2017年からスタートした仮想通貨は瞬く間に普及して多くの方が実践するようになりました。
稼げた人がニュースになることもあり、億万長者になる人も現れて夢がある投資として扱われています。
しかし、この稼げるイメージを利用して、仮想通貨ビジネスで詐欺が増えてきている事実があります。
詐欺系の無料オファーの中にも仮想通貨関連の案件が増えてきており、その被害に遭った被害者が増えて行ってるんですよね。
今回も怪しい仮想通貨案件を見つけたので紹介します。
その名も『想源プロジェクト』という企画なのですが、こちらはどのようなものなのか解説をします。

『想源プロジェクト』とは一体

『想源プロジェクト』とは

清水聖子という方が企画した仮想通貨のプロジェクトです。
誰でも自動ツールによって大金を稼ぐことができるそうで。

すぐに参加した方が良い理由

誰でも億万長者になれる

 

参加すれば、誰でも億万長者になれるみたいです。
仮想通貨を知らない人ですら利益を出して億万長者への道に向かっていける、とのことで驚きしかありませんよね。
仮想通貨を始めとして投資は毎日が勉強であり、誰でも稼げる可能性のあるギャンブルとは違います。
勉強した人だけが稼げるのが仮想通貨なのですが、『想源プロジェクト』なら勉強していない人でも資産を増やしていくことができるのです。
仮想通貨について分かっていない人でも億万長者になれるんですよね。

最強ツールが手に入る

 

『想源プロジェクト』で稼ぐ為の自動ツールが『後院失火』です。
こちらあれば、自分は何をしなくても勝手に稼いでくれるので、投資の知識なんて必要がありません。
恐らく売れば1億以上もくだらないようなツールなのですが、プロジェクトに参加すれば提供してもらうことができるのです。
似たようなものは数多く販売されていますが、粗悪な物も少なくありません。
ですが『後院失火』は、投資の素人でも稼げるツールなので、誰でも億万長者になれるんですよね。

完全な素人でも稼いでいける

 

今回の企画の最大のポイントは、投資に無知であっても資産を構築していけるところです。
今まで発売された仮想通貨の多くは経験者しか扱えないものばかりでした。
初心者が使っても、扱い方が分からずに宝の持ち腐れになってしまうことも珍しくなかったのです。
ですが、今回のツールは、難しい操作は一切必要がないので初心者でも扱うことができるのです。

想源は暗号通貨の起源

 

想源は暗号通貨の起源だそうで、中国で開発されたそうです。

暗号通貨を作った人間だからこそ、歴史を作ることができると紹介されています。
実際に本当に仮想通貨という市場を作った方ならば信頼できます。
明らかに胡散臭い会社とは違うので信用できるかもしれません。

『想源プロジェクト』の正体

明らかに怪しい…


『想源プロジェクト』は…

企画に参加すべきではありません!!!
高額販売をされるので、断ってください!

投資の知識がない人間は無理

 

投資の知識が無くても稼げると紹介されていますが、それは不可能でしょう。

仮想通貨が稼ぎやすいと言っても最低限の知識がないと自動ツールも扱えません。
仮に『後院失火』が優秀ツールであったとしても、定期メンテナンスは必要でしょう。
素人が仮想通貨のツールの整備をすることができるのでしょうか?
株取引をしている自分でも仮想通貨のツールなんて怖くてメンテできません。
素人が扱える訳がないので、どれだけ優秀なツールであろうと稼ぐことはできないんですよね。

高値の自動ツールは怪しいものばかり

 

今回の清水聖子さんは、ツールを30万で販売されているようです。
仮想通貨を始めとして、投資の自動ツールは30万前後で販売される事例が多いのですが、この値段帯で売られているツールのほとんどが詐欺です。
そもそもツールとしては高すぎます。
真っ当なツールは、購入者の腕によって稼げる金額が決まるので、あくまで補助ツール的な立ち位置なのです。
だからこそ30万なんて高額で販売されることはなく、数万程度で買えるものばかりなんですよね。
もし完全自動で億万長者になれるツールが発売されたら、30万では安すぎるでしょう。
数千万出してでも買いたい人が現れても不思議ではありませんからね。

