整骨院でトラブル?これは消費者センターに相談しても大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者センターには、日々様々な消費者トラブルの相談が舞い込んできています。

それも多岐に渡り、「そんな相談も受け付けているのか?」と感じるほどです。

実際に消費者センターは消費者の様々な相談を聞いてくれて、問題解決の為に良いアドバイスをくれるわけですが、どこまでの範囲で相談を聞いてくれるのでしょうか・

また今回は、消費者トラブルの中でも少し特殊な整骨院におけるトラブルも消費者センターは相談を受け付けているのかを調べてみました。

1.消費者センターはどんな相談を聞いてくれる?

消費者センターは、基本的に消費者全般のトラブルに関する相談を受けており、非常に幅広いジャンルの相談が毎日のように押し寄せてきています。

では、具体的に消費者センターが受けている相談の事例の一部を見ていきましょう。

1-1.ネットや電話によるトラブル

最近急増しているのが、インターネットや電話における消費者トラブルです。フリマサービスにおいての、購入者と出品者によるトラブルであったり、悪質な契約をする携帯電話会社など事例は様々です。

スマートフォンを落としてしまう、そのまま不正利用されたといったような事例もあり、このようなトラブルに関しても消費者センターは相談を受けてくれます。

1-2.衣食住における消費トラブル

衣食住における消費のトラブルというのは日常茶飯事であり、大きい事例から小さい事例まで様々です。

何かの商品を購入してその商品に不具合があったなどのトラブルもそうです。

また、大きな事例になってくると住宅の耐震工事などによるトラブルも、消費者センターが扱うトラブルの一つとなっています。

1-3.保険や金融に関する消費トラブル

仮想通貨が世間的には流行していますが、そういった背景に伴い仮想通貨による詐欺事例が増えています。

他にも、違法な高金利でお金を貸す悪徳業者に係るトラブルもそうです。

これら消費トラブルはほんの一部です。

他にも様々な状況で、人間の消費行動は生まれていますから、その数だけトラブルもあるということです。

年代によっても多いトラブル内容は異なり、若者であればマルチ商法であったり、出会い系サイトにおいてのトラブル、高齢者に関しては振り込め詐欺や点検商法などの相談が多いようです。

2.消費者センターに整骨院のトラブルも相談していいの?

整骨院と聞くと、消費者トラブルなんかと全く関係ないのではないかと感じてしまいますが、実は消費者センターにおいて整骨院のトラブルは頻繁に相談されているようです。

では、整骨院と消費者の間でどのようなトラブルが生じ、どういった内容の相談が寄せられたのかを見ていきましょう。

2-1.整骨院でぼったくり

Aさんは、肩や腰などの痛みを訴え近所にある整骨院に行ったそうです。

整骨院の先生は非常に親切で、丁寧な施術をしてくれ、非常に満足したAさんでした。

その時の金額は3000円ほどで、「次回はもっと安くしてあげるから頻繁に来た方が良い」と言われ、また数週間後にその整骨院を訪れました。

すると、前回よりも大がかりな施術をされて、金額も前回の倍である6000円も取られたのです。

前回よりも安くすると言ったということを伝えても、整骨院の先生は「前回よりも大がかりな施術をしたから」の一点張りです。

全く納得のいかないAさんは、このトラブルについて消費者センターに相談をしたようです。

このような整骨院でのトラブルに関しても、消費者センターではきっちりと相談にのってくれます。

3.専門用語があっても大丈夫?

消費トラブルは幅広いジャンルで起こっていることですし、多少専門用語が入る分野においてトラブルが起きてしまうこともあるでしょう。

特に最近では仮想通貨によるトラブルなんが当てはまるかもしれません。

こういった場合、「消費者センターの相談員に専門用語を使って相談しても大丈夫なのか?」と感じる人も多いでしょう。

消費者センターに在籍している相談員は一人ではないので、おそらく求めている相談ごとのジャンルに詳しい人がいるのは間違いありません。

ですので、どういった分野であっても、これはトラブルだと感じる事例であれば、迷うことなく消費者センターに相談してみると良いです。

4.消費者センターに相談して解決することはあるか

消費者センターに相談する事で、全ての問題が解決するのか?といった点に関しては、全部が完全に解決することはありません。

あくまで、消費者センターは消費の問題を聞き、その問題に対してどういった解決策があるのかを提案したりアドバイスをしたりする機関です。

もちろん、時には自らが行動をして問題解決の為に動くこともありますが、ほとんどの場合に関しては消費者は今どんなトラブルを抱えているのか?そのトラブルを解決するにはどの専門機関に相談すれば良いのか?

ある意味、消費者トラブルの被害者と、そういったトラブルを解決する専門業者との仲介みたいな立場にあります。ですので消費者センターに相談することで、全ての問題が解決することはありません。

大切なのは、相談した後の方でしょう。

また、相談に行く際にもあまりも不明確な内容の相談であれば、消費者センターとしても理解することができないので、問題が解決するとは限りません。

そうはいっても、消費者センターに相談をして抱えていた問題を解決できたという人も数多くいます。

問題の大小にもよりますが、一般的な消費トラブルに関しては大抵解決することが多いです。

消費者センター 整骨院・まとめ

消費者センターは消費者の様々な相談を受け、どのようにすればその問題を解決できるのかを一緒に考えてくれる機関となっています。

整骨院におけるような、特殊な消費トラブルにおいても色々と相談されていますし、過去に相談された事例もあるので、対応してくれることでしょう。

ただし、消費者センターに相談したからといって、全てが解決するわけではありません。

内容によっては、解決が難しい問題であったり、法律的に考えても消費者に非がある場合もあります。

もし今後消費者センターへの相談を考えているのであれば、まず内容を明確にして相談員に伝わるような証拠なども持参して行くと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*