仮想通貨

西田哲郎の「俺のニュース」では稼げない!裏に潜む高額塾「マハラジャ」に注意!

日本でも副業解禁の動きが広がっていく中で、働き方が見直されています。
特に、最近では、新卒で入社した会社に定年まで勤めあげるという考え方はあまり現実的ではなく、あらゆる面から自分自身のキャリアを構築していくことが求められます。

その中で、副業に関しても様々なプラットフォームが誕生しています。
しかし、注意したいのは、副業の名をかたった詐欺です。

たくさん稼げるという甘い言葉で、お金を騙し取ろうとする悪質な業者には警戒しなければいけません。
今回は「俺のニュース」という副業を取り上げていきます。
「俺のニュース」では稼げるのか、怪しい業者ではないのか詳しく調査していきましょう。

ニュースを見るだけで月収200万!?西田哲郎の「俺のニュース」とは?

まずは、西田哲郎氏が主催している「俺のニュース」という副業の概要についてみていきましょう。

触れ込みとしては、「1日たった10分で手軽に月収200万円が稼げるビジネス」と大々的に宣伝しています。

仮想通貨投資や自動売買システムなどではなく、ちゃんとビジネスとしてお金を稼ぐ方法を提示しているようです。

では、「俺のニュース」はどのような方法によってお金を稼ぐことができるのでしょうか。

簡単に説明すると、「俺のニュース」では、まず、1日5分でその日のニュースを確認します。

次に、ニュースの感想などを投稿します。

同じような投稿を1日に数回行うだけで報酬を獲得することができるそうです。

これを聞いた限りでは、にわかには信じられませんよね。

文章作成系の副業はありますが、そういった仕事でも1文字当たり1~2円が限度といった感じです。

ましてや、ニュースの感想を書くだけなのですから、100文字程度書いて、数10円貰えるといったぐらいが相場でもあります。

そんな中、「俺のニュース」では、月収200万円を謳っているわけですから、1日に6~7万円は稼げる計算になります。

果たして其の話の真偽とは


そんなうまい話があるのでしょうか。

と、記事作成・コンテンツライティング系の仕事をしたことがある人であれば、そう思ってしまうでしょう。

しかし、もしかしたら何も知らない場合、この言葉を信じてしまうかもしれません。

ただ、ここまでうまい話には、必ずといっていいほど裏があると考えるのが当然です。

最近では、副業解禁の動きも積極的に行われている中、サラリーマン収入以外にも、収入源を確保しておくことの重要性は年々高まっています。

しかし、だからといって、こんな非現実的なビジネスの話に乗ってしまうのは、あまりに短絡的といえます。

単純なニュースの感想がそこまでの価値を持つとは考えられません。

「俺のニュース」には、何か裏があると考えたほうがいいでしょう。

この時点でかなり疑わしい「俺のニュース」ですが、次は、どういった仕組みでお金を稼ぐことができるのかについて調査していきましょう。

どうして「俺のニュース」の仕組みで稼げるのか


「俺のニュース」では、ニュースを見て、感想を投稿するだけで報酬が発生するという、信じられないようなビジネスを展開しています。

たったそれだけで報酬が発生するということは、これらを利用して業者側が利益を得ていなければ成り立たない話です。

個人的な趣味でニュースの感想を高値で集めているとは到底考えられません。

なので、何らかの仕組みによって「俺のニュース」は、お金を稼いでいると考えられます。

調査を進めていくと、「俺のニュース」がどのような仕組みによって利益を得ているのかの内容が明らかになりました。

実は、「俺のニュース」は業界でもトップクラスのマーケティングリサーチ会社と業務提携を行っているそうです。

あえてこのような書き方をしたのは、具体的な会社名は一切明らかになっていないからです。

話を盛るために、このような説明をしているのかもしれませんが、とりあえず話を進めていきましょう。

「俺のニュース」では、ユーザーからニュースのコメントが投稿される仕組みとなっているのですが、この投稿されたコメントを、リサーチ会社に購入してもらうことで利益を得ているそうです。