ツール稼げない人が続出


『後院下火』を使った人達の口コミを見つけることができましたが、稼げないという人の意見が圧倒的に多いです。
というか稼げない口コミばかりで、稼げた口コミを見つけることができなかったんですよね。
ステマのような稼げた口コミはありましたが、実績などは詳細に語られていなかったので、おそらくは嘘なのでしょう。
30万〜50万の被害を受けたと嘆いている方が多く、『想源プロジェクト』の酷さが明るみになっています。

LPが存在しない

 

『想源プロジェクト』LPが表示することができません。
証拠隠滅の為に全てを消して逃亡しようということなのでしょうか…
真っ当な高額ツールを販売している場合は販売ページをすぐに削除したりすることはありません。
なぜなら真っ当なビジネスをしているので、ずっと売り続けることができるからなんですよね。
優秀な物ならば、ずっと売れるので販売し続けるに決まっているので、1年以内にページを削除したりすることはありませんよ。
『想源プロジェクト』のページが削除されているのは、かなり不信感が強くなってしまいますね。

過去に怪しいツールを販売


清水聖子さんは今回のプロジェクトの前にも、怪しいツールを販売して被害者を出している過去があります。
『ミラクルアロー』というバイナリーオプションのツールです。
こちらのツールは全く稼げずに30万の費用を取られてしまった被害者の口コミがあります。
以前も、同じようなツールを販売して、人々からお金を騙しとっていたんです。
そんな人間が販売しているツールなんて信用できる訳がありませんよね。

ツールはクラウドソーシングで募集か

 

『想源プロジェクト』のツールである『後院下火』はクラウドソーシングで作成を募集していたことが判明しました。
作成依頼費用は5〜10万だったので、非常に安価で作られたツールだったのです。
適当に作ってもらったツールを『後院下火』として販売していたなんてヤバイですよね。
だって『後院下火』は億万長者になれる自動ツールとして販売していたのですから、適当にクラウドソーシングで作ってもらっている時点で詐欺確定なのです。
例えるなら

無名の画家に5万で描いてもらった絵をピカソの書いた絵として売りさばいているようなものなのです。

紹介者たちが怪しい人ばかり

 

『想源プロジェクト』の紹介者たちが、詐欺系の情報商材屋ばかりでした。
情報商材界隈では有名人ばかりなので、清水聖子も同じ部類の人間なのでしょう。
彼女から購入したツールは稼げず、30万のツール費用が目的で作られたプロジェクトなのです。
つまりプロジェクトに中身なんて無くて、見栄えだけの良い企画なんですよね。

無料オファー⇒高額ツール30万の定番型

 

今回のように無料オファーから高額ツールの販売の流れは、情報商材界隈では定番の流れです。
無料オファー⇒動画を見せる⇒信者にさせる⇒高額ツール販売⇒放置or逃げる

というのが一般的です。
彼らはツールを買って貰えれば仕事は終わりであり、そこから先の稼がせることには興味がないのです。

仮想通貨の自動ツール詐欺に注意

仮想通貨のイメージが詐欺をしやすくしている

 

仮想通貨は億万長者になった人がニュースに取り上げられたりしていることもあり、「誰でも大儲けできる」というギャンブル的なイメージを連想させてしまいます。
そのせいで、仮想通貨を紹介する詐欺ビジネスが増加しているんですよね。
『俺でも大儲けできるかもしれない』

『簡単な努力で稼げる』

という安易な考えを持った方々が引っかかってしまうのです。
仮想通貨の商材は詐欺ばかりなので、本屋で販売されている書籍を買った方がまだマシです。

自動ツールは素人では扱えないもの

 

