水道トラブルでボッタクリが多発!?真実と消費者センターがしてくれる対応とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年、水道業者とのトラブルが相次いでいます。

聞いていた金額より多い金銭を要求されたケースや、きちんと修理されていないにもかかわらず多額の金銭を請求されるケースもあります。

水道業者を選ぶ際に気をつけるべき点、もしもトラブルが起こった場合どのようにしたら良いのかをお伝えします。

1.水道業者とのトラブルが急増している?

水道業者との間に起こるトラブル!

良い水道業者さんがいる中、ボッタクリのような金額を請求してくる業者も中にはいます。

お風呂やトイレの水栓が壊れたり、詰まったり、水漏れするなどのトラブルは突然訪れます。

その時に、修理を頼んだ業者が悪徳だった場合、思いもよらない金額を請求されてしまうことがあります。

修理が済んだ後なので支払わないわけにもいかず、納得がいかないまま支払ってしまいトラブルに発展することもあります。

1-1見積もりしないとわからない。は危険

基本的に、破損や水漏れなどの状況を見ないと正確な金額は出せないのですが、中には最初から騙そうとする業者もいます。

機器の交換を持ちかけて来たり、施工代金をうやむやにしていたり、その他にも加算されるものがあるかもしれないと、見積もり段階で明確にしてくれない業者は後にトラブルになりかねません。

ハズレ業者に当たってしまうと、修理は他の業者の変わらないのに金額が倍以上するといったケースも存在します。

1-2金は取れるだけ取っておけ

信じられない話ですが、水道業者の中でこの言葉が合言葉な業者も存在します。

水のトラブルはそんなに頻繁に発生するものではなく、ほとんどが一見さんです。

大体の人が水道の修理を頼んだことが無いことが多く、修理金額の相場がわかっていない場合が多いのです。

そのため、悪徳修理業者の中で「素人だから金額を偽ってもわからない。金は取れるだけ取っておけ」という合言葉が生まれたのです。

それに加え、水のトラブルは緊急性が高いので依頼者は財布の紐が緩みがちです。

そこを狙い、多額の金銭を要求すると言うことです。

2.消費者センターからの注意喚起もされています

広告などを見て頼んだ水道業者が悪徳業者の可能性がある!

「低料金」や、「定額料金設定」と謳われている業者にも注意することと、消費者センターから注意喚起が出されています。

水のトラブルはいつ起こるかわからないため、消費者誰しもが巻き込まれてしまう可能性があります。

被害の未然防止、拡大防止に努めなければいけません。

2-1相談件数

水回りの修理サービス利用について、PIOーNET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)では、2006年には1104件、2007年には795件(前年同期件数は522件、前年度同期比は273件(52.3%)増加)となっています。

年々増加傾向にあることがわかります。

3.消費者センターではどのように対応してくれるのか

消費者センターはお住まいになられている最寄りの消費者センターに問い合わせる必要があります。

1.相談員に詳細を話す。

2.経過報告をする(トラブルの事例などを話す)

3.消費者センターから指示やアドバイスを受ける

このような流れで相談することができます。

※書面で契約済みの場合、書面をお手元に用意の上電話するとスムーズに対応してもらえます。

4.消費者センターに相談すれば解決できる?

内容にもよるのですが、もしも消費者センターで解決できない場合は、「国民生活センター」へ相談することができます。

国民生活センターHPから全国の国民生活センターの一覧を見ることができます。

消費者ホットラインも用意されていて、局番なしの「188」にかけると繋がります。

※IP電話や一部の電話からは繋がらない可能性もあります。

消費者センター 水道業者・まとめ

広告に載っているからと安心して修理を頼むのは危険だと認識することが大切です。

料金を明確に提示していないのにはボッタクリが潜んでいる可能性が高いと考えましょう。

低料金、定額設定と謳われているものにも注意が必要です。

見積もり時にしっかりと説明を聞き、「高そうだな」や、「何かおかしいな」と感じた場合お断りするのも1つの方法です。

トラブルに巻き込まれてからでは遅いので、未然に防ぐことを心がけましょう。

万が一トラブルに巻き込まれた場合、速やかに最寄りの消費者センターへ連絡して指示を仰いでください。

ご自身で納得のいく業者に頼むことが大事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*