今が狙い目?!フランチャイズ農業の始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在会社で勤めている人が、独立をして起業をしたいと考えた場合、フランチャイズは手っ取り早く脱サラをできる方法となっています。

フランチャイズといっても、コンビニ経営や飲食店経営など業種は多岐にわたります。中でも、農業のフランチャイズが注目されており、今が狙い目のビジネスとも言われているのです。

今回は、フランチャイズ農業をどのように始めたら良いのか?またメリットやデメリットなどをまとめてみたので、フランチャイズ農業を検討している方は是非参考にしてみてくださいね。

1. フランチャイズ農業とは?

実際には、農業のフランチャイズ化というのはまだ行われおらず、将来的にフランチャイズビジネスの仕組みを取り入れて多くの人に農業で独立をしてもらいたいといった働きをしている団体があるくらいです。

しかし、全くの未経験者で農業を始めて独立できる仕組みはある程度整っているため、そういった仕組みをフランチャイズ農業といってもおかしくはありません。

seak株式会社では、すでにフランチャイズ農業を進めており、農業ビジネスを始めるために必要なものをパッケージ化して独立を希望している人を応援している動きを見せています。

seak株式会社のHPはこちら

では、seak株式会社が提供しているフランチャイズのパッケージには、どういったものが盛り込まれているのでしょうか?フランチャイズ農業におけるメリットやデメリットを見ていきましょう。

2. フランチャイズ農業のメリット

フランチャイズで農業を始めるのには様々なメリットがあります。

むしろ、何もない状態から始める農業ほど危険なものはありません。ここでは、フランチャイズ農業のメリットをご紹介していきます。

2-1. 農地の確保

農業を始めるにあたって、農地の確保は優先事項です。しかし、優先的に農地を確保するには自治体からの認定を受けなくてはいけません。

農地確保の為の認定を受けるためには、やることが非常に多く、農業初心者の方からすれば途方のない時間と労力を要することになってしまうのです。

しかし、フランチャイズ農業を始めることで、すぐに使える農地を確保してもらえますし、認定を貰うまでの過程を全て飛ばして農業ビジネスを始めることが可能となっています。

2-2. 栽培技術や資材も提供してもらえる

農業も、飲食店などと同じで商品を作り出すスキルが必要であり、そういった技術や資材がなければ、質の高い農業ビジネスを展開することはできません。

しかし、フランチャイズ農業であれば、そういったことを0から学ぶのではなく、完璧に出来上がった状態の技術を学ぶことができてしまいます。

こういった技術を学べることによって、いざ農業を始めたとしても常にレベルの高い栽培を行うことができるので、確かな商品ができあがるということです。

2-3. 販売先が確約されている

一般的に農業を0から始めるとなると、いくら良い商品が出来上がったとしても、それを販売する経路が確約されているないので苦労をすることでしょう。

しかし、フランチャイズ農業であれば、すでにブランド化された商品を栽培しているので、販売経路が確約されているのです。

ですので、考えることはとにかく質の高い栽培をして良い商品を生み出すだけです。それだけで、ある程度の収益は見込めるので、心から商品の栽培に力を入れることができるのです。

2-4. 初期投資調達のサポート

農業を本格的にビジネスとしてスタートしていく場合には、最低でも初期費用が1000万円ほど掛かるといったことを認識しておくと良いでしょう。

一般的に脱サラを考えている人からしても、これだけの初期費用を集めるのには苦労をするはずです。その為の貯金があれば良いですが、ほとんどの場合は資金の調達が必要になってくるはずです。

しかし、ある程度の実績もない人が、1000万円という資金を調達できるほど甘くはありません。フランチャイズ農業であれば、こういった資金の斡旋もしてくれるので、資金調達の心配はありません。

3. フランチャイズ農業のデメリット

多くのメリットがあるフランチャイズ農業ですが、もちろん良い部分だけではありません。フランチャイズ農業にはどういったデメリットがあるのかをご説明していきます。

3-1. 天災からの被害

これは農業をフランチャイズ化するといった問題ではなく、農業全体におけるデメリットとも言えるかもしれません。それは、天災による被害です。

日本という国は、説明するまでもなく自然災害の多い国としても世界的に有名です。毎日のように全国各地で自然災害のニュースが流れていますね。

こういった自然災害というのは、農業にとって悪影響しか与えず、特に台風被害で多くの農家が大打撃を受けているのをご存じの方も多いのではないでしょうか。

天災からの被害が多いというのが、農業ビジネスにおけるデメリットであり、避けることができない大きな問題とも言えるでしょう。

タイミングにおけるものも多く、農業ビジネスを始めた年に自然災害が起こり、ビジネスが上手くいかずに失敗してしまったという人もいるでしょう。

逆に、始めた年には大きな自然災害もなく順調に商品を栽培できたといった方もいるはずです。自然災害はいつ起こるか誰にも想像はできません。

このような想像もできないことによって、順調に進んでいたビジネスがいきなり0になってしまうといった可能性を秘めているという点がフランチャイズ農業の大きなデメリットと言えるのではないでしょうか。

4. フランチャイズ農業の始め方

フランチャイズ農業を今後検討するのであれば

下記のリンクからseak株式会社の公式サイト見てみると良いでしょう。

seak株式会社のフランチャイズモデル

今のところ、農業のフランチャイズ化を行っているのは、この会社だけであり聞きたいことも問い合わせから聞くことができるので、本気で考えている方は是非このページにアクセスしてみてください。

他にも、0から農業を始める政策が行われていますが、手っ取り早く農業ビジネスを展開していくのであればseak株式会社とコンタクトを取って始めていくのが効率が良いと感じます。

今がチャンス?!フランチャイズ農業の始め方まとめ

今の時代、農業を始めたいと考える人が非常に多く、2010以降本格的に農業ビジネスに参入している人がどんどん増えているといったデータがあります。

農業をして独立をしたいといった人をサポートする制度が充実しているといったことも考えられますが、それ以上に農業というビジネスに魅力を感じている人が多いといった証拠なのでしょう。

まだまだフランチャイズ農業というのは、多くに浸透してはいませんが、これからどんどんと参加人数が増えて、コンビニフランチャイズにも負けず劣らずの規模になっていくのではないでしょうか。

農業というビジネスは非常に魅力的なものであり、多くの若者も農業に魅了されて、独立起業を目指している側面もあります。

今回紹介したフランチャイズ農業がもっと浸透して、仕組みが明確になっていくことで、多くの人が農業ビジネスに挑戦していく土壌ができていくのでしょう。

今後も拡大していきそうなフランチャイズ農業に注目が集まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*