フランチャイズと直営店のメリットを比較!違いはどこにある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えばあなたが大手ラーメン屋を経営し、チェーン展開をするとしましょう。その際に、あなたは必ず次に述べる岐路に立たされることでしょう。それは「フランチャイズ経営」をするのか「直営」にするのかです。この2つ言葉は度々混同されがちですが、明確な違いがあります。

チェーン展開と聞くと、おそらく多くの方がイメージするのは「直営」の方でしょう。普通に考えれば、本部に雇われた社員がどこかの支店の店長をするのが当たり前ですよね。しかし、最近では「フランチャイズ経営」も人気の経営手段となりつつあります。フランチャイズも同じチェーン展開の手段ですが、「直営」にはないメリットないしデメリットがあります。

この記事では、フランチャイズと直営店それぞれのメリットとデメリット、そもそも「フランチャイズ」と「直営」とはどういう意味なのかについてお話をしていきます。それではまずフランチャイズと直営店のメリットの比較から見ていきましょう。

1. フランチャイズと直営店のメリットを比較!違いはどこにある?

まずはフランチャイズと直営店のメリットをそれぞれ見ていきます。フランチャイズと直営店の意味がそもそも分からず、それぞれの定義について先に知りたい方は次の項「2. そもそもフランチャイズや直営店ってなに?」から先に読んでください。

1-1.フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリットはコストを大幅に削減できることでしょう。「直営」の場合、1つ店舗を増やすのにも相当な費用がかかります。店舗を1つ増やす度に、人員の確保、設備の充実などを行わなければなりませんので、かなりの時間がかかりますし、そのための経費も馬鹿になりません。そして、開店後もアルバイト代などをすべて本部側が賄わなければならないのです。

しかし、フランチャイズの場合、既に人材や設備が揃っているので、店舗を1つ建てるのに時間や経費はほとんどかかりません。また、アルバイトへの給与を本部側は支給する必要がないのも大きな特徴です。

本部側がすることと言えば、店の看板とノウハウを提供するだけであり、あとは何もしなくても、月々のロイヤリティで収益を得ることができます。店舗の売り上げは店舗のものであり、本部側は売り上げのほんの数%しか得ることができませんが、店舗1つ運営する労力と費用を鑑みると、直営店ではなくフランチャイズ経営にするメリットは充分にあります。

1-2.直営店のメリット

上で挙げたように「直営」の場合、1つ店舗を増やすのに莫大な時間と費用がかかります。しかし、直営側にもそれを補って余りあるメリットがあります。

それは「店舗の管理のしやすさ」です。

フランチャイズ経営の場合、本部側が提供するのは店の看板とノウハウだけであり、多少の研修や監査があるにせよ、経営の裁量はほとんどが店舗側にあります。そのため、本部の方針やマーケティング情報などが伝わりにくく、店舗を一店一店を管理するのが非常に困難になります。

しかし、「直営」の場合、社員が店長を務めていますので、これらの伝達が非常にスムーズに行き渡り、店舗毎に安定した経営を実現させることができます。また、店舗の売り上げをそのまま本部の収入にすることができるので、社員やアルバイトの人件費を差し引いてもフランチャイズのロイヤリティよりも遥かに高い収益を得ることができます。ネックとなるのがやはり初期費用の高さですが、そこさえクリアできれば長い目で見ると直営の方がフランチャイズ契約よりも高い利益を得ることができるでしょう。

2. そもそもフランチャイズや直営店ってなに?

フランチャイズと直営店、それぞれの意味が正確に分かっていない方は、上の項より先にまずはこちらの項を読んでください。勘の良い人はこの項を読んだだけでもフランチャイズと直営店それぞれのメリット・デメリットが見えてくるでしょう。

2-1. フランチャイズとは?

フランチャイズとは、簡単に言うと店の看板とノウハウを提供することを言います。つまり店舗で働いている人は、大手チェーン店の看板とノウハウを使わせてもらっている個人事業主にすぎず、社員ではないのです。

セブンイレブンで働いている人の9割はセブンイレブンの社員ではないことをご存知でしょうか。例えばあなたの家の近くにあるセブンイレブンは、元々「××商店」という個人経営のコンビニでしたが、売上げを上げるために、セブンイレブンに売上げの数%納めることで(ロイヤリティ)、セブンイレブンの看板とノウハウを使わせてもらっているのです。

フランチャイズ経営とは、「社員ではない事業者」が大手チェーンの看板とノウハウを「利用させてもらっている」契約というのを理解しましたでしょうか。それでは次に直営店についての説明をしていきます。

2-2. 直営店とは?