確かに、消費者の声や購買行動、アンケート結果などは、企業にとって商品開発や戦略に大きな影響を及ぼすこともあります。

そして、マーケティングリサーチ会社でも、消費者の情報を集めて、企業に購入してもらうというビジネスを行っているというのも事実です。

なので、「俺のニュース」が説明している内容については、一応筋が通っていると考えることもできます。

ただ、このようなビジネスにおいて重要となるのは、消費者の単純な声ではなく、消費者の価値ある声でなければならないということです。

ニュースを見て書いた簡単な感想がそこまで高値で売れるとは考えづらいですよね。

アンケートのように選択肢が限られた質問であれば、集計によって、消費者の意識を把握することは可能です。

自由記述の感想では、散発な意見が集まるだけですし、集計・分析するのも困難になります。

果たして、そういった情報に企業は価値を感じるのでしょうか。

しかも、リサーチ会社が行っているようなアンケートに参加しただけでは、報酬なんて数円程度しかもらえませんよね。

一方で、「俺のニュース」では、1日に6~7万円貰えることになっています。

もっといえば、個人の感想を集計したいのであれば、このようなプラットフォームに頼るよりも、SNSから集計した方がよっぽど効率的ですよね。

個人の自由な感想が無数に集められているわけですから、そういった意味でも、「俺のニュース」で集計されたコメントの価値が低いことが伺えます。

相場とは大きくかけ離れたビジネスプランを提案している「俺のニュース」。

話を鵜呑みにして、参加してしまうと危険な目に遭ってしまう可能性が考えられます。

「俺のニュース」は副業詐欺?高額塾「マハラジャ」の危険性


こういった怪しい勧誘や副業に参加するリスクとして考えられるのは、高額な商材の購入や塾への参加を求められることです。

報酬を得るために、それらにお金を支払ってしまい、最終的に報酬すら得られないといった結果が予想されます。

調査を進めていくと明らかになったのですが、「俺のニュース」に登録することによって、高額塾への参加が求められるそうです。

実は、「俺のニュース」にコメントを投稿するためには、「マハラジャ」という高額塾に参加することが求められます。

「マハラジャ」の参加料は約30万円といわれており、中には、すぐに元が取れると期待して参加してしまった人もいるそうです。

そして、もっとひどいのは「マハラジャ」に参加をして、「俺のニュース」にコメントを投稿しているにも関わらず、報酬が全く振り込まれていないという現状があるそうです。

月に200万円を稼ぐことができると謳っており、実際に作業を行っていくなかで、画面上では報酬額が増えていっているのですが、それが入金されることはなかったようです。

被害者はかなりの数がいることも明らかになっており、本格的に詐欺被害が表れていることも明らかになっています。

元々、非現実的なビジネスプランで怪しさ満点だった「俺のニュース」ですが、その裏には、高額塾の存在、そして、悪質な手口が潜んでいました。

現在進行形で被害に遭われている人は、相応の対策を練るとして、まだ被害に遭っていない人は「俺のニュース」を見つけても、無闇に登録しないことをおすすめします。

「俺のニュース」にお金を払った場合返金を受けることはできるのか?


ネット上にも、「俺のニュース」に関する具体的な被害の声が散見されています。

「マハラジャ」に参加しても報酬が全く振り込まれていないなどの内容を中心に、どの方もお金を騙し取られてしまったという現状に置かれています。

もし被害に遭われた場合には、騙し取られたお金を取り戻すための算段を考えなければいけません。

しかし、悪質な業者もプロがやっているということを考えなければなりません。

お金を騙し取ってから、訴訟などによって返金しなくてもいいように、何らかの対策を練っていることが考えられます。

その最たるものが、「俺のニュース」の「特定商取引法に基づく表記」に記載されている返品や交換に関する文言です。

「俺のニュース」では、
「商品の内容が思ったものと違ったなどの理由に返品・交換・契約の撤回には応じない」
「商品が提示するノウハウなどは利益を保証するものではない」
「利益がでなくても返品・交換・契約の撤回には応じない」

という内容が書かれています。

情報商材系の勧誘には、大体このような内容が記載されていることが多く、確認を怠った消費者に責任を負わせて、返金などを回避しようとしています。

大体このような内容は、レターページの一番下に小さく「特定商取引法に基づく表記」と載せており、ページを移動しないとこれらの内容を確認することができないようになっています。

