2018年 11月 の投稿一覧

消費者センターの相談受付時間は何時から??

消費者センターに相談をしてくても相談時間が分からないことがあります。

消費者センターでは各地域によって相談時間も異なっています。

消費者センターの役割や、実際に寄せられている相談内容と主に利用時間も合わせて見ていきましょう。

1.消費者センターの役割

悪徳商法による被害や、商品事故などの苦情、消費生活に関する相談に応じます。

相談内容により、問題解決のための助言や各種情報の提供などを行います。

必要に応じて、斡旋などを行うこともあります。

その他にも、パンフレットや資料の発行、講座の開催などの普及啓発活動や商品テストなども行なっています。

1-1 消費者センターってどんなどころ??

消費者センターは、各地域によって名称が異なることがあります。

主に、消費者センター、消費生活センター、生活科学センター、消費生活相談室などです。

消費生活センター(消費者センター)は、地方公共団体が運営する消費者のための相談業務を行う機関です。

現在、都道府県、政令指定都市の全てと市区町に約520ヶ所のセンターがあります。

2.消費者センターの相談にかかる時間

相談内容によって時間は変わりますが、電話相談の平均で30分前後です。

問題が大きい場合、面接相談に来所していただくこともあり、相談時間は約1時間前後です。

3.何時から何時まで利用できるの?

相談はお住まいの最寄りの消費者センターに相談することになりますが、消費者センターによって相談開始時刻が変わりますので、詳しくは各市町村の消費者センターにお問い合わせください。

基本的に月曜日〜金曜日の9:00〜16:00です。

4.深夜対応はしてくれる?

基本的に全国の消費者センターは月曜日〜金曜日の9:00〜16:00相談時間となっています。

深夜応対はしておりません。

地域によっては、平日1日のみの相談日や、土曜日、日曜日、祝日の相談を受け付けている場合もあります。

お住まいのお近くの消費者センターへお問い合わせください。

4-1 実際にあった相談事例

全国の消費者センターには日々さまざまな相談が寄せられています。

実際にどのような相談が寄せられているのかをご紹介します。

ケース①就活セミナーに参加をして個人情報を書いた。

後日、そのアンケートを元に建築士資格取得講座の勧誘の電話がかかってきた。

おもしろそうだなと思ったので、説明を聞き受講の契約をした。

分割での支払い、資格取得後すぐに建築士として独立開業ができると言われたので契約したが、調べてみると独立開業はできないし職もなかなか見つからないとネットで書かれていた。

