消費者センターの目的とは?相談できる対応内容は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常的に起きている消費者問題、商品を購入したけど不良品だった、謳っている広告と商品の内容に差がありすぎる、詐欺まがいとも言える消費トラブルが全国各地で頻発しています。

このような消費者トラブルによって、大きな損害を受けたり、どうにかして訴えたいと考える人の味方となる期間が消費者センターと言われるところです。

消費者センターを聞いたことがあるといった人も多い事でしょう。

今回は、そんな消費者センターの目的や、どういった相談内容に対応してくれているのかを調べてみました。

1.消費者センターとは

消費者センターとは、別名消費生活センターと言われ、地方公共団体が作っている行政機関のことを言います。

主に取り扱っている案件は「事業者に対して苦情を抱えている消費者の相談」「消費者の啓発活動」「生活(主に衣食住)に関しての情報提供」となっています。

相談は無料となっているので、かなりの消費者が押し掛けてくるそうです。

この消費者センターの設置には義務が生じており、消費安全法によると都道府県には必ず設置しなくてはなりませんし、市町村に関してもなるべく設置をする努力を行わなければいけません。

消費者センターといった呼び方の他にも、消費生活センター、生活科学センター、県民生活センター、消費者相談室といった呼ばれ方をしている場合もあります。

消費者センターと似たような性質を持つ、国民生活センターという機関もあります。

国民生活センターは、悪質商法であったり、商品の事故といった情報を交換したり、データベースとして共有しているといった連携関係にあります。

2.消費者センターの目的と活動

消費者センターの目的は、消費者一人ひとりの消費行動の安全を守り、誰もが安心できる社会を作っていくことになります。

消費者センターには、それぞれ消費生活専門相談員や消費生活アドバイザー、また消費生活コンサルタント資格を持った専門家が駐在しており、それぞれの相談に見合ったアドバイスをしてくれことになっています。

消費者センターは、その地域の住民の相談を受ける為に、地方公共団体が設置している機関であり、それぞれの都道府県に住んでいたり、働いている人が対象として相談をすることができるのです。

2-1.消費者センターの主な活動

消費者センターの主な活動としては、窓口においてトラブルを抱えている消費者の相談を聞き、その問題をスムーズかつ迅速に処理できる手助けをすることです。

ですので、消費者センターだけの手におえないような事案に関しては、弁護士や専門家に相談して、その消費者トラブルに適している窓口へ案内することも多いです。

消費者ホットラインという、電話をかけると最寄りの消費者センターに繋がる回線も存在します。

188番を押すと消費者ホットラインに繋がるので、電話で相談したい方は是非かけてみてください。

また、消費行動におけるトラブル防止策のマニュアルや教材も発行しており、消費者の方に向けて過去にあった事例などを参考に注意喚起も行ったりしています。

「あなたの行動が社会を変える」という、11ページからなら教材に関しては消費者トラブルにあった際には、すぐに消費者センターへ相談するなどのアドバイスを多くの人に伝えています。

2-2.消費者生活センターへの相談までの流れ

実際に消費者生活センターへの相談の流れですが、まず相談したい人が消費者センターに足を運ぶ、もしくは電話をして相談員が詳しく事情を聞いていきます。

その消費者の状況を把握した上で、その内容の証拠となるようなものがあれば提出してもらいます。

そして、相談員が全てを踏まえた上で、アドバイスであったり、解決の為の斡旋へと進行していきます。

この相談しに来た消費者が、若い年齢であった場合、社会経験が少ないということで相談員が、手取り足取りサポートをしてくれることが多々あります。

3.消費者センターで対応してくれる相談とは

消費者センターにおいて対応してくれる相談内容は多岐に渡ります。一般的な商品を購入した時に生じるトラブルから、エステや整骨院といった少し特殊な消費まで様々です。

現在は、昔と違い消費者を取り巻く環境というのが大きく変化をしています。

ですので、昔では考えられなかった消費トラブルが起きているのも日常茶飯事です。

相談をする際に、新しい情報や現在どういった消費トラブルが頻繁に起きているのかといった現状も知ることができるので、どんなに小さなトラブルでもそのままにせずに相談してみるようにしましょう。

4.消費者センターに相談したらどうなる?

消費者センターに相談することで、一般的な消費トラブルは大方解決できるはずです。

一般的なトラブルに関しては、過去の事例があるので、解決するのにそこまで大変なことではないでしょう。

しかし、被害の大きさや過去に事例がない消費トラブルに関しては、時間を要したり、あまりにも証拠が不十分なトラブルに関しても、長期間解決できない場合もあります。

ただし、もし何かトラブルを抱えているのであれば、そのまま泣き寝入りするのではなく、きちんと消費者センターに相談をしてアドバイスを貰うようにしましょう。

そうすれば、今後消費トラブルに巻き込まれる確率も大幅に下がりますし、何よりも現状の消費者環境を把握することができるので、どういった部分に気を付けて消費を行なえば良いのかが理解できることでしょう。

消費者センター 対応内容・まとめ

消費者を取り巻く環境は、一昔前から大きく変化をしており、普通に消費を行うだけでもそれなりのリスクを伴ってしまう時代になってしまいました。

そういった時代の変化に伴い、消費者はいつも以上に警戒心を高めて消費行動を行わなくてはいけません。

しかし、いくら気を付けていても、トラブルに巻き込まれるリスクはあります。

万が一そういった消費トラブルに巻き込まれてしまった場合に関しては、最寄りの消費者センターへすぐ相談できる環境を整えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*