それだけでかなり悪質だと判断できるのですが、一応は業者が消費者に提示している形になっているので、この文言を根拠に返金に応じない可能性も考えられます。

しかし、このような内容に関しては、法律上「無効」になることが定められています。

実は、2016年に改正された「消費者契約法」によると、「消費者の利益を不当に害する契約条項」は無効になることを定めています。

そして、その「利益を不当に害する契約条項」には、「消費者の解除権を放棄させる条項」が含まれています。

例えば、「商品に不具合があった場合など、いかなる理由があっても契約後のキャンセル、返品はできない」などの内容が当てはまります。

不当性が高いことが、無効と判断される根拠となっているのですが、「俺のニュース」の上記の内容は、そのままこれに当てはまります。

そのため、法律を根拠に「俺のニュース」から返金を求める余地があるといえます。

もし、「俺のニュース」の被害に遭われた方がいれば、この内容を参考にしてみてください。

同様の被害者が多数いることも明らかになっているので、被害者を集めて「集団訴訟」を起こすという手段も考えられます。

消費者契約法によって、明らかに不当な内容を提示していることが確認できますので、返金を受けられる可能性は高いと考えられます。

副業詐欺の被害に遭わないためには?


「俺のニュース」は怪しい内容であるばかりか、高額塾によって具体的な被害者も発生している悪質な業者であることが明らかになりました。

ただ、副業と謳って、お金を騙し取ろうとする業者はこれだけではありません。

その他にも、あらゆるプランを提示して、悪質な副業に巻き込もうとしてきます。

副業が盛んに行われている昨今だからこそ、正しい副業と悪質な副業を見分ける術を持たなければいけません。

ここでは、悪質な副業を見抜くためのポイントをいくつかまとめておきます。

ビジネスプランが非現実的である

やはりこの観点から内容を考えていけば、怪しいかどうかの判断は簡単にできます。

今回の「俺のニュース」では、明らかに非現実的なビジネスを持ち掛けていましたよね。

このような非現実的な勧誘を見つけたときには、何か裏があると予想した方がいいでしょう。

お金を支払うことを求めてくる

何かのビジネスを始める際に、初期投資を行うことは珍しいことではありません。

しかし、副業を勧誘してくるような業者側から、何からのお金を支払うことを求めてくるのは、100%怪しいと考えていいでしょう。

まともな副業であれば、業者側がお金を請求してくることは、まずありえません。

商材の購入や高額塾への参加を求められた時は、怪しいと判断して無視しましょう。

まとめ

「俺のニュース」についてまとめていきました。
非現実的な内容に思えるので、さらっと無視する人がほとんどだと思いますが、やはり中には引っかかってしまう人もいるようです。
副業によって収入源を増やすという意識は今の時代必要なことではありますが、逆にお金を騙し取られないように注意しなければいけません。

情報商材ビットアカデミーが信頼できる?

こんにちは。
2017年~2018年初頭は仮想通貨が大流行し、「仮想通貨」=「簡単に稼ぐことが出来るもの」というイメージが定着していました。
仮想通貨ブームが冷めた現在では、「仮想通貨」=「危険なもの」というイメージが世間に定着してきたように思います。
 

ネット上では仮想通貨で何億円の利益が出た。たった3カ月で資産が100倍になりました。
等の情報が飛び交っているため、仮想通貨投資や仮想通貨に関する情報商材に危険が多いことを分かっていても、
「自分もそれくらい稼ぎたかった」
「今からでも間に合わないかな」
と考える方がまだまだ多いのが実態です。
頑張って働いていない人が仮想通貨で簡単に大金を手にしたのに、一生懸命働いている自分は大金を稼げなかったとなると、非常に悔しくやるせないですよね。

 
しかしながら、悔しい思いをした方々をターゲットにした悪徳な投資案件・情報商材がネット上には大量に存在しており、最近では非常にたくさんの方々がこのような悪質な商材に騙され、大切なお金を盗まれてしまっています。

騙された方の中には、販売者と連絡が取れなくなったり、消費者センターに相談しても問題が解決することができずに、泣き寝入りをしてしまっている方も多いのではないでしょうか。

 
今回は、仮想通貨に関する情報商材「ビットアカデミー」というものを見つけたため、この商材が本当に信頼できるものなのか、もしも悪質な商品だった場合にどうすればいいのかについて紹介していきたいと思います。

