの指導に重きを置いたセミナーも原田正文のエムマーケティングでは開催をしています。

原田正文の評判は?

そんな原田正文の評判ですが、ネット上にはどうしても良い評判の悪い評判が広がりがちです。しかしそれでの評判を見てみるとわかるのですが、良い評判ほど具体的かつスッキリとまとめてあるものが多く、悪い評判は長くつらつらと書いているのですが、その内容自体は実は色々なセミナーに対して言えることであり、本当はこの人は受けていないのではないかと思わせるような内容になっています。

成功した人は、当然自分がなぜそのセミナーによって良い影響を受けたのかをわかっていますし、長い言葉を並べなくてもすっきりと自分が気づいた点、気付かされた点を端的にまとめることができます。

しかし悪い評判を広げようとする人間は、実際にそのセミナーを受けていないので何かしら色々な言葉を並べて適当に原田正文に対する悪評につながるだろうと、具体性もなくただ悪い評判を書き連ねるだけになってしまうのです。

良い評判と悪い評判のそれぞれどちらが正しいのかを見抜いて行くときは、具体性のある部分とすっきりと端的に書かれているものが正しい評判と考えた方が良いでしょう。その意味では原田正文の評判は比較的良いものが多く見受けられます。彼のメンタルテクニックをしっかりと感じとって、人生に対する気づきを与えてくれたと理解している人が多いようです。

まとめ

原田正文がこれほどメンターにこだわっているのは、彼が会社を開いてから実際にメンターの影響で大きくビジネスを展開させることに成功したからです。

今の世の中、若い人間でも人脈を持っている年配の人間と同様に、自分のアイデアと行動力次第で一気に大きなビジネスを展開することができます。

20代の実業家は珍しくありませんし、若ければ若い人間ほど新しいアイデアをひらめいたり、技術を吸収したり、好奇心旺盛に取り組むことができます。また20代であればまだまだ人生やり直しがきく年齢であり、リスクを恐れる必要もありません。

それだけに原田正文のセミナーを聴きながら自分の人生に対する気づきを得て、くすぶっている今の気持ちから新しく明るく開けた世界へ飛び出すことも可能になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*