フランチャイズ加盟は危険?!LIVITO(リビト)の評判は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は、美を追求する人が増えてきてパーソナルトレーニングジムが人気を集めています。パーソナルジムを経営してみたいと考えている事業者もいると思います。ここでは、フランチャイズ加盟店を募集しているパーソナルジムのLIVITO(リビト)をご紹介します。

専属管理栄養士が考案する食事レシピで3食の食事を摂取する食事制限とオリジナルトレーニングメソッド、マンツーマンのトレーニングを最大の強みとしています。LIVITOのフランチャイズに加盟をする際は、開業資金には1000万円が必要になってきます。開業資金1000万円は簡単に手をつけられる金額ではありません。

実際に開業資金が用意できたとしても、簡単に事業に手をつける方は少ないでしょう。ここでは、LIVITOのフランチャイズに加盟をすることで、本当に事業を成功させることができるのかを、パーソナルジム経営を検討している事業者の方に向けて解説していきます。

1. フランチャイズ加盟店を募集するLIVITO(リビト)の基本情報

フランチャイズ加盟店を募集するLIVITOの基本情報ですが、2011年に愛知県名古屋市に設立をされました。代表取締役は南原竜樹さんです。資本金は990万円で、1店舗の従業員数は3名となっています。

南原竜樹さんは、1度会社経営に失敗をしてしまったようですが、現在は、スポーツカーの販売事業、ワイン輸入事業、自動車個人売買の仲介業、派遣業など多角化経営をされており、成功を掴んでいます。その1つの事業が、パーソナルジムのLIVITOなのです。

2. LIVITO(リビト)のフランチャイズ加盟に関する評判・口コミ

お客様が利用した評判や口コミは見当たりますが、口コミにしては利用した具体的な感想が少ないです。また、パーソナルジムのフランチャイズ加盟を検討する方が見る比較サイトなどでは、LIVITOに関する口コミや評価の情報はありません。

評価も高評価を得られている比較サイトはないので、それでもLIVITOに加盟したいと考えている事業者様は、問い合わせ時までに聞きたいことをまとめておきましょう。

3. LIVITO(リビト)のフランチャイズ加盟は儲かる?年収は?

LIVITOのフランチャイズ加盟の収益モデルでは、月100万円の利益が出る計算となっています。内容はトレーナー3名の従業員で40名の会員の指導を行うのですが、人件費の設定が月額100万円となっています。

単純計算をすると1名の従業員の年収は360万円前後になります。事務や受付スタッフを採用すると月収額は下がります。スタッフの年収は極めて低いといえます。これは、あくまでも収益事例なので、実際に加盟を検討する際に詳細の収益結果を見せてもらいましょう。

また、2011年設立時にジムトレーナーを募集していた際には、従業員の給与は月21万円で勤務時間は9時から24時と設定されています。過酷な労働条件です。

4. LIVITO(リビト)にフランチャイズ加盟するメリット

LIVITOに加盟するメリットは、パーソナルジムの運営実績がある愛知県名古屋市の本部のOJTを受けることができる点です。ジムを開業するにあたって、知らないといけない知識は豊富にあると思いますが、それらがなくても、全てがパッケージとして含まれています。

トレーナーの研修や新プログラムの取り入れなど、パーソナルジム経営に関して知識がなくても始めやすいというのが、フランチャイズ加盟する大きなメリットといえるでしょう。

5. LIVITO(リビト)にフランチャイズ加盟するデメリット

LIVITOのフランチャイズ加盟するデメリットは、実際の成功事例がないことです。また、フランチャイズ加盟募集のサイトには、LIVITO名古屋本店の収益モデルが掲載されています。そこには、月間売上高や店舗経費、人件費など大まかな情報を掲載されています。

しかし、LIVITO以外のフランチャイズ加盟を募集しているパーソナルルジムでは、法定福利費、決済事務代行手数料、ロイヤリティーなどの詳細まで記載されおり、利益も減価償却前の利益で緻密な収益シュミレーションがされています。