~ビットアカデミーという情報商材とは~

あなたは仮想通貨投資を学ぶためのスクールとして話題を呼んでいる「ビットアカデミー」という情報商材をご存知でしょうか。
ランディングページ(以下LP)では、投資家としての正しい考え方、ノウハウを手に入れることが出来る。
スクールにいれば最新のICO情報を入手することが出来る。
等と謳われていますが、ネット上では、この「ビットアカデミー」を提供している松本敏彦氏は、非常に危ない人物である。
この商材は情弱な若者をターゲットにしている。
新たな詐欺案件が動き出した等と批判的な口コミが多く存在しています。
ここでは「ビットアカデミー」の実態について迫っていきたいと思います。

~あなたは松本敏彦氏を知っていますか?~


松本敏彦氏は、表の顔と裏の顔を持っており、表の顔は素晴らしい実績の持ち主ですが、裏の顔ではかなり危険な人物のようです。

 
松本敏彦氏の表の顔
松本敏彦氏は、福岡県福岡市に本社を置く株式会社ONEMESSAGEの代表取締役。
店舗経営のコンサルティングやゼロ円集客術で人気を集めており、仮想通貨の分野では早期から仮想通貨に投資、自ら執筆された仮想通貨大百科という本がAmazonでランキング1位を獲られています。

 
松本敏彦氏の裏の顔
松本敏彦氏は、「クルードマイナーズ」「D9クラブ」というHYIP投資の案件を紹介していたことがあります。
しかし、紹介していたHYIP投資がことごとく出金できなくなるという事態に陥ってしまい、非常に多くの被害者を生み出してしまっています。

 
D9クラブに至っては、5000人規模の被害者の会が発足され、集団訴訟問題にまで発展し、被害者と弁護団が松本敏彦氏の事務所へ詰め寄って騙されたことを訴えたのですが、
「返金などしない」
「僕たちも騙された」
「今復活に向けて動いている」
「紹介料で食べている」と無責任な返答をするありさまです。

 
「クルードマイナーズ」「D9クラブ」などの危険な投資案件を「ノーリスク」などと言い勧誘を行っていたのにも関わらずが、自分も被害者であると言って責任逃れをしている姿にネット上では批判の声が殺到しています。

~ビットアカデミーの3つの柱の稼ぎ方!?~

ビットアカデミーでは「トレード」「ICO情報」「アービトラージ」という3つを習うことで、稼ぐ力を身に付けていきます。この3つの稼ぎ方について動画上で紹介されているのでその内容を確認してみましょう。

 

①トレード

ビットアカデミーでは、トレードで稼ぐために「サンライズ」という6種類の仮想通貨の売り買いのタイミングを配信してくれるシステムを貰う事が出来ます。
このサンライズというシステムは、的中率が驚異の95%以上を誇っている「太陽のつぶやき」というトレードの指標をシステム化したものであると説明されています。

 
しかし、実際に95%の確率で的中させることができていたことを証明するものは何もありませんし、仮想通貨で的中率95%であったとも説明されていないため、このトレードシステムは非常に怪しいものであると言わざるを得ません。

 

②「ICO情報」

ビットアカデミーに入学すると、不定期で極秘のICO情報が配信されることになっており、その内容に従って投資をすることで資産を構築することが出来るようになっているようです。
しかしながら近年ではICO投資詐欺が急増したこともあって、世界各国でICO案件に対する規制が厳しくなって来ており、ICO事態の数も急減しています。
本当に良質なICO案件というのは頻繁に情報を開示したり、宣伝等を行っているため、極秘の情報であるということはほとんどありません。

 
極秘の情報であればあるほど危険度が増す傾向が強いのがICO案件の特徴であるため、ビットアカデミーで入手することのできる極秘のICO情報というのは、危険度が高い投資だと言えるでしょう。

 

③「アービトラージ」

「アービトラージ」というのは、各仮想通貨取引所によって生まれるコインの価格差を利用して利益を生み出す方法になります。
(ビットコインの価格が安い取引所でビットコインを購入して、ビットコインの価格が安い取引所で売却することで、価格差を獲るというもの)

このアービトラージという方法は、理論上は簡単に成功させることができるもののように感じますが、実際にはたくさんの問題点を抱えています。

 
問題点①
ビットコインなどを購入した後に、売却するための取引所に送金するための送金手数料がかかる。

 
問題点②
ビットコインの価格は非常にボラティリティが高いため、送金中に価格が思惑と反対の方向に動いてしまうと、大きな損失になってしまう。また送金には30分程度の時間がかかるため、すぐに決済をすることはできません。

 
問題点③
ビットコインを送金する場合は、ビットコインFXのようにレバレッジを掛けてビットコインを購入することはできないため、利益を出そうとすると、非常に大きな元金が必要になってしまう。

上記のような問題点があるため、仮想通貨の世界でアービトラージを利用して安定した利益を生み出すというのは、正直な所不可能だと筆者は考えています。

~ビットアカデミーには安心して入学できるの?~


ビットアカデミーで学ぶことが出来る情報や、ビットアカデミーに入学することでもらえる特典については、情報がかなり少ないですし、その情報すら本当であるかどうか分からないものになっています。

 
ビットアカデミーに入学してみようかなと考えている方は、仮想通貨投資で成功したい!と思っている方だと思います。
仮想通貨の世界は、投資した9割の方が負けている。
情報商材の世界では、ほとんどの商材が詐欺的な案件であるというのが現実です。
この事実を知っても入学してみたいと思う方のために、ビットアカデミーの特定商取引法についても確認しておきたいと思います。

~ビットアカデミーの特定商取引法の表示は大丈夫?~

ビットアカデミーの特定商取引法の表示は非常にしっかりと作られており、情報商材詐欺の特徴である電話番号・住所の記載無しということもありません。
そのためこれだけで考えると信頼できる案件のように感じる方もいるかもしれませんが、注意しなくてはいけないポイントが2か所あるため、それについて触れておきたいと思います。

 

①運営責任者が松本敏彦氏ではない

スクールというのは、スクールを設立した方が運営するのが一般的ですが、ビットアカデミーでは運営責任者が、松本敏彦氏ではありません。
松本敏彦氏は、以前にD9という案件でトラブルが発生した際に、全く責任を取ろうとせずに「自分も騙された」と、言い逃れをしている人物です。
このことから考えると、今回も何かトラブルが発生した際には、
「自分は運営責任者ではない。騙された。」と言い逃れをする可能性が十分に考えられます。

 

②スクールの効果を保証していない

特定商取引法の表示の下の方に、
「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」の表示がありました。
そのため、あなたがもしもこのスクールで利益を上げられなかったとしても、文句を言うことはできなくなっているため、この点には十分注意をしておきましょう。

~ビットアカデミーが詐欺だったらどうなる?~

ビットアカデミーがもし詐欺だった場合はどうなるのかについて考えてみましょう。
ビットアカデミーが詐欺だった場合、以下のような事が順に起こると考えられます。

 
①クルードマイナーズやD9同様、初めのうちは正常にスクールが運営されるが、実際にトレードをしたり、ICOに投資をしても全く儲けることができず、損失ばかり出てしまう。さらに、途中から突然スクールの運営が正常に行われなくなり、詐欺だったと気が付いた時には、スクール費用だけでなく、多額の損失を抱えることになる。

 
②被害者が運営者に連絡を取ろうとしても連絡が取れない・もしくは相手にしてもらえない。警察や消費者センターに被害届を出すも、事態が一向に進展しない。

 
③被害者が立ち上がり被害者の会が設立されるなどを経て、集団訴訟が行われる。

ビットアカデミーが詐欺であった場合は、スクールの入学費用だけでなく、トレードや投資の面でも多額の損失を出すことになる可能性が非常に高いです。

~騙されてしまった場合は弁護士さんに相談を!~


情報商材で騙されてしまったと思った場合は、まず初めに消費者センターや警察に相談することが一般的になっています。

 
しかしながら、今回ご紹介した「ビットアカデミー」の提供者「松本敏彦氏」のように、弁護団が出来たとしても責任をとらずに何も対応をしてくれないような方もいるのが情報商材の世界です。

このようなケースでは、弁護士に相談をしてみることが大切です。
ネットビジネスでの情報商材詐欺は、近年急速に増加しているため、弁護士もそれに応じた知識や経験を持っています。
また弁護士さんの中には、情報商材詐欺を得意としている方も存在します。可能であれば、情報商材詐欺に詳しい弁護士事務所に相談をしてみましょう。