当初の説明とは違っていて、この資格を取得しても意味がないと思い、まだ受講が始まっていなかったので契約の解除を申し出た。

すると、契約解除料として多額の金銭を要求してきた。

クレジットカードの分割決済をしているので受講前からさっそく受講料が引かれていて、契約を解除したくても応じてくれない。

ケース②パソコン教室にお試し期間で1週間通うことになった。

パソコン教室に通い始めてすぐに講師からパソコンはもっと使えるようになった方がいいと言われ、本契約させようとしてきた。

お試しで少し習って楽しもうとだけ思っていたが、2日目になるとますます勧誘してくるようになった。

次第に行くのが嫌になり、4日目からは受講もしなくなったが、勧誘の電話をかけてくるようになった。

勧誘が2ヶ月経った今もしつこく困っている。

ケース③数ヶ月前に突然家庭教師をやっているという人物が契約してほしいと訪ねてきた。

話を聞いてみると悪い人ではなさそうだったし、我が子のためだと思い家庭教師の契約をした。

必要な教材があるからクレジットカードでなら分割で購入できると言われ、信販会社のクレジット契約をした。

家庭教師初日に教師から「この教材はあまり良くないから」と信じられないことを言われ、違う教材を購入するように進めてきました。

28万円もの教材を分割購入契約した直後にそのようなことを言われ、困惑していると、「指定教材を購入しないのなら家庭教師を辞める」と言い出してきたのです。

腹が立ち、家庭教師をクビにし教材を全て返品して契約を解除しようと家庭教師の会社に電話をしてその旨を伝えたが「一切の返品返金に応じない」と言われた。

使用もしていない何のために買ったのか分からない教材だけ残され、毎月2万円も支払っていることに怒りが隠せない。

どうにかしてほしい。

ケース④自宅に「通信講座などの勧誘の電話がかかってきて迷惑を受けていないか?」と言う業者が電話をしてきた。

実際、頻繁に固定電話に勧誘の電話がかかってきていて困っていたのでその旨を伝えた。

すると、「数百件の勧誘名簿にあなたの名前が載っている」と言い、削除勧告を送ってあげると言ってきた。

1社ずつ削除勧告を送るので総額300万円になるが、それで一切勧誘の電話がなくなると言う。

削除勧告をしないまま過ごしていると悪用されることもあり被害があるかもしれないと脅され、怖くなったので削除依頼することにした。

「今回だけは特別に30万円でいいですよ」と言われ、そんなに安くなるのならとよく分からないまま依頼してしまった。

振込指定先に期日通り振込をし、「削除依頼完了したのでこれで失礼します」と電話が一本かかってきただけで、本当に完了したのか、実際に削除勧告は存在するのか不安になって相談した。

これは詐欺なのではないかと心配なので詐欺ならばお金を取り返してほしい。

消費者センター 時間・まとめ

消費者センターは地域や相談場所によって相談時間が異なる。

基本的には平日の9:00〜16:00頃。

一人で悩まずにお近くの消費者センターにご相談ください。

そのクレーマー消費者センターに相談出来る!!

どこにでもクレーマーは存在するものです。

何に対しても気に入らない精神の人がクレーマーになることが多いのですが、困ったことにその様な人はとてもしつこいのが現状です。

クレーマーによって営業妨害されたり、精神的に追い込まれたりと大変な目にあっている方がいるのではないでしょうか。

消費者センターではそのような困りごとにも相談に乗ってくれます。

1.消費者センターでできること

消費者センター内の相談員に無料で相談することができます。

相談はお住まいの近くの消費者センターに問い合わせをすることになるのですが、基本的に平日のみの相談になっています。

電話相談では、氏名、住所、年齢、電話番号、職業、困っている内容をお話して頂きます。

面接相談もあるので、一度お近くの消費者センターにご相談ください。

2.クレーマー対応の相談もできる?

