フランチャイズ加盟は危険?!ワークマンの評判は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作業服専門店のイメージがとても強い人気店「ワークマン」。

ワークマンは年々店舗も増えており、フランチャイズなどの事業展開も熱心に行っています。そんなワークマンのフランチャイズ加盟は実際は危険なのか、解説していきます。

1. フランチャイズ加盟店を募集するワークマンの基本情報

1980年に群馬県伊勢崎市に1号店をオープンし、その後株式化を行い1982年に「株式会社ワークマン」を設立しました。その後は流通センターを同じ群馬県に開設し、埼玉・栃木・茨城などに次々と店舗を開設していきました。

2018年現在では、800店舗の展開を達成しており、作業服関係では圧倒的売り上げを誇る名店として、多くの人に愛されています。

ワークマンの収入源の約9割はフランチャイズ店舗が売り上げていて、1店舗で億近い金額を年間売り上げています。そのため、フランチャイズ加盟を考えている人も候補に上がるほど有名なのです。

2. ワークマンのフランチャイズ加盟に関する評判・口コミ

実際にワークマンのフランチャイズ加盟を考えているのであれば、評判や口コミは気になるところです。

結論から先に申しますと、ワークマンのフランチャイズ加盟に対しての評判は、他業種のフランチャイズ加盟に比べると比較的評判は良い方です。ではどんな評判や口コミがあるのかチェックしていきましょう。

・関東地域で無くてもフランチャイズ加盟できる
・収入が良い
・本部が回収するパーセンテージがそこまで悪くない
・バックアップがしっかりしていて、安心して出来る
・本部がほとんど行ってくれるので、考えることが少ない。

など簡単に纏めても評判は良いです。

まず最初の関東地域で無くてもフランチャイズ加盟ができることですが、
上は北海道から下は福岡までと関東を中心に日本のほとんどの場所でフランチャイズ展開をしているため、関東地域で無くても参加することができます。

次に収入が良いと口コミでは評判が良いのですが、そちらについては次の項目でお伝えしていきます。

本部が回収するパーセンテージがそこまで悪くないとのことですが、ワークマン本部が回収するパーセンテージは60%とのことで、広告宣伝費や地代・物流費などは本部が負担してくれるため、割合も悪くないと言えます。

バックアップがしっかりしているとのことで、前述の負担もそうですが、研修などもしっかりと行っており、年商億オーナーになれるようにしっかりとしたサポートを行ってくれています。

コンビニのフランチャイズの最低保証制度のようなシステムも無く、フランチャイズ加盟の中でも優良的な会社と言えます。

3. ワークマンのフランチャイズ加盟は儲かる?年収は?

前述でありました、ワークマンのフランチャイズ加盟は収入が良いと評判でしたが、実際に儲かるのか、年収はどれくらいなのか気になるところでしょう。

ワークマンのフランチャイズ加盟は、FCオーナーとしてしっかりと結果を出している方で1500万円以上も稼いでおり、悪くても800万円稼いでいるなど条件としては悪くない年収となっています。

商品も多く、近くに重ならないように配置されていること・値引きなどをあまり行っていないことから利益率もよく、売り上げも上がりやすいため収入も増えやすいのです。

FC歩合制に移動することによって、どこまでも先があるのでフランチャイズ加盟の中でも、ワークマンは儲かるといっても間違いではないでしょう。

4. ワークマンにフランチャイズ加盟するメリット

それではワークマンに実際にフランチャイズ加盟するメリットをお伝えしていきます。
まずワークマンは「加点主義」を徹底しているため、やればやるだけ儲かるので、そういった事が好きなタイプの人にはメリットでしかないでしょう。
優秀な店舗には、毎年様々な表彰がされており、多くの店舗に年間総額で数億円支払われています。

そのため、大きな給料を手にすることもでき、ここまでの地位につけた会社のノウハウを手に入れられるので、野心が強い人にはもってこいのフランチャイズです。

時間も7時から20時とフランチャイズ加盟の中でもハードすぎない設定なので、体調管理もしやすく、生活スタイルにあった仕事を行えるので、家族と過ごす時間なども忙しいサラリーマンより増えます。

ここ7年間で閉店や撤退が殆どないことでも有名なので、不況にも強く、安定した収入を得られやすい点もメリットと言えます。

5. ワークマンにフランチャイズ加盟するデメリット

それでは反対に、ワークマンのフランチャイズ加盟に対するデメリットとは何なのか、気になるところです。

まず、時間的に朝が苦手な人には向かないです。朝7時からと早めの稼働が必要なので、5時過ぎに起きるなどして支度をする必要があります。しかし、開店5分前にお店にくれば良いので、ゆとりもあるので他のフランチャイズよりはマシでしょう。

次に、やはりいくら加点主義を徹底していると言えど、フランチャイズの怖さは売り上げです。売上が上がらなければ収入も上がらないので、サラリーマンからフランチャイズ加盟に移行する等考えている人にとっては、不安要素と言えます。