~弁護士さんに依頼をするなら集団訴訟がお勧め!~

騙された!そんなときは、1人で悩まずに多くの仲間を集めて集団訴訟を起こすことがお勧めです。
誰でも、騙されてしまうことはありますので、騙された後は歯を食いしばって立ち上がりましょう。

集団訴訟では、弁護士費用を圧倒的に安くできる。被害者が多ければ勝訴をしやすい。被害者同士で仲間意識が生まれるため、精神的に楽になるというメリットがあります。

高額な被害金を出してしまった時は、精神的にも非常に辛く、また大切なお金がないと生活が出来なくなってしまう可能性も十分にあり得ます。そのような事態を回避するためにも、情報商材で騙されてしまった場合は、集団訴訟をすることを考えてみてください。

自動売買ツールが無料?立華桃のBITCANDY(ビットキャンディ)について

口コミ通り詐欺!?爆速即金ゲットの手口と被害時の対応法について!

仮想通貨を使った自動売買ツールがあり、それを使って稼ぎまくっている人がおられます。

実際に仮想通貨は問題も起こってはいますが、稼ぎやすい投資であることに変わりはなく、今も新しい億万長者が誕生し続けています。

ただ仮想通貨ブームに乗っかって、

・情報商材を販売したり

・稼げない高額塾に誘導したり

・他人の詐欺塾を紹介したり

など、悪質なビジネスが増えてきているのも事実です。

今回は、そんな仮想通貨ブームに乗っかっている怪しいビジネスを見つけたので紹介します。

立華桃のBITCANDY(ビットキャンディ)という仮想通貨自動売買ツールなのですが、なかなか評判が悪いので調査してみました。

BITCANDYってどうなの

BITCANDYとは?

BITCANDYとは、元六本木ホステスの仮想通貨トレーダーである立華桃が作った、自動売買ツールです。

初心者でも稼げるみたいで、無料配布してくださるようです。

BITCANDYを入手すべき理由


BITCANDYを入手した方が良い理由は複数あります。

1.自動で放置しても資産が増える

BITCANDYの凄い所は、自動売買ツールなので完全放置でも資産が増え続けてしまう所です。
投資は仮想通貨も含めて自分でやるのが普通ですが、自動売買ツールを使えば「放置」していても稼げます。

つまり放置している時は、別の事をやっていても問題はないので、仕事に行っても良いし、友達と遊びに行っても良いし、一人旅に出かけても、ツールが勝手に稼ぎ続けてくれるのです。

BITCANDYを手に入れる事ができれば、完全放置の不労所得を手に入れる事ができる、という事なんですよね。

2.完全無料で利用できる

こちらのBITCANDYは、立華桃から自動で貰えるツールなので、購入する必要がありません。
本来は20万程するツールなのですが、立華桃のご厚意によって、無料で提供してくださるのです。

BITCANDYの無料プレゼントの条件は、立華桃のLINE@に登録するだけなので、何のリスクもありません。

3.他の無料ツールも豪華

LINE@に登録すると無料配布されるツールは他にもあります。
JEWELRY(ジュエリー)というセンチメンタル分析によるシグナル配信システムです。

市場心理に基づいた、相場条件によるお知らせ機能のような物なのでしょうが、これによって大暴落などを予測して回避できるそうです。
仮想通貨で怖いので暴落して損してしまう事ですが、JEWELRYを使えば、そのような大損失を事前に防ぐ事ができるのです。

立華桃はBITCANDYとJEWELRYの2つを使って稼いでいるそうなので、恐らくこの2つを使えば稼げるようになるのでしょう。

どちらも無料配信ですから、試してみるのは悪くないのかもしれません。

BITCANDYの実態

冷静に考えれば…

BITCANDYとJEWELRYの為に立華桃のLINE@に登録するべきかと聞かれると…

絶対に登録しない方が良いです!!