直営店とは、大方多くの人がチェーン店にそのイメージを抱いているように、本部からの社員が店長として働いている店舗のことを言います。

客の立場からすると、フランチャイズ経営の店であったとしても、店長=社員のイメージがありますので、フランチャイズ経営と直営店の区別がほとんど付きません。しかし、経営形態に着目すると全く別物であることが分かります。それでは次の項でフランチャイズと直営店の違いについて見て行きましょう。

2-3. フランチャイズと直営店の違い

フランチャイズと直営店は「店長が社員であるかどうか」で明確な違いが出てきます。上記で述べたように、店長が社員ではなく個人事業主であれば「フランチャイズ」であり、社員であれば「直営店」になります。そのことを前提におくと、必然的に両者の違いが見えてきます。

まずフランチャイズですが、店長が個人事業主になるので、店舗の収益は店舗のものであり、本部の収益ではありません。店長は大手チェーンの看板を借りているだけの個人事業主であり、社員ではないので当然ですね。本部側はその店舗からは看板とノウハウの利用料(ロイヤリティ)しか受け取ることができないのです。

その代わり、アルバイトへの給与、設備投資などはすべて店長(個人事業主)負担となります。これらの経費に一定の援助を行っている企業もありますが、店長は原則として社員ではないので、本部側にこれらの義務はありません。

これに対して直営店ですが、店長が社員であるため、店舗の売り上げは企業のものになります。フランチャイズの場合は、店舗の売り上げがそのまま店長の収益になりますが、直営店の店長の場合、本部から給与を得る形で収入が得られます。また、アルバイトの給与や設備費などもすべて本部の負担になるので、店舗1つ構えるだけでも莫大な出費となります。

しかし、本部直営の店舗のため管理がしやすく、経営方針もフランチャイズのように事業主の裁量ではなく、本部の意向で決められるので、フランチャイズに比べ収益は安定しています。店舗を建てる初期費用はかなりかかりますが、安定した高い売り上げを出せるところから、長い目で見ると直営店でチェーン展開したほうが得策な場合もあります。

3. フランチャイズの5つのメリット

・店舗を低コストで建てることができる。(設備費土地代がかからないなど)
・人員確保をする手間が省ける
・アルバイトの給与など運営費がかからない。
・上記より店舗を拡大させやすい。
・何もしなくても収入(ロイヤリティ)が入ってくる。

4. フランチャイズの3つのデメリット

・店舗の売上げの数%しか収益が入らない。
・基本的に店長の裁量で運営されるので店舗の管理が難しい。
・長い目で見ると店舗数の割に収益が少なくなる

5. 直営店の5つのメリット

・本部側の運営方針が各店舗に行き届きやすい。
・店舗の売り上げのほとんどが本部の収益になる。
・店舗の運営を本部が一括管理できる。
・各店舗の状況を把握しやすい。
・長い目で見れば店舗数に対する収益が高くなる。

6. 直営店のデメリット

・店舗を建てる際の初期費用が非常に高い。
・人員確保、設備の充実などかなりの手間がかかる
・上記より店舗拡大のスピードが遅い

7. フランチャイズと直営店のメリット・デメリットまとめ

上の項で、フランチャイズと直営店のメリット・デメリットに関してまとめましたが、どちらの運営方針を取った方が良いかは、事業者の運営方針によって変わってきますので、一概には言えません。

また店舗拡大の手法を「完全なフランチャイズ」や「完全な直営」などに凝り固まる必要はなく、フランチャイズ契約の中に直営的な側面を入れてみるなど、事業者の裁量によっていくらでも変えることができます。

この記事を参考に日本全国のチェーンがどのような仕組みで展開されているかご理解いただけたでしょうか。もしかすると将来あなたがこのチェーン展開という事業の裁量を委ねられる局面が来るかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*