あとは最初の契約金が安くはないので、用意できなければワークマンにフランチャイズ加盟することは厳しい点も、デメリットの一つと言えます。

6. ワークマンのフランチャイズの条件や契約内容

実際にワークマンへフランチャイズ加盟する場合、条件や契約内容が気になるところです。
フランチャイズ加盟の条件ですが、

・25歳以上60歳辺りまで
・店舗近くに住んでいるor引越しが可能な方
・夫婦または親族で参加できる方(単身の場合はパートを2名以上要採用)
・契約者本人が専任で店舗運営にあたれる事(副業や兼業は不可)
・個人での契約が対象(法人での契約は不可)
・人と接する事が大好きな方(接客経験がなくても可)

が条件となっていて、比較的多くの方がフランチャイズ加盟の条件に当てはまる事ができます。

次に、ワークマンへのフランチャイズ加盟では、契約内容が2通りに分かれています。

Aタイプがフランチャイズ契約とされていて、「荒利益分配方式+褒賞金」の制度を取っていて、
定休日:本部指定日
契約期間:6年間(本部と加盟店の合意があれば、再契約可能)
となっています。

そしてAタイプの必要資金としては
加盟金:75万円
開店手数料:100万円
研修費:25万円
保証金:100万円
開店時資金:50万円
の総額350万円(消費税別)が必要となっています。

保証金は預かり金なので契約満了解約の際に返金されます。
売り上げに応じて収入額が決まる「成果報酬型」なので、上を目指したい方に人気のプランです。

続いてBタイプはある程度売上が伸びるまでの間、一定額の収入を保証してくれ、売り上げに応じた歩合給をプラス支給してくれる「業務委託契約」の制度をとっていて、
定休日:正月元旦のみ
契約期間:1年間(本部と加盟店の合意があれば、再契約可能)
となっています。Aタイプに移行する場合は契約手数料が異なるので注意が必要です。

Bタイプの必要資金は、
加盟金:なし
開店手数料:25万円
研修費:25万円
保証金:100万円
開店時資金:なし
の総額150万円(消費税別)が必要となっています。

比較した感じではBプランの方が必要経費が少なく、とっかかりやすそうですが、契約期間や報酬制度に差があるので、どちらが良いとは一言では言えないです。
※2017年5月以降保証金100万円を50万円に減額

7. フランチャイズ契約の前にワークマンの現状と将来性を確認!

フランチャイズ契約について、条件や契約内容を確認しただけで行動に移るのはオススメしません。フランチャイズ契約とは、あくまで本部の業績も良く、将来性がある事が前提となってきます。

2018年3月期の売上は、チェーン全店で売上高797億円を記録していて、現在の業績は安定していると言えます。
ベイシアグループの中核企業でもあるため、簡単には潰れないですし固定客も多いことから急な不況を迎えることはまず無いでしょう。

しかし、フランチャイズ契約をする前に一度よく考えて、その時のワークマンの現状やそこからの将来性を見据える事が必須となってきます。

よくフランチャイズ店舗で失敗をしている方は、そういった部分を見落として勢いだけで行ってしまった結果といっても過言では無いでしょう。必ず確認を怠らないようにすることをおすすめします。

8. ワークマンにフランチャイズ加盟する方法

ここまで色々な情報をお伝えしてきましたが、実際にワークマンにフランチャイズ加盟をする際の流れをお伝えします。

1.加盟店契約説明会に参加
2.履歴書の審査
3.担当者による面接
4.SVを交えた二次面接・契約事前説明
5.既存店の見学
6.社長面接(最終面接)・仮契約
7.事前研修会(本部or滋賀の流通センターで3日間+実店舗で6日間)
8.新規店舗デビュー

という流れになっています。

そのためワークマンにフランチャイズ加盟するには、加盟店契約説明会に参加する事が必須条件となっていて、申し込みは公式サイトのフリーダイアルや、資料請求などからも受け付けています。

ワークマンのフランチャイズ加盟では、説明会等その時点ですぐに意思決定をする必要がなく、何度か考え直すタイミングを与えてくれているので、じっくりと考える(意思の強さを測る)時間があります。

すぐにでもフランチャイズ加盟したいと思ったとしても、実際に話を聞く事で落ち着いて考えられるので、ワークマンにとっても自身にとってもwin-winな関係を築ける流れとなっています。

ワークマンの公式サイトはこちら

ワークマンのフランチャイズ・まとめ

今や絶大的な地位に位置している「ワークマン」の、フランチャイズ加盟について様々な情報をお届けさせていただきました。

実際に口コミや評判は悪くなく、生活レベルが向上した人も多く輩出されていることから、ワークマンのフランチャイズ加盟は優良的と言えます。

この記事を参考に、フランチャイズ加盟を悩んでいる方は、もう一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*