また、LIVITOの収益モデルでは社員3名で会員を40名前後請け負うことになります。会員の月額費用はスタンダードコースの場合は15万円、VIPコースの場合は23万円となっており、他のパーソナルジムと比較すると割高です。しかし、サービスの強みのポイントが他社と比較して非常に薄いので、フランチャイズ加盟するリスクは高いといえます。

また、LIVITO専属管理栄養士による食事制限が最大の強みのようですが、クックパッドで無料にて公開されています。無料で公開されている情報にお金を投資するのは非常に無駄といえます。

6. LIVITO(リビト)のフランチャイズの条件や契約内容

LIVITOのフランチャイズの条件は、パーソナルジムの業態に関心のある事業者で開業資金を1000万円以上用意ができることが条件として設定されています。契約内容ライセンス契約期間が5年間で、5年毎に更新料が発生します。

更新料に関しての金額は記載がないので、検討する際は更新料に関して必ず聞くようにしましょう。サービス内容は、開業前サポート、開業後のフォローとなっています。

40坪の店舗の開業事例だと、ライセンス加盟金75万円、トレーナー研修費75万円、保証金360万円、トレーニングマシン一式550万円で、これだけで1000万円近くの費用になります。別途、店舗物件に応じた物件取得費の家賃、内装費などがかかるので、実際は1000万円よりも多く開業資金には必要になってきます。

7. フランチャイズ契約の前にLIVITO(リビト)の現状と将来性を確認!

7-1. LIVITOの現状や将来性の具体的な情報

LIVITOの将来性や具体的な情報は非公開となっています。公開をされているのは愛知県名古屋市にあるLIVITO名古屋本店の収益モデルが掲載されていますが、どこまで信憑性がある情報かは判断できない状態です。

また、パーソナルジムの集客で必要になってくることは、ジム独自の強みです。LIVITOは会員プランを2プラン用意しています。スタンダートプランとVIPプランです。2つのコースの金額の差は8万円なのですが、内容はDNA検査、トレーニングウェア・シューズの無料保管やフリー来店が特典と記載を始めています。

8万円分の価値があるのかは不明です。また、初月には入会金5万円と月額費2ヶ月分を支払うことになるので、35万円から53万円の支払いを会員のことはすることになります。競合他社のパーソナルジムと比較をすると非常に高い料金設定となっているので、集客は非常に難しいでしょう。

8. LIVITO(リビト)にフランチャイズ加盟する方法

LIVITOのフランチャイズ加盟をするには、LIVITOの公式サイトにあるLIVITOライセンス店募集のページを探しましょう。お電話でのお問い合わせ方法と、メールでのお問い合わせの2種類方法があるので、好きな方法でお問い合わせをすると、折り返しLIVITOから連絡が届きます。

LIVITOのフランチャイズ加盟・まとめ

LIVITOのフランチャイズ加盟に関する解説はいかがでしたでしょうか?専属の管理栄養士による食事コントロールを強みとしているパーソナルジムのようですが、実際のレシピはクックパッドにて公開されています。

また、パーソナルジムは会員を多く集客することが大事なのですが、他のパーソナルジムと比較すると非常に会費が高いのが大きな特徴です。特に他のジムとの大きな違いや特徴は見当たりません。

公開されている収益モデルも大まかなものとなっており、ランセンスは5年毎に更新料がかかります。また実際に加盟している店舗情報がありません。LIVITOのフランチャイズに加盟をする前には、さまざまな事を聞いておかないと不安になる要素が多いです。

パーソナルジムを経営したいという方には、実際に運営しているジムよりOJTなどのサポートを受けられることは大きな魅力ですが、開業資金が1000万円以上となっているので、LIVITOにフランチャイズ加盟するのは少し危険です。加盟前に入念な情報収集をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*