岐阜県に消費者センターは何カ所ある?相談できる内容とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本州の真ん中に位置している岐阜県、人口約200万人の綺麗な山々に囲まれた地域となっています。観光スポットも多く、多くの観光客が訪れる場所でもあります。

もちろんのことですが、岐阜県にも消費者の生活を守るべく機関である、消費者センターは存在して日々様々な消費者トラブルと多くの相談員が向き合っています。

今回は、そんな岐阜県に存在している消費者センターについて詳しくまとめていきます。岐阜県に住んでいる消費者の方は、しっかりと把握していきましょう。

今や消費者の方も、いつトラブルに巻き込まれるかといったことを強く意識しておかなければ、面倒なトラブルに関わってしまうリスクもあるので、消費者センターの存在は把握しておくべきです。

1.岐阜県の消費生活センターは何か所くらいある?

消費者センターというのは、各都道府県とその市町村に設置をしておかなくてはいけないといった義務があり、岐阜県の中にも多くの消費者センターが存在します。

岐阜県のメインとなる消費者センターは「岐阜県環境生活部県民生活相談センター」「岐阜県飛騨県事務所振興防災課」「岐阜県東濃県事務所振興防災課」「岐阜県可茂県事務所振興防災課」の4カ所になります。

市町村に関しては「岐阜市消費生活センター」「大垣市消費生活相談室」「高山市消費生活センター」「多治見市くらし人権課」「関市消費生活相談室」「中津川市消費生活相談室」「美濃市消費生活相談窓口」「瑞浪市消費生活相談」「羽島市消費生活相談窓口」「恵那市消費生活相談窓口」「広域消費生活相談室」(美濃加茂市、坂祝町、富加町、川辺町)」「土岐市まちづくり推進課」「各務原市消費生活相談室」「可児市消費生活相談窓口」「山県市市民環境課」「瑞穂市商工農政課」「消費生活相談室」「飛騨市役所総務課」「本巣市消費生活相談窓口」「郡上市総務部総務課」「消費生活相談窓口」「下呂市観光商工部商工課」「海津市消費者相談窓口」「岐南町消費生活相談窓口」「笠松町消費生活相談窓口」「養老町企業誘致・商工観光課」「垂井町消費生活相談窓口」「関ヶ原町地域振興課」「神戸町消費生活相談窓口」「輪之内町消費生活相談窓口」「安八町消費生活相談窓口」「揖斐川町消費生活相談窓口」「大野町消費生活センター」「池田町消費生活相談窓口(役場産業課)」「北方町消費生活相談窓口」「富加町消費生活相談窓口」「川辺町産業環境課」「七宗町消費生活相談窓口」「八百津町役場地域振興課」「白川町役場消費生活相談窓口」「東白川村消費生活相談窓口」「御嵩町役場住民環境課」「白川村総務課環境計画係」の41カ所になります。

ですので、岐阜県には全部で45カ所の消費者センターが存在して、日々消費者の生活を守っているということになります。

2.岐阜県の消費生活センターで相談できること

岐阜県の消費生活センターで相談できることは、消費者と事業者の間で生まれたトラブルに関する苦情であったり、消費生活全般に関することに対しての苦情や問い合わせなどです。

岐阜県の消費生活センターでは、年間平均で3000件以上の相談が寄せられているようで、多少の増減はあるものの、4年連続で3000件の相談を超えているそうです。

それだけ、消費者が悩まされるトラブルが頻発しているということであり、消費者に対してのリスクが高い時代になってきている証拠ともいえます。

最近では、スマホやパソコン、携帯電話といった情報通信機器に関しての相談が増えているようで、年齢に関係なくこういった関連のトラブルが増えているようです。

また、お金を消費者金融や様々な所から借入をしてしまい、多重債務になってしまった人の相談も受け付けており、年間でも60~70件ほどの相談が寄せられるそうです。

多重債務というのは、一度陥ると自分一人の力で再起するのは難しいことです。消費者センターはこういった方のサポートやアドバイスも行っているので、当てはまる方は是非相談してみましょう。

3.岐阜県の消費生活センターの利用方法

消費生活センターを利用する場合には、相談する事は無料となっているので気兼ねなく利用することができます。45カ所ある消費生活センターの中から、住んでいる地域に一番近い施設を選びましょう。

各センターによって、朝の開庁時間であったり閉庁時間、または休みの日が異なっているので、事前に確認してから足を運ぶと良いでしょう。

また、基本的に昼休みは12時~13時に設定されているセンターが多いのですが、場所によっては昼休みを削って業務にあたっているセンターもあります。

この時間帯に関しては混雑が予測されるようなので、行く際には時間に余裕をもって計画的に行くと良いです。

直接相談をしに行く場合に関しては、トラブルの内容を相談員に明確に伝えられる様に準備をして、契約書など取引の内容が分かるものは持参していくようにしてください。

トラブル内容が詳しく分かれば分かるほど、相談員も対応しやすくスムーズな解決になりますので、それなりの事前準備は必要になってきます。

4.インターネットでの受付や電話相談は可能?

岐阜県の消費生活センターでは、直接センターへ訪問できない方の為に、インターネットでの受け付けや電話相談も可能となっています。

電話相談に関しては、それぞれの地域の消費者センター相談受付窓口の番号を調べて、そこに直接電話をかけるだけで大丈夫です。

インターネットによる相談は、電子メールになります。基本的に24時間受け付けているのですが、返信に関しては数日かかることがあります。

ですので、緊急的に相談したい要件やトラブルに関しては、直接センターへ行くか電話相談することを推奨します。

消費者センター 岐阜・まとめ

岐阜県に住んでいる方や、働いている方、または岐阜県の学校に通っているという方が、消費者トラブルによる問題を相談する場合には、岐阜県にある消費者センターにしか相談することができません。

ですので、いつか起こりうるトラブルの備えて、最寄りの消費者センターの場所は把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*