フランチャイズとのれん分けの違いとは?新制度の登場も詳しく紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランチャイズとのれん分けという二つのビジネスがあります。二つのビジネスにはどんな違いがあるのでしょうか。

また、のれんチャイズという新ビジネス制度についても登場しています。それぞれの違いや特徴についてご紹介します。

1. フランチャイズとのれん分けの違い

フランチャイズとのれん分け・・・似ているようでその違いははっきりとしています。フランチャイズビジネスを始めるか、のれん分けビジネスにするか迷っておられる方もいると思います。

1-1. フランチャイズとは

「フランチャイズ」については、日本フランチャイズチェーン協会が定義しています。その定義について要約しますと次のようになります。「フランチャイズは、事業者である本部(フランチャイザーと呼ぶ)と加盟者(フランチャイジー)の間で契約を結ぶ。契約が成立すれば、加盟者は、その会社や事業所、お店などの商標やネームそのもの、サービス全般、経営のノウハウに至るまでを使うことができるようになる。その見返りとして、本部に対して一定の対価(ロイヤリティという)を支払うということ」です。

このような関係を結ぶことによって、それぞれが収入を得るというビジネスがフランチャイズビジネスなのです。本部と加盟者は、それぞれが独立した事業体と捉えることができ、契約に基づいて共同で事業を行うことです。さて、ここまでご紹介しました内容をみましても、そんなに大きな違いはないということがわかります。

1-2. のれん分けとは

わが国でも古くからある「のれん」・・・飲食店では今も当たり前のように開店と同時にお店の前に吊り下げられています。そこに書かれている文字等を見ますと、お店の名前だけではなく、家紋や屋号が書かれています。そのお店がどんなお店でどんな特徴があるかを表していますね。「のれん分け」とは、そのお店で長年貢献して主人が認めた家人や奉公人に対してお店を譲るということです。

その目的は、「そういう家人や奉公人にお店を譲るが、そのお店ののれん(伝統や格式)をしっかりと守ってくれるように」ということなのです。このことは、今も受け継がれていて、ビジネスの世界でも、家族や優秀なスタッフなどにお店を譲るという意味で使われています。飲食店や美容院などで、よく「のれん分け」が行われています。

1-3. のれん分けとフランチャイズの違い

あえて、違いを見つけますと「加盟者が第三者であるか、家族、友人、スタッフであるか」というところでしょう。フランチャイズは、加盟者は第三者でよいということです。しかし、その分きちんとした契約を結び、研修等もしっかりと行うことになります。一方のれん分けでは、家族や知人への引継ぎですから、ある程度の信頼関係の下、研修という改まったものも必要なく譲ることができるということになります。

1-4. フランチャイズとのれん分けの違い一覧表

【事業目的について】

・フランチャイズ
すべてがパッケージ化されている。経営、営業のノウハウ、商品やサービスの販売拡大などを取引きの対象にして事業を拡大する

・のれん分け
長年勤務して経験や実績を積んだスタッフに「のれん」の使用を認めて独立するのを助ける。本部の事業拡大を意図していない。本部とスタッフが契約関係で結ばれていない。

【商標やブランドについて】

・フランチャイズ
事業全体をブランド化する。経営、営業のノウハウ、商品やサービスがブランド化している。

・のれん分け
「のれん」の継承が主である。

【本部と加盟者、スタッフとの関係】

・フランチャイズ
事業の仕組みやノウハウを提供する。その対価として加盟金などを受け取る。また、商標やブランド、サービスについて使用できる。その対価としてロイヤルティーを支払う。

・のれん分け
主家は分家と商取引することで収益を増やすものではない。だが主家が問屋で分家が小売店のケースもあり、この場合は主家に取引マージンが入ったと思われる

【競争優位の戦略】

・フランチャイズ
競合チェーンと差別化する

・のれん分け
「個の会社(お店)」として競争する

【契約関係の解約】

・フランチャイズ
中途解約は、一定の条件があり難しい

・のれん分け
契約関係では結ばれていない。

2. フランチャイズのメリット・デメリット

・メリット

フランチャイズのメリットは、知名度の高い会社や店舗の経営方針の下、商標やイメージ、サービスの方法などを使うことができるということです。ですから全くの初心者であったとしても、本部の指導の下、独立した事業社として事業を展開することができます。その会社等の過去の経験や実績に基づいて事業を展開することができますので、比較的成功することが多いと言えます。

「物」については、本部が大量に仕入れてくれますので、材料等を安価で購入できることになります。新商品開発や販売促進についても援助を受けることができます。また、「人」についても経営指導はもちろんのこと、スタッフの採用や教育に至るまで本部がしっかりと支援してくれます。

・デメリット

本部の方針に従うこと・・・これはフランチャイズでの加盟者の制限だといえます。本部から示される契約書等のルールによって、チェーン店の統一性が図られ、独自の営業(加盟者が自由にアイデアを発揮するなど)はかなりの制限があります。「こうすればもっと集客できるのに・・・」「この商品はもう売れないから・・・」などという思いを加盟者がもったとしても本部の経営方針には従わなければなりません。さらには、営業日や営業時間の厳守、また営業権の無断譲渡もできません。他には秘密保持義務や契約期間の途中終了にも一定の条件があります。

3. のれん分けのメリット・デメリット

・メリット

優秀な社員が、独立したいがフランチャイズビジネスには足を踏み入れる自信がないという方もいます。このような人にとっては、のれん分けは、主人の支援を受けながら独立できるという大きなメリットがあります。

フランチャイズの場合には、ビジネスに関して初心者の方であっても、ある程度の条件をクリアすればビジネスを始めることになります。のれん分けの場合には、主人が優秀だと認めた人材にのれん分けを行うことによって、高レベルな状態でフランチャイズが展開できることになります。その会社や店舗のブランドの維持、発展が大いに期待できるのです。

・デメリット

「のれん分け」では、個の会社としての独立ということですが、のれんに傷をつける行為や経営方針の逸脱などで分裂してしまう場合があります。のれん分け制度を運用し始めても、「のれんに傷を付ける」行為や「経営方針の違い」などの問題で、のれん分け後に喧嘩別れの「分裂」をしてしまうケースも珍しくありません。また、のれん分け制度を社内のフランチャイズという形で行う場合には、契約書が必要になります。

4. フランチャイズとのれん分けの融合!新しい「のれんチャイズ」とは?

フランチャイズ制度とのれん分けにはメリットとデメリットがあることがおわかりいただけたと思いますが、このデメリットの部分を補うということを目的にして、「のれんチャイズ」という制度を導入する会社や店舗が増えています。この制度は、初期の段階では助けてくれますが、オープン後には自由にできるという二つの制度のメリットだけを取り入れるシステムになっています。こののれんチャイズ制度は加盟者の利益を保証しながら独自性を認めるという制度で、加盟を希望する人が増えています。

5. フランチャイズでものれん分けでもない「のれんチャイズ」を提供する企業・会社

・「大阪王将」ののれんチャイズ

「大阪王将」ののれんチャイズでは「ロイヤリティーの支払い不要!」ということを掲げています。のれんチャイズという形でロイヤルティーを取らず、代わりに1%の商標使用量を支払うというものになっています。「大阪王将」では、さらにメニュー開発や販売が自由にできる余地があるというのも魅力になっています。自由とはいいながらも本部の指導や研修が充実していることも見逃せません。

フランチャイズとのれん分け.まとめ

「フランチャイズ」「のれん分け」「のれんチャイズ」と、これから独立を考えている方にとっては選択の幅があるということになります。会社や店舗を選択する際に、その経営方針や事業の仕組みをしっかりと確認して決めていくことが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*