ブロックチェーンにおけるnonceとは?ブロックチェーンとnonceの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、金融業界において革新的なことが起こっており、その一つがフィンテックです。フィンテックは金融とテクノロジーを掛け合わせたものであり、日本でも大きな話題を呼んでいます。その代表的なものが仮想通貨であり、最近多くのメディアや媒体で聞かれる言葉になりました。この仮想通貨が一般的に機能する上で欠かせなない技術がブロックチェーンです。

ブロックチェーンは非常に複雑な仕組みになっており、完全に理解するのは難しい技術となっているので、独学でブロックチェーンのことを調べる人も多いかもしれません。ブロックチェーンを調べていると、nonceという単語をよく目にするはずです。ここでは、ブロックチェーンにおけるnonceの役割や、ブロックチェーンに対してnonceがどんな風に関わっているのかを解説していきます。

1. ブロックチェーンにおけるnonce(ナンス)の役割

ではブロックチェーンにおけるnonceの役割を見ていきましょう。ブロックチェーンはお金を違う場所へ送金する場合に、送金リクエストが正しいと判断したり、二重払いを防ぐなどして確実に送金できるシステムのことです。ブロックチェーンが普及することで大きなメリットがあります。海外に送金したいと考えた場合、大きな手数料そして多くの時間を要していました。しかし、ブロックチェーンはそういった手数料や時間を無効化してくれる技術なのです。

nonceはブロックチェーンのブロックに記録される情報のことであり、簡単に言えばランダムな文字列のことを言います。number used onceという言葉の略で、一度だけ使われる数字という意味があります。ブロックチェーンの承認の部分で使われるものであり、nonceがあるからこそブロックチェーンが成立しているといっても過言ではないかもしれません。では、ブロックチェーンの仕組みなどを解説していきましょう。

2. ブロックチェーンの仕組み「マイニングとnonce(ナンス)の関係とは?」

ブロックチェーンの仕組みを語る上で、マイニングとnonceの関係性を理解しなくてはいけません。マイニングは「採掘」という意味ですが、ブロックチェーンに対してだったりnonceとどんな関係を築いているのかを見ていきましょう。

2-1. わかりやすいブロックチェーンの仕組み

まずはブロックチェーンの仕組みを分かりやすく説明していきたいと思います。ブロックチェーンは分かりやすく説明すると、仮想通貨における取引データの技術のことです。このデータをトランザクションと言います。トランザクションをまとめたものをブロックと言い、そのブロックが重なることでブロックチェーンになるということです。次世代の管理型システムと言っても良いかもしれません。

今までの金融などの管理システムは権限が一つの場所に集中することがほとんどでした。しかし、ブロックチェーンはそういった権限が分散して管理されるため、今後の金融サービスのコスト面で大きな期待が持てるシステムとなっているのです。分散しているというのは、ユーザー同士が管理している状態のことをいいます。このシステムをP2P方式といって、別名「分散型取引台帳」とも言われています。

またブロックチェーンは、大手の金融機関などを仲介せずにユーザー同士でそのシステムを管理し合う仕組みとなっているので、リアルタイムな更新には対応できない状態ともなっています。大きな特徴としては、承認作業に関しては10分単位での作業が行われるといった点があります。

2-2. ブロックに記録される情報

ブロックにはトランザクションが記録されています。つまり、取引履歴ですね。いつどこからどこに仮想通貨を送金したというデータになります。この取引データはオープンな状態にあるので、誰にでも確認をすることができますが、具体的な取引内容に関してはハッシュ関数と呼ばれるもので暗号化されています。

2-3. マイニングの仕組み

nonceを説明する上で、マイニングの存在は切っても切れません。マイニングとは、採掘と呼ばれる行為でありビットコインを新たに発行することを指します。マイニングをする人をマイナーなんて言い方もしたりしますね。この呼び名でですが、なぜ採掘なんて呼ばれ方をしているのか?それは、、マイニングの行為自体が鉱山から金を探し出す採掘の作業に似ていることからきているものです。

ビットコインを得るには、プルーフオブワークという仕組みで取引や承認、記録をすることで手に入れることができます。非常にややこしいのですが、手数料を多く払った人がより早く送金できるという仕組みですね。ここには計算が必要であり、マイニングをしていてより早くの計算を終えた人がビットコインを手に入れることができる仕組みになっているのです。

マイニングがあることによって、ビットコインを不正に取引する人を監視することができますし、嘘像の取引を防ぐこともできるのです。マイニングは過去に普通のパソコンでもできた行為でしたが、今では大きなプロジェクトとして行う企業もあるので、個人で参戦するのは難しい事業だと言われています。

・マイニングとハッシュ値

ビットコインを新たに手に入れるには、マイニングが必須です。それを考えるのにはnonceが重要になってきます。nonceはハッシュ値という難解な暗号を見つけるために使われるシステムとなっています。ハッシュ値を見つけることができた人にだけビットコインを新たに手に入れることができるのです。ハッシュ値は、nonceをハッシュ関数に変えることで得られる非常に特殊な文字列といえます。

ブロックチェーンの存在の中のハッシュ値とは、一つ前のブロックのハッシュ値、nonce、そして新しいブロックに記録される取引履歴、この全てを入力したら出てくる値のことを指します。ハッシュ関数を使えば、前後の関連性がなくなるのでハッシュ値が解明するこができなくなります。つまり、暗号化ができるということですね。

・ナンス使ってハッシュ値を見つける

nonceを使ったハッシュ値の見つけ方というのを理解しましょう。まずはランダムで分かりずらいnonceを見つけ、そのnonceをハッシュ関数に変えるところから始まります。するとハッシュ値ができあがります。成功する場合もありますが失敗する場合の方が多いです。そのためにも、マイニングを何度も行う必要があります。そして、ここで正しいnonceを見つけることができれば、見事ビットコインを受け取ることができるいうわけですね。

こういった恩恵を得られるのも、一番最初に見つけることができた人だけであり、個人的に探してビットコインを手に入れるのには、非常にハードルが高いものとなっているのが事実です。一度正しいnonceを見つけることができれば、その正解を確認することはできます。そして、最後に正しいnonceもブロックに記録され、新たなブロックができあがることとなるのです。

3. ブロックチェーンとnonce(ナンス)の役割まとめ

仮想通貨、ブロックチェーン、nonceなど普通に生活していれば全く耳にしない言葉ばかりで、難しい部分は多いです。しかし、こういった新しいシステムが世界の金融業界に大きな革命を起こしていくのでしょう。ブロックチェーンは第二のインターネットと呼ばれるくらいの革新的な仕組みです。今から勉強して、知識を持っていても良いかもしれませんね。

まだまだ日本では浸透していないことばかりですが、いつの日か私たちの日常にもブロックチェーンやnonceが活躍する日がきているのかもしれません。今後の金融業界のも注目していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*