クレーマーでお困りの際も相談することができます。

今まで実際にあったクレーム相談事例を見ていきましょう。

2-1 お店側からの相談

ケース①カバーのフックが目に刺さった。

取扱説明書に使い方や指示指示や警告が書かれていなかったから取扱方が分からずに破片が飛んできて目に刺さった。

医療費と慰謝料を払えと言われた。

ケース②購入した食べ物に異物が入っていて飲み込んでしまった。

その後体調が悪くなったので新しい商品を持ってくるように、慰謝料を払うようにと言われた。

証拠の提示を求めたが、飲み込んだので証拠は出せないと言われた。

幾度となく電話をかけてきて慰謝料を請求され困っている。

ケース③飲食店で客の一人が店内で転んだ。

床が滑りやすくなっていたからだと言い、無料にした上に病院代を支払えと言ってきた。

当日は雨で床が滑りやすくなっていたのは事実だが、きちんと清掃をしており滑って転んだのは店側の責任だとは思えない。

客がヒールを履いていたのでそれで転んだと思うのだが、店内で大声で騒がれたため代金は無料にしました。

その後も病院代はどうなっているかと電話をかけてくるので困っている。

ケース④駐車場に止めておいた車が傷つけられているとクレームが入った。

買い物に来ていたお客さんから、止めていた15分程度の間に車に傷をつけられていると言われた。

監視カメラの映像で確認しても車をこすったりぶつけられたりしてる様子は見受けられない。

言いがかりの様に感じ、監視カメラには写っていないと伝えたが、見えない所で傷をつけられたと言い張ってきます。

損害賠償請求をすると脅されていて、こちらで対応するのは不可能になってきたので助けてほしい。

ケース⑤美容室に来ていたお客さんに、コートを預けたと言われたが預かっていない。

預かった際には、ナンバーが書かれている札をお渡ししているのですが、その札は渡されていないがコートは絶対に預けたと言うのです。

特徴を聞いても、そのようなコートは誰も預かっていないし、担当美容師も覚えがないと言います。

探しても見つからず、預かっていないはずなのですが、無くしたのでコート代を支払えと言ってきています。

見に覚えのないコートの紛失代で7万円は支払えない。

ケース⑥その日は店内がとても混んでいて、スタッフ全員で対応していたのですが、料理が来るまでに時間がかかりすぎだと怒り始めた。

店内で怒鳴り始め、他のお客さんにも迷惑がかかるのでと注意をすると、注文を取り消す!待たせて時間を無駄にした分お金を払え!と言い出しました。

次回から来るときの料理はすべて無料にしろ!と無理な要求をしてきたので困っている。

この様な客にはどう対応すれば良いのか教えてほしい。

ケース⑦料理が美味しくないので代金を支払わないと言われた。

全て料理を食べ終えた後に、料理が美味しくなかった、不味くて我慢して食べてあげたと言ってきた。

不味いものを食べてあげたのだから料金を支払う必要がないと言い、無銭飲食をされた。

その日は無理やり帰られてしまい、どうしようもなかったが、後日また店にやって来て同じことを言い出した。

どうやら無銭飲食の常習犯な様で、迷惑している。

ケース⑧お前の態度が気に入らない!土下座しろ!と言われ、土下座させられた。

携帯で写真を撮られ、SNSに載せると言われた。

一見のお客様だったので、個人情報がわからず写真を掲載するのを阻止できない。

警察に相談するにも情報が足りなく相談できない。

どうしたら良いのか。

2-2 利用者からの相談

ケース①店員の態度が気に入らないので契約を取り消したい。

スマートフォンを購入しようと家電量販店内にある某ショップの窓口に行った。

店員が肘をつき、片手間に怠そうに説明をしたり、言葉遣いも悪く、説明を省いたり怠ったりして気分が悪かった。

契約をするために話を聞いていたが、やはり契約をしたくないと思った。

トイレに行くと言い席を離れて電話相談をしているが、この後どう断ったら良いのかアドバイスが欲しい。

ケース②ネットスーパーで商品を購入し、届けてもらったら賞味期限が切れていた。

確認もせずに届けて来た販売員が許せない。

気付かずに食べてお腹を壊していたらどうしてくれていたんだと腹がたつ。

このようにさまざまなクレームの相談が寄せられています。

3.消費者センターで自分がクレーマー扱いされないか心配

日々、生活をしていると納得がいかないことや、腹がたつことがあります。

どうしても納得がいかないことがあるため、連絡をして確認をしたり、消費者センターに相談することがあります。

けれど、1つ間違えると自分がクレーマーだと思われることもあります。

それは、主張内容や、言葉遣いで判断されるのではないでしょうか。

クレーマーに思われるのが嫌で相談できずに泣き寝入りする方も多くいるとは思いますが、消費者センターでは公平な立場で物事判断するので、クレーマーだと思われる心配はいりません。

何か気になることがあれば、お気軽に相談してください。

4.消費者センターは中立

消費者センターでは、相談者からの意見や事実に基づき公平に判断をする様に心がけています。

どちらが悪いということではなく、どの様な経緯でその様なトラブルになったのか、トラブルの解決方法に重きを置いているので中立な立場となって相談を受けています。

どう考えても我儘な内容などは受け入れてもらえないので、相談する側もよく考えてから相談する必要はありますが、基本的にはどの相談もきちんと受けていただくことができます。

消費者センター クレーマー・まとめ

消費者センターには気軽に相談しても大丈夫。

クレーマーに思われるかと気にしなくても大丈夫です。

相談員は、中立の立場となって相談を受けてくれます。

生活しているとさまざまなクレームが入ったり、クレームを言いたくなると思います。

一人で悩まずに消費者センターに相談してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード利用のトラブル!消費者センターに相談できます!

クレジットカード利用はとても便利でついつい使い過ぎてしまうこともあります。

いろんなお店でクレジットカード決済が出来るようになっていて便利なっている反面、クレジットカード利用が原因のトラブルも相次いでいます。

実際に消費者センターに寄せられている相談内容を見ていきましょう。

1.消費者センターはどんなところ?

