トラブル急増?!フランチャイズ契約時の注意点まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店のみならず、様々な業種で拡大されている「フランチャイズ」。そんなフランチャイズでは現在トラブルが急増しているのです。きちんと理解をせずにフランチャイズ契約をしてしまっては、取り返しのつかないトラブルになり兼ねます。

そこでトラブルを避けるためにも、フランチャイズの注意点について順に解説していきます。

1.フランチャイズ契約時の注意点一覧

まず最初にフランチャイズを契約するにあたって、どれほどの注意点があるのかをご紹介します。

フランチャイズ契約時に関する主な注意点は、

・本部支払項目と営業資料の比較
・加盟金&ロイヤリティ率の確認
・解約違約金の確認
・近所に同じチェーン店が無いかどうか
・売上・利益予測の根拠の確認
・法定開示書面と契約書の比較

などがあります。

細かく言えば他にも出てきますが、主な注意点としましては上記がほとんどです。

2.フランチャイズシステムを正しく理解する

トラブルを少しでも回避できるように、フランチャイズのシステムを理解する必要があります。そこで、順にフランチャイズのシステムをまとめましたので確認していきましょう。

2-1.フランチャイズとは

そもそもフランチャイズとは、本部より「お店の名前」・「お店のサービス」・「商品を使用する権利」をもらい、フランチャイズを行う人、又は法人がそれらを利用して成果を出し、その対価として本部にロイヤリティを支払うという仕組みです。

随時フランチャイズ本部は、新しいオーナーを採用して成果の出る店を増やしています。
仕入れから販売のみならず、集客や人材採用・商品開発など、多岐にわたるビジネスにおける重要な要素を「パッケージ」にして構築しているのです。

なので、加入したお店は一度に、専門的な知識やノウハウを手に入れられるため、初心者でもしっかりとしたビジネスを行うことができます。

2-2.フランチャイズ契約とは

フランチャイズ契約と主に間違われやすいのが「代理店契約」です。
フランチャイズ契約は前述にもある通り、書面を交わして本部の商品を販売し、対価としてロイヤリティを支払う方法をとっています。

代理店契約は、商品の販売等を請け負い方式で受託しており、販売に関しては関与していません。フランチャイズ契約と代理店契約の違いについて、理解していない人が多いのでこちらも注意しておく必要があります。

2-3.ロイヤリティとは

前述から記載しています「ロイヤリティ」とは何なのか。
簡単に言いますと「対価」です。

フランチャイズ時におけるロイヤリティの意味としては、商標や著作権の使用料と認識されていて、本部から得た知識やノウハウ・商品で得たお金を「ロイヤリティ」として、使用量を支払う流れとなっています。

2-4.解約違約金とは

解約違約金とは何か気になるところですよね。
フランチャイズ加盟における注意点としても、こちらはきちんと把握しておきましょう。

解約は様々なパターンがあるので、状況によっても解約違約金が異なります。
例として

・中途解約
・期間満了による解約
・合意解約
・本部からの契約解除
等があります。

契約後一定期間が経過した際に、中途契約が可能になるケースが多いですが、中途解約金と称した解約違約金の支払いが必要なケースが多いので、こちらは事前にしっかりと把握した上で、話を進める必要があります。

あとは期間満了後に自動で更新されるケースがあり、一定の期間に解約を申し込み入れると契約更新されないのですが、更新された際に中途解約をした場合は、解約違約金がかかることもあるため、こちらも事前に確認しておく必要があります。

3.フランチャイズの事業計画や契約内容を詳しく確認する

実際に契約する際に、事業計画や計画内容についてしっかりと確認する必要があります。

ではどういったことを詳しく確認すれば良いのかについて、順に解説していきます。

3-1.本部事業者(フランチャイザー)から適切な情報開示がされているか

まず最初に、本部事業者(フランチャイザー)から、適切な情報開示がされているのかを確認する必要があります。

3-1-1.中小小売商業振興法における開示項目

法定開示書面というものがあり、こちらは加盟希望者に対して、本部事業者は契約の重要事項を記載してる「法定開示書面」を提示しなければなりません。

基本的に法定開示書面の内容は、「契約書」と同じ内容ですが、万が一異なる場合は「契約書」の内容が優先されます。
なので、しっかりと「法定開示書面」と「契約書」の内容を見比べる必要があり、加盟の意思決定を行う必要があります。

・独占禁止法に基づく開示(フランチャイズ・ガイドライン)

前述における中小小売商業振興法における開示義務だけでなく、公正取引委員会では独占禁止法に基づいて、「フランチャイズ・システムに関する独占禁止法上の考え方について」を開示し、フランチャイズのガイドラインとして開示することが義務付けられています。

これら二つはどちらとも書類として交付しなければならないので、受け取りましょう。

3-1-2.本部事業者(フランチャイザー)の情報収集はできているか

本部事業者についての情報収集を行うのも、フランチャイズ加盟時に重要な注意点です。
商工会議所には担当員という専門家がおり、他にも「フランチャイズ研究会」という、詳しい専門家が沢山いる場所があります。

それらについて解説していきましょう。

・日本フランチャイズチェーン協会

フランチャイズシステムの健全な発展を目的に、1972年に設立された業界団体です。
JFAとも言われており、現会長は株式会社ファミリーマート取締役会長の中山勇氏が務めています。

様々なパターンの資料などを拝見することができるので、情報収集にもおすすめです。

・ザ・フランチャイズ

フランチャイズ事業について、様々な書籍を出している「民谷昌弘」氏が書かれている
、「ザ・フランチャイズ」です。

加盟オーナーとして、事業を始めようと考えている人に対して、トラブルを回避するための注意点や、フランチャイズビジネスで成功するための秘訣などを、ストーリー性にしてまとめた人気の本です。

加盟を考えているのであれば必読の書籍です。

3-1-3.フランチャイズ契約でよくあるトラブルを確認できているか

実際に契約をする前に、よくあるトラブルがどんなものかご存知でしょうか。
主なトラブルとして契約に関するトラブルが挙げられますが、収益やサポートに対するトラブルも少なくないです。

聞いていた話と違うじゃないか。というトラブルも頻繁に相談されているので、事前に契約書に記載されていることをしっかりと把握しておく必要があります。
注意点として、担当の口から聞いた言葉ではなく、契約書などの書面に記載されている内容が重視されるので、そちらをしっかりと把握し、信用するのが良いです。

4.フランチャイズ契約書を確認する

契約書は、しっかりと把握しておく必要がある重要な書類です。
相手の言葉を信用するのではなく、書面の内容を信用しましょう。法的措置を取る際に判断されるのは書面の内容です。

前述で紹介しました公正取引委員会の資料や、フランチャイズチェーン協会のサイト、中小企業庁の「フランチャイズ事業を始めるにあたって」などに、注意点やチェック項目などもあり、揉め事を回避するのに役立つ内容が盛り込まれているので、参考にしておく必要があります。

それらを基に、しっかりと契約書を確認し、法定開示書面との違いがないかなどの比較も行いましょう。
よく理解しないままサインをして、あとで後悔しても「解約違約金」という莫大なお金がかかってくるので、きちんと確認する必要があります。

フランチャイズ契約時の注意点まとめ

契約時における注意点をご紹介させていただきました。
加盟は決してその場の勢いで行えるものではなく、大きなお金も動くため書面などをしっかりと確認して、契約する必要があります。

この記事でご紹介した注意点を基に、加盟を考えられているオーナー様は、もう一度しっかりと情報を集め、安全にフランチャイズ契約を結べるよう見直してみることをおすすめいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*