インターネット通販のトラブル!消費者センターに相談できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット通販は便利な反面、さまざまなトラブルが潜んでいるものです。

購入したものの、説明とは全然違っていた!なんてことも起こり得るものです。

消費者センターではインターネット通販に関するトラブルの相談も受け付けています。

相談内容と共に利用方法なども見ていきましょう。

1.消費者センターではネット通販の相談もできる

消費者センターではインターネット通販でのトラブルも相談することができます。

実際にあった相談ないようは下記の通りです。

ケース①インターネット通販でスマートフォンケースを購入した。

代金先払いの銀行振込だったため、期日内に入金して支払った。

発送通知も来ず、いつまで経っても商品が届かない。

連絡しても電話番号は使われておらず、分かるのは振込先で他は何も情報がない。

返金させてほしい。

ケース②フリマアプリでブランドバッグを購入した。

見るからに偽物である物と、使い古してボロボロのバッグが送られてきた。

説明と違うので返品と返金を申し出たが、ノンクレームノンリターンと最初に書いてあると言われ電話を切られた。

メールをしても返信がなく、電話も着信拒否されているので連絡もできない。

これは詐欺に当たると思うので返品して返金してほしい。

ケース③インターネット通販で酵素を購入した。

お試し価格で購入し、代金引換で支払った。

数日経って、また酵素が届き代金引換でお金を支払わされた。

確認すると、勝手に定期購入にされていて代金引換で送る仕組みになっていると言われた。

契約した覚えはないと伝えたが、定期購入することが条件でお試し購入価格での初回購入だと言われた。

理解しづらい説明と、勝手に定期購入になる仕組みは納得できない。

今すぐ定期購入の契約を解除してほしい。

ケース④オークションサイトでどう見ても茶色にしか見えない新品と書かれた財布を購入した。

でも届いた財布は中古の緑色の財布だった。

問い合わせすると、最初から緑だったけど写真加工アプリで写真を撮ったので茶色に見えていただけだと思うと理解ができない説明をしてきた。

新品と書かれていたのに中古が送られてきたことを咎めると、中古に見える新品だと言い張ってくる。

説明がめちゃくちゃで、書いていることと全てが違うので返品と返金の対応をするように指導してほしい。

ケース⑤インターネット通販で浮世絵を購入した。

届いたのはコピー品だった。

コピー品という表示はどこにもなく、本物!とだけ書かれていた。

購入先に連絡をしたが、いくら電話しても応対が無い。

返品、返金、何か厳しい指導をしてほしい。

ケース⑥インターネット通販で購入したパソコンは修理できないと言ってきた。

数ヶ月前にインターネット通販はで購入したパソコンが突然故障した。

保証書も入っていたので問い合わせて修理を依頼したが、インターネット通販での購入のパソコンには保証書の意味はないと言ってきた。

保証書には何も記入されていないので、購入日を偽ってくる購入者がいるためだと説明された。

こちらは、購入日がインターネット通販のページを通して確認できるのでそれを伝えたが、決まりごとなので修理は実費だと言ってきた。

納得できない。1年保証期間内なので無償で修理してほしい。

ケース⑦インターネット通販でダイエット食品を購入した。

代金引換で購入していたが、聞いていた金額とは明らかに違っていた。

開けてみると、注文していたのとは別の商品で3箱も送られてきていた。

すぐに電話で確認してみると、ミスで間違えて送ってしまったと言われた。

返金するので送り返してほしいと言われたが、送料負担で送り返してくるように言われた。

業者側のミスなのにどうしてこちらが負担して送り返さないといけないのか理解ができない。

負担して送るのは嫌だと伝えたら、代金はいただいているのでそのままお使い頂いてもいいですよと言ってきた。

これは、違うものをわざと送りつけ、代金引換で支払わせ、送料がかかると言って無理やり商品を使わせようとしてるんだと思う。

許せないので、厳しい罰則を与えて全額返金させてほしい。

ケース⑧インターネット通販でダイヤモンドのネックレスを購入した。

鑑定書が付いている!と書かれていて、価格も高いものを購入した。

届いた商品には、鑑定書ではなく鑑別書が付いていた。

購入時に念のためスクリーンショットを撮っていたものを確認しても、鑑定書付き!と書かれている。

電話をしようと、通販サイトを確認に行くと、鑑別書付き!と書き直されていた。

その旨を電話で伝えたが、最初から鑑別書と書いていたと言い張ってきた。

スクリーンショットを撮っていると伝えたら、誰かが一度文章を載せる時にミスをしたがすぐに書き直したので書き直す前に購入したのでは?と言われた。

返品して、返金を申し出たが、一度箱から出して触っているので中古扱いになるので半額しか返金できないと言われた。

納得がいかないし、ミスしたのは相手なので全額返金してほしい。

このように、日々生活しているとさまざまなトラブルが起こり得るものですが、インターネット通販の場合、連絡がつかないなど更なるトラブルが重なっています。

購入の際には、一度電話が繋がるか、応対はきちんとしているのかなどを確認し、未然に防ぐ対処をしなければいけません。

2.どんな人が相談にのってくれるか

消費者センターでは専門の相談員が常駐しています。

相談アドバイザーが相談に乗ってくれるようになっています。

相談員は資格保持者の方なので安心して相談することができます。

3.解決してくれるの?

相談員は解決のために全力を尽くしてくれます。

アドバイスをしてくれたり、解決方法の糸口を見つけ的確な指示をしてくれます。

何かお困りごとがあれば、お近くの消費者センターにご相談ください。

4.ネット通販に対する注意喚起も

近年、インターネット通販によるトラブルが相次いでいます。

前払いでのトラブルが多発しています。

前払いということは、すでに代金は業者側にあるので、トラブルが起きた場合業者が応じない限りは金銭的な救済がされないことになっています。

加えて、インターネット通販で販売業者の実態が掴みにくいため所在が不明であったり連絡がつかないこともあります。

インターネット通販での購入は慎重に行ってください。

消費者センター ネット通販・まとめ

消費者センターではインターネット通販の相談もできる。

インターネット通販の場合、購入前に代金を支払うケースが多く、トラブルに発展しやすいので、購入前に業者に電話するなどして信用しても大丈夫か確認するのも一つの方法です。

何か困ったことがあれば、お近くの消費者センターに相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*