地域によって名称が違うこともありますが(消費生活センターなど)、地方公共団体が設置している行政機関です。

事業者に対する消費者の苦情相談や、消費者啓発活動や生活に関する情報提供などを行なっている機関です。

消費者安全法では事業者に対する消費者からの苦情に係る相談などの事務を行う施設などの設置義務を都道府県に課し、市町村に設置の努力義務を課しています。

2.クレジットカードのトラブルで消費者センターに相談できるケースとは

実際に寄せられている相談内容は下記の通りです。

ケース①クレジットカード会社から「残高不足のため引き落としができませんでした。」と連絡が来た。

30万円以上口座に入っているはずで、クレジットカードの利用は10万円以下のはずだが引き落としができなかったと言われた。

不思議に思い銀行口座の残高を確認したがやはり30万円以上入っている。

クレジットカード会社に確認の連絡をしたら、「利用額が45万円で残高不足のため引き落としができませんでした。」と言われた。

明細書を取り寄せ確認してみると、見に覚えのない利用額が35万円を超えていた。

いつのタイミングかは分からないが不正に使用されていた。

神奈川県在住で、県内から出ていないのに、利用は鹿児島県になっていた。

いくら説明しても、不正利用の証拠がないと言われ請求され続けている。

ケース②クレジットカードを申し込んだ際に、キャッシング枠も一応つけておいた。

一度も利用していないのにキャッシングの金額が支払われていないと連絡が来た。

クレジットカードの利用限度額を超えて買い物をしていたらしく、何故かキャッシング枠を利用して購入をしていることにされていた。

通常であれば限度額を超えていれば使用できないはずだが、何の連絡もなくキャッシング枠を利用して上限を超えさせていたと言うのです。

利用する気もなく、クレジットカードはリボ払いに設定していたのですが、キャッシングに関しては一括での請求になると5万円請求されて困っている。

確認をしていなかった自分も悪いが、そのやり方は納得できないし、5万円も一括で払うと生活ができなくなるので分割払いにできるようにして欲しい。

ケース③リボ払いでの申し込みをしたが、何故かリボ払いに設定されていなかった。

それを知らずに20万円の限度枠いっぱいに買い物をしてしまった。

請求書が届いて気付き、一括で請求されていた。

もちろん支払えるわけがなく、困っている。

絶対にリボ払いでと話した記憶がある。

買い物をしてしまった自分も悪いが、リボ払いの設定の方法などを分かりやすく説明してこなかったクレジットカード会社も悪いと思う。

払えないのでリボ払いと同じ設定にし直して欲しい。

ケース④2年間クレジットカードを利用してきて、限度額が上げれると連絡があり上げることにした。

必ず上げれるが、一応審査があると言う。

言われた通り限度枠を上げるために審査を通すと「不可」となり、何故かカードの利用まで停止された。

家賃などをクレジットカード決済していて、給料日でクレジットカードの支払いをして生計を立てていたので使えなくなるととても困る。

上げれると連絡してきた人のせいで上げるどころか利用できなくなった。

それに加え、カード利用停止のため一括で支払うようにと手紙が届いた。

余計なことをしたせいで利用できなくなり、聞いていた説明と違うので迷惑している。

利用できなくなったことで生活が苦しくなった。

上限を上げれると言ってきた人間にとても腹がたつし、カードを利用できるようにしてほしい。

ケース⑤財布を紛失し、クレジットカードを止めるのを忘れて数日過ごしてしまった。

その間に、見に覚えのない利用があり、高額になっていたためすぐにクレジットカード会社に連絡をした。

「本当に本人が利用していない他人による不正利用かどうかの確認が取れないので、まずは一料金を支払ってください」と言われた。

支払った後に、他人による利用だと証明できた場合返金すると言われたが30万円も支払えるほど余裕がない。

それを伝えると、支払えない間は利用を停止すると言われ困っている。

財布を落としたのは自分の不注意だが、自分が利用していない代金を支払うのも納得がいかないし、支払えないと停止すると言われても、財布を紛失しているのでどうやって生活すればいいのか分からない。

支払い義務を無くし、停止されないようにして欲しい。

このようにさまざまなトラブルによる相談が寄せられています。

見に覚えのない利用などで困っている場合にも相談することができるので、一度相談されてみてはいかがでしょうか。

3.どんな解決方法があるの?

