フランチャイズで探偵事務所を独立開業する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人の悩みを解決するという探偵の職業では、離婚や盗聴の相談依頼もありますが、今問題になっているストーカーでの依頼も多くなっています。

やってみたいが探偵の仕事を始めるには抵抗があるという人も多いです。

そこでフランチャイズで探偵事務所を開業する方法に注目が集まっています。

1. フランチャイズで探偵事務所を独立開業する方法

「フランチャイズで探偵事務所を!」と考える方に独立開業する方法をご紹介します。

まずは、知名度のある大手の探偵事務所を訪れ、フランチャイズ加盟を希望するというお願いをします。説明に納得した上で契約を交わします。(加盟料は250万円ほど)大手探偵事務所の商標などの使用については使用許諾料を支払うことになります。

探偵としての研修を受けます。(他探偵事務所での経験があれば簡単な研修になる)その研修費用は30万円ほどになります。販促チラシなどの諸費用が30万円ほどで、ロイヤルティは一般的には売り上げの5%が標準だと言われています。フランチャイズで探偵を行うにあたっては、それなりの自己資金が必要になることがおわかりいただけるでしょう。

2. フランチャイズで探偵業を始めるメリット

フランチャイズで探偵として独立するメリットはたくさんあります。探偵への依頼は、昔以上に多く、特にストーカー被害を受けながらも、警察が思うように動いてくれないという場合には「探偵」にお願いをして調べてもらうという方が多いのです。ただ、自分で独立するとなると、何の看板もない中で「○○探偵事務所」という名前を掲げても誰も尋ねては来てくれないでしょう。

フランチャイズで探偵をするメリットは、知名度のある探偵事務所の商標を使うことができるということです。また、「探偵業」というものの指導を受け研修を積み、探偵業の知識やスキルを学ぶことができることです。依頼を受けての見積り作成や調査レポートの書き方などもきちんと学べ、さらには、自宅を事務所にできるとともに一人で開業できる(元手と人手が少なくて済む)ということです。探偵という仕事には、「人助け」という魅力があります。これからの時代においても求められる仕事で、人によってはかけがえのない仕事とも言えるでしょう。

3. フランチャイズで探偵業を始めるデメリット

いくらフランチャイズで知名度のある探偵事務所の名前を掲げたとしても、依頼者が来なければ収入になりません。収入はなくとも、初期費用やロイヤルティーが発生しますので本部に支払わなければなりません。広告についても本部が作成したものを買い取って配るという形になります。

このようなフランチャイズのデメリットに負けてしまい、集客が思うようにできずに廃業したり休業したりすることに追い込まれてしまう探偵事務所もあります。「人がいればトラブルはある」と言われますが、そこで一歩進んで探偵に依頼するようにするためには、広告をはじめとして実績を作って人気を得なければなりません。

4. 探偵業は儲かる?気になる将来性とは?

「探偵業」については、平成18年に探偵業法が成立して、ある程度の開業資格や遵守義務などが織り込まれました。この法律が制定されたのは、探偵業においてそれまでは規制がなく、違法な調査や金銭トラブルが起こっていたからです。もちろん、今もなお個人の探偵事務所などではトラブルや犯罪行為が起こっているようです。

このような中で、探偵を目指すためには、やはりフランチャイズで探偵業をすることが無難でしょう。ただ、飲食店などを行うのとは違い、特殊な知識やスキルが求められますので、始めるにあたっては能力をつけている方がいいでしょう。ですから、知名度のある探偵事務所のスタッフとして修行を積んでからフランチャイズで独立をすることを考える方法がベターでしょう。

探偵業の将来性については、上述のストーカー被害の増加とともに、外国人とのトラブルの調査の依頼も増えているようです。国際化している現在、法律的なトラブルや事件などが多発しています。言葉の壁があるからこそ、お互いが通じ合えない中でトラブルが発生するのです。そういった依頼もきっと増えてくるでしょう。

さらには、IT化の中で、個人情報漏洩トラブルも多くなっています。インターネット上の情報に関して、調査を請け負うような場合も出てきています。これを「サイバー上の探偵」という呼び方をしている仕事もあるのです。新時代に起こるトラブルや犯罪に対して、探偵業の出番は今後もますます増えてくると予想されます。

5. 探偵のフランチャイズを募集している企業・会社一覧

・アーチネクスト

アーチネクストは、探偵業界でも有名で、そのモットーは「他社を凌駕する調査力」です。調査力については、会社によってかなりの差が出てきます。というのも、悪質な探偵業者の場合には、適当な調査しか行わず多額の成功金を依頼者に請求するといいます。アーチネクストの経験と実績については保証できます。他社で成功しなかった事例についても証拠を押さえるという実績が多いのを見てもわかります。

また、アーチネクストでは、加盟店になったオーナーの声を聞いてくれます。(一般的なフランチャイズの場合には、本部の方針に従うことが多い)意見を聞いて改善を重ねていってくれるという自由性にも魅力があります。このような方法でも本部もフランチャイズもしっかりと収入を得ているのです。

このような方法で進めるアーチネクスト本部は、研修をはじめとする強力なサポートも魅力の一つです。尾行術をはじめとして撮影術やトラブルの対処法などの研修も受け、継続的なサポートもあるので安心して任せることもできます。これらは、フランチャイズでの探偵業を始めるときに頼もしい味方になってくれます。

・ガルエージェンシー

充実のサポート体制を売りにしている探偵業のフランチャイズ本部「ガルエージェンシー」です。ネットワークでは国内最高と言われ、本部を中心にしたフランチャイズグループとしての強みと言われます。このネットワークは、依頼者が探偵社を選択する時の目安にもなりますから大変重要だと言えます。

経験と実績についても、経営のノウハウがきちんと確立されていることは、フランチャイズ加盟を目指す方にとっては「大きな安心」となっているのです。探偵業のノウハウを学ぶことは簡単なことではありません。年月を要する場合が多いです。しかし、ガルエージェンシーへの加盟で、加盟者が「時間とノウハウを買う」という感じで、一日も早く一人前の探偵になることができるように導いてくれるのです。

・シークレットジャパン

ローリスクハイリターン余裕のある開業を支援してくれるシークレットジャパンです。また、国内最大級のネットワークで安心してビジネスを始められるというのも、フランチャイズビジネスでの探偵事務所の独立開業には有利だと言えます。

・アーガスリサーチ

不倫、浮気の調査専門のアーガスリサーチですから、最近では依頼者の多く、フランチャイズで探偵業を行うにあたって、集客という点では大いに期待できます。

フランチャイズ探偵業.まとめ

小説やテレビドラマの中では難解な問題を解決する探偵ですが、日常生活の中では、依頼する方が少し躊躇してしまう探偵です。しかし、今の時代、多くの人が頼りにしているのも確かです。フランチャイズで探偵事務所を独立開業することは、フランチャイズビジネスとして「チャンス」でもあると言えます。

「人のために役に立ちたい!」「人生における難問を解決してみたい!」という方は、ご紹介しましたような知名度のある安心できる探偵事務所を選択して、独立を助けてもらうといいでしょう。フランチャイズで探偵事務所を独立開業することは、これからの時代だからこそ魅力ある職業なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*