自動ツールはメンテナンスが必要ですから、素人では使いこなすことができません。
相場が変わると自動ツールの初期設定では稼げないこともありますから、それを修正する必要があります。
仮想通貨のことが分かっていないと、その修正をすることができないので、対応できなくなってしまうのです。

30万払うぐらいなら投資をした方が…

 

仮想通貨のツールごときに30万も払うのならば、その30万を元手に投資をした方が良いでしょう。
恐らく他の投資家も同じことを言うと思いますよ。
30万あれば最低限の投資はできますから、それで実践を積んだ方が成功する確立が上がります。
言い訳する人ほど投資をせずにツールや塾に頼ろうとするので、まずは実践してみることが大事ですよ。

『想源プロジェクト』で被害に遭ったら…

『想源プロジェクト』が詐欺だった場合


『想源プロジェクト』に参加して『後院下火』が全く稼げなかった場合、どうにかして支払った金額を取り返さなければなりません。
泣き寝入りをして諦めてしまってはいけません。

30万は大金ですから、取り返すべきお金なのです。

消費生活センターに連絡

 

まずは被害を受けたら消費生活センターに相談です。
・動画の閲覧数

・Twitterのハッシュタグ

・サジェストキーワードの多さ

・口コミの多さ

などから見ても、『想源プロジェクト』の被害者数は相当のものです。
消費生活センターに相談する人が増えれば、もしかすると消費者庁の注意喚起が起こる可能性もありますよ。

被害者が多いので集団訴訟を


今回の『想源プロジェクト』は被害者数が相当に多いようなので集団訴訟をすると良いかもしれません。
集団訴訟は被害者が多くなるほど費用も分散されるので、一人頭の費用負担が安くなります。
集団訴訟の人数が100人とかになると、ほとんど無料で集団訴訟に参加できて、お金を取り戻すことができるので絶対に参加するべきです。
このまま泣き寝入りするよりも、取られたお金を返してもらうように頑張ってみましょう。

MatoMaなら誰でも集団訴訟ができる

 

MatoMaというサイトを御存知でしょうか?

こちらは集団訴訟をしたい人達が集まる為に作られたプラットフォームです。
弁護士もおられるので単なる被害者スレとは違って実行力があります。
実際に詐欺側に対して集団訴訟をした事例がありますが、プラットフォームから生まれたものです。
今後もこの動きは加速化していくでしょうから、詐欺被害を受けた方はこちらで報告すると良いでしょう。
集団訴訟が上手くいけば、相手側が儲かったお金が全て返ってくることも有り得ますからね。
失ったお金を取り戻すには、訴訟が一番良いです。
MatoMaならば優秀な弁護士が多いので対応してくますよ。

まとめ

 

清水聖子が企画している『想源プロジェクト』についての記事となりました。
誰でも億万長者になれると謳っていますが、そのような事実はなく稼げなかったという被害の声が相次いでいます。
典型的な怪しいネットビジネスなので、これらで被害を受けたら集団訴訟を起こしましょう。
もう詐欺で泣き寝入りをする時代は終わっています。
MatoMaならば被害者同士が集まることによって訴訟を起こすための費用リスクを軽減することができます。
安くで訴訟に参加できるので、裁判をするデメリットがなくなります。
相手は裁判を起こされることは無いと高をくくっているので、だからこそ訴訟を起こしていくべきなのです。
今後も同じような詐欺をしてくる可能性もありますから、要注意ですね。
今回の企画の為に借金を背負ってしまった人もいるかもしれませんから、本当に気の毒です…。
借金してしまうと訴訟費用を出す余裕なんて全くないですから、そういう人こそ集団訴訟をしていくべきです。
借金などで1万や2万しか出せない人でも集団訴訟ならば、訴訟に参加できるのです。
MatoMaは信頼できるサイトなので、心から推奨できるプラットフォームの1つとなります。
弁護士と一緒にマトマリを作ってみませんか?