あまりにも不可解な点が多く、LINE@に登録してしまったことを後悔する日が来るはずです。

自動売買ツールは素人には扱えない

そもそも自動売買ツールを初心者に対して配布するようですが、自動売買ツールは素人で扱えるほど簡単なものではありません。

トラブルが起きた時は自動売買ツールが損させ続けたりする事もあり、設定をメンテナンスしなければならない事もあります。
仮想通貨や投資について全く知識が無い人間が、複雑なメンテナンスができないので、使い物にならなくなる可能性もあるのです。

「自動売買」という名前のせいで、誰でも簡単にできる、と思われがちなのですが、上級者でないと扱えないレベルの高いツールであることを理解しておいてください。

LINE登録したらオプトインアフィリエイト

立華桃のLINE@に登録したのですが、オプトインアフィリエイトをしてきました。

オプトインアフィリエイトとは、他人の無料メルマガを登録させる事によって収益が入るビジネスです。

立華桃がLINE@で他人のメルマガを紹介する事によって、立華桃がアフィリエイト報酬を受取るのです。

最近はLINE@を利用したオプトインアフィリエイトをやっている人が多く、稼ぎ方などもネットに載っています。

立華桃という人物も、BITCANDYやJEWELRYを餌にしてLINE@の登録者を増やし、オプトインアフィリエイトで稼ぐのが狙いなのでしょう。

立華桃が紹介しているメルマガは、とてもオススメできるような商材ではないものばかりであり、LINE@にすら登録しない方が良いです。

もし登録してしまった人がいるのならば、既にオプトインアフィリエイトをされているでしょうから、ブロックしてしまった方が懸命でしょう。

販売業者の評判が悪い

特定商取引法に基づく表記を確認してみると、販売業者が「株式会社バリューブレイン」になっていました。

株式会社バリューブレインは過去に高額塾などの運営をしていて、評判が結構悪かったです。

また今年に入ってLINE@に力を入れているようで、今回紹介してる「BITCANDY」以外にも、複数のLINE@を作っているようです。

今回と非常に似た案件で、「唯月りん」という名前で「LOYALTY+CRYPT MAP」という商品を無料プレゼントしたりしています。

唯月りんと立華桃は同一人物ではないかと思えるほど文章も内容も似通っています。

恐らく、このような人物は実在せずに別のスタッフが水商売の人間をターゲットに作り込まれたセールスページである可能性が高いですね。

下手すると男性が書いている可能性も0ではないかもしれませんから…

特定商取引法に代表者氏名と電話番号が無い

特定商取引法に基づく表記を確認したのですが、代表者氏名と電話番号の記載がありません。

代表者氏名は記載の必要があるはずですが、会社名が書いてあるだけで不信感がありますね。

また連絡先がメールアドレスになっているのは、かなり信用性に欠けます。

もし何かあった時に電話番号が載っていないと質問すらできない可能性もあるので、逃げられるリスクもあるのです。

基本的に特定商取引法に基づく表記に不備がある場合、その商品やサービスは信頼しないようにしています。

このビジネスで稼げるかはっきり言って不透明

金額に関する部分で、このビジネスは見えない部分が非常に多いです。
どういった点に不備があるか下記にまとめます。

初期資金がいくら必要か分からない

BITCANDYのセールスレターを見ても、この投資にどのぐらいの資金が必要なのか記載されていません。

投資には元手となる初期資金が絶対に必要なのですが、どのぐらいの資金が居るのか書いていないので、稼げるのかどうか見積もりも立てる事ができないです。

明らかにセールスレターの大切な部分が情報不足であり、立華桃の体験談が多すぎて、そっちの方が要らないです。

立華桃が借金300万背負った話よりもBITCANDYの資産構築に初期費用は、どのぐらい必要なのかを記載すべきでしょう。

稼げるまでの期間が分からない

そもそもの話ですが、この立華桃はBITCANDYとJEWELRYを使って、どのぐらいの期間で、どのぐらいを稼いだのでしょうか?

現在は1億以上稼いでいると話されていますが、すぐに1億も稼げるようになったのでしょうか?

1年で1億と断言しているからこそ、既に1年以上前から始めている事は間違いないのでしょうが…。

例えば

・3ヶ月以内に月収30万

・半年以内に月収50万

・1年後に資産が10倍になる

など具体的な期間と数字が書かれていないれば信用できますが、BITCANDYは何も書かれていないので稼げる未来が全く想像できないんですよね。

単に立華桃が年収1億稼いでいる、という情報しか分からないので、どれぐらいの期間で立華桃クラスまで稼げるのか教えて欲しいのです。

これだけ長い長文のセールスレターなのに、利用者が稼げるまでの方法論が全く記載されておらず、立華桃の話ばかりなので、胡散臭く感じてしまうんですよね。

・AI

・ビッグデータ

・センチメンタル分析

など専門用語を散りばめる事によって、自分は素人ではなく稼いでいる人間だという事をアピールしたいのでしょう。

今後に高額オファーを受けた場合

まず、投資の世界は甘くない

立華桃は仮想通貨で簡単に稼いだみたいですが、正直に言って誰でも稼げるような代物ではありません。

仮想通貨で大損して人生が狂った人も何人もいますので、仮想通貨をするぐらいならパチンコでもしておいた方が、まだマシかもしれません。

投資は何も考えなくても稼げたりはしないので、しっかりと情報収集して毎日勉強の繰り返しです。

LINEはブロックするべき

立華桃が高額オファーなどを出してきたのなら、稼げないビジネスである可能性が高いので、LINEをブロックして、立華桃の存在を忘れた方がいいでしょう。

そもそも登録しない方が良いですし、登録してもすぐにブロックした方が良いのですが、万が一登録してブロックしてないような人は、高額オファーが来たことを機にブロックしてみてはどうでしょうか?

そもそも立華桃という人物は存在しない可能性が高いですし、ヒゲの生えたおじさんが送っている可能性もありますよ。

お金を払ったら返金申請を

仮に高額オファーに申し込んでしまって入金してしまったのならば、すぐにメールアドレスで返金したい事を申し出ましょう。

ただメールだと返ってこない可能性もあるので、株式会社バリューブレインを検索して会社の電話番号にかけても良いかもしれませんね。

荒っぽい対応をされる事も考慮して、通話内容は全て録音しておいた方が良いです。

詐欺だったら消費者センターに

もし詐欺だった場合は、すぐに消費者センターに行って、今回の件を詳しく話してみてください。

業者に注意が入ると思いますし、そのまま返金される可能性もあります。

情報商材や高額塾はクーリングオフの対象外なので、こちらが一方的に自由に契約解除したりはできないので注意してください。

入金してしまったら翌日であっても取り消しは不可となります。

被害者が増えれば集団訴訟に

もしも詐欺系の高額オファーを受けた場合、同じような被害者がいるはずですから、被害者同士で集まることによって集団訴訟ができる可能性があります。

個人で訴訟をするのは、なかなか骨が折れるのですが、集団になる事によって様々なメリットが生まれます。

被害者にとって一番に有り難いのは弁護士費用を抑えられることです。

個人なら最低でも数十万は必要な費用も、集団訴訟ならば数万円か場合によっては無料になる事もあります。

また規模が大きくなれば世間への影響力も増します。

集団訴訟にはメリットの方が大きいので、泣き寝入りしたくない人は被害者同士で結束しましょう。

被害者が集まる方法として、一番におすすめなのが「集団訴訟のプラットフォーム」を利用する方法です。

ネットで被害者を募っても集まりませんが、最初から集団訴訟する気で集まるプラットフォームならば、かなり具体的に動く事が可能です。

私がおすすめするプラットフォームはMatoMaというサイトで、ここなら情報商材や高額塾で被害を受けた方が集まっているので、訴訟の準備にすぐに入れます。

まとめ

今回は立華桃の「BITCANDY」という自動売買ツールの無料プレゼントの関する記事となりました。

LINE@に登録するだけでツールが手に入るので、初心者は登録したいかもしれませんが、オプトインアフィリエイトをされた報告があるので、やめた方が良いでしょう。

稼げる系情報にハマってノウハウコレクターのようになってしまった人を何人も見ているので、無料登録でも危険です。

情報商材や高額塾に何百万も払ってしまって借金を抱えて生活苦になってしまった人もいます。

もし今後に立華桃が高額オファーを出してきて、それが全く稼げないデタラメ情報だった場合は、被害者同士で集まって集団訴訟すると良いです。

参加するメリットは?優良ICO案件のカラクリを教えて!

独学で仮想通貨について勉強しているけれど、イマイチ稼ぎに繋がらない
仮想通貨取引をやってみたいけれど、今から参入しても稼げないのでは?
といった、仮想う通貨に関する
マイナスイメージを払しょくし、
多くの人々を豊かにするために
吉田慎也氏が立ち上げた新プロジェクト、
それが優良ICO案件です。
ということで今回は、
吉田慎也氏による優良ICO案件が
稼げるといわれるカラクリや、
参加するメリットなどについて
詳しくご紹介していきます。 続きを読む