相談内容によって対応が違ってくるのですが、相談員がトラブルの内容をお聞きし、相手事業者に連絡をし内容の確認に努めます。

事実確認が取れた後、相談員が適切なアドバイスや、解決方法を指示してくれます。

4.怒られたりしないか心配

相談員は資格保持者で、相談に乗るプロとして相談を受け付けています。

対応もきちんと教育を受けていますので、怒ることはありません。

安心してご相談ください。

消費者センター クレジットカード・まとめ

クレジットカードに関するトラブルは珍しいことではありません。

何か困りごとがあれば速やかに消費者センターご相談ください。

クレジットカードの利用方法などはきちんと考え、管理しながら利用することが好ましいですが、いつトラブルに発展するかは分からないものです。

一人で悩まずに消費者センターに相談することで気持ちも楽になると思います。

この機会に最寄りの消費者センターにご相談ください。

賃貸契約の退去費用トラブル!それ消費者センターに相談できます!

賃貸物件を退去する時、何故そんなに請求されるのか理解が出来ないほどの金額を請求されることがあります。

当日払うように急かしてくるケースもあり、泣く泣く支払うしかない状況に追い詰められ支払ってしまうこともあります。

反対に、退去費用を支払わず逃げられてしまい、家主さん側が全て負担しないといけなくなるといったケースもあります。

日々どのようなトラブルの相談が寄せられているのか見てみましょう。

1.消費者センターは誰の味方?

消費者センターの相談員は誰の味方とかではなく、中立の立場に立って物事の解決に力を貸してくれます。

トラブルに至った詳細を聞き出し、調べ、その時にふさわしいアドバイスや助言をくれたり、解決方法を提案して解決へと導いてくれます。

2.賃貸契約の退去費用のトラブルを消費者センターに相談できる?

退去費用に関するトラブルの相談も受け付けています。

実際に今まであった相談内容を見てみましょう。

ケース①退去費用に15万円も請求された。

賃貸マンションを契約していた。

住んでいた期間は約8ヶ月。

タバコも吸わないし、ペットも飼っていないので、壁紙も綺麗に維持されたままです。

部屋に傷をつけたこともなく、掃除も週に数回するほど綺麗に使用していました。

家主に確認すると、「クロスが汚れているので全面張り替える」や、「フローリングにシミができている」や、「畳が1箇所へこんでいるので色を揃えるために全面張り替えないといけなくなった」と言ってきた。

住み始めた当初、現状確認としてクロスが最初から何故か黄ばんでいる事、フローリングに紫色のシミがある事、畳も前の住民の家具のヘコみがある事を書いて提出していた。

敷金も10万円払っていて、それも返金できないと言う。

納得がいかないので調査してほしい。

ケース②ハウスクリーニング費約55000円を最初に支払い、賃貸マンションに3年半住んでいた。

退去することになり、立ち会いにきてもらった際に「ハウスクリーニング費55000円、クロス張替え30000円を払ってください」と言われた。

入居時に支払ったと言ったが、今回から退去時にも請求することが社内で決まったと言われた。

契約書にもハウスクリーニング費を支払った証拠が残っている。

部屋の汚れ具合が酷い場合は、追加でハウスクリーニング費を払ってもらうと社内会議で決まったので支払ってくださいと言われ、支払わされてしまった。

契約時に聞いていたことと違うし、当日に支払ってくださいと言われお金を降ろしにまでいかせて支払わされた事が許せない。

調べて、返金させてほしい。

ケース③賃貸アパートを退去したが、原状回復費用が12万円は高すぎると思う。

こちらのミスでドアに穴を開けてしまったが、ドア1枚交換するだけで12万円もかかるわけがない。

敷金がない物件だったので、退去時に原状回復費用が請求されることは知っていたが、綺麗に使用していたし、壊してしまったのはドアだけ。

期限が書かれていて、それまでに支払わない場合、法的措置を取ると書かれている。

減額を提示してほしい。

ケース④最初に敷金を20万円支払って入居した賃貸マンションを退去した。

契約書には敷金は2週間〜1ヶ月後に振込で返金すると書かれてあった。

退去して4ヶ月経つが一向に返金されない。

原状回復費用にいくらかかったのかの連絡も無く、電話して確認すると、「担当者が外出していて折り返し電話させる」とだけ言われる。

数回電話したが、いつも外出していて返金のことが確認できない。

調査して返金させて欲しい。

ケース⑤ペット可の物件に住んでいたが、きちんと世話していたので目立った汚れや傷がなかったが、退去費用に20万円請求された。

壁紙に臭い匂いが付いているからこのままじゃ他の人に貸出せないので簡単なリフォームