消費者センターに通報するとどうなる?周囲にばれることはあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者トラブルに巻き込まれてしまい、個人でその問題を解決できない場合には消費者センターへ通報したり相談しに行く人が多いです。

実際にはそういった問題を消費者センターに通報したら、どういった結果になるのでしょうか?どのような対応をしてくれ、本当に解決に繋がるのでしょうか?

今回は、消費者センターが消費者トラブルに巻き込まれてしまった人に対して、どこまで介入してくれるのか?また、問題解決までに至るのかを調べてみました。

1.消費者センターとはどんなところ?

消費者センターとは、全国各地の地方公共団体が消費者が安全で安心できる消費生活を送れるように立ち上げた、消費者の問題や悩みの相談を聞く窓口となります。

今では、全国の市町村に500か所以上の消費者センターが設置されていて、日々様々な消費者の悩みを聞いています。センターの大きさや相談員の数などはその地域によっても異なります。

1-1.どんなことをしているの?

消費者センターでは、基本的に人々が消費生活を行っていく上で受けた被害の苦情であったり、何かトラブルに巻き込れた際の相談などを受け付けています。

その相談内容を元に、消費者が最適な行動を取れるようにアドバイスをしたり助言します。必要に応じては斡旋も行うことがあるようですね。

また、過去に相談のあった事例などを元に、少しでも多くの人が消費者トラブルに巻き込まれないように注意喚起を行ったり、時には消費者講座なども開催して、事前のトラブル防止に努めています。

1-2.何を相談できる?

消費者センターの寄せられる相談の多くは、購入した商品に関することや提供されているサービスなどに関するトラブルがほとんどです。

特に最近急増している相談内容は、架空請求や不当請求といった詐欺被害の内容が多くなっています。他にも多重債務に関する相談も多く、寄せられる相談の内容は非常に幅広いのが特徴です。

基本的に、電話でも相談することができほとんどの消費者センターは平日に朝から夕方まで運営しているので、何か相談したいことがあれば、電話をしてみましょう。

2.トラブルを通報したらどうなる?

消費者センターに何かのトラブルを通報した場合、実際に消費者センターがしてくれることは、「相談者が抱えている問題を解決するのに最適な方法」を探してくれることです。

例えば、消費者が抱えているトラブルが、弁護士への相談が必要な場合であれば、弁護士に相談することを促され、その問題解決に適した弁護士を紹介してくれたりします。

言いかえれば、消費者トラブルに巻き込まれてしまった人が、どういった順序で問題解決をしていくべきかの助言をくれる立場であり、直接的に問題解決をしてくれることはあまりありません。

あくまで相談窓口といった立場です。しかし、トラブルにおいての大小はあり、「架空請求のメールが来て困っている」といったトラブルであれば、それはただ無視すれば良いだけの小さな話しです。

そういったアドバイスを消費者センターの相談員から受けることができるので、小さなトラブルに関しては消費者センターに相談をするだけですぐに解決することもあるでしょう。

3.消費者センターの対応と解決策

全国には様々な消費者センターがあり、地域によって対応の仕方も異なるようです。相談者のことを親身になって聞いてくれる消費者センターもあれば、逆にかなり適当に相談を受けるところもあるようです。

どこの地域の消費者センターがそうなのかといったことは不明ですが、温度差があることは間違いないでしょう。また、相談を聞いてくれる相談員の質もまばらです。

真剣に消費者と向き合おうと考えている相談員もいれば、そこまで本気で向き合ってくれない相談員もいます。問題解決をするには、相談員の質も重要です。

消費者センターでは過去の事例や相談内容を記録しているので、多くの情報を持っているのは間違いありません。どのように対応をして、それがどういった形で解決したのかも記録されています。

このような過去にあった事例を元に対応や解決策を探している場合も多いので、似たようなトラブルであれば、思いのほか早く解決策を見つけてくれることもあるでしょう。

4.トラブルを通報したらバレてしまう?

消費者トラブルを起こし通報したことを周囲にばれたくないと考える人も少なくはありません。そういった方は、通報したことがばれてしまうのか心配になってしまいますね。

しかし、消費者センターでは個人情報が守られているので、通報をしたとしても周囲にばれることはありません。ですので、心おきなく通報することができます。

また、消費者センターに寄せられる相談に関しても、消費生活における内容がほとんどではありますが、中には多重債務による問題解決の相談も頻繁にあります。

借金の額が増えてこれ以上どうして良いのかわからなくなってしまった、また消費者トラブルによって多額の負債を抱える事態になってしまった、こういった相談は非常に増えているのが現状です。

借金のことは非常にデリケートな問題なので、絶対に周囲にばれたくないといった方は多いでしょう。そんな場合でも、消費者センターでは個人情報保護法の観点から、相談者の個人情報がもれることはありません。

もし多重債務による相談をするとしても、家族や知人などにばれる心配はないので、安心して相談をしましょう。

消費者センター 通報 どうなる・まとめ

トラブルの大きさにもよりますが、消費者センターに相談することで全ての問題が解決するわけではありません。あまりにも大事なトラブルであれば、消費者センターに相談後、弁護士や警察の方へ回されることもあります。

ですので、緊急的な通報に関しては消費者センターというよりも、警察に通報した方が問題解決に繋がる可能性もあります。ただし、小さなトラブルであれば相談に行くことで、その場ですぐに解決することもあるので、消費者センターに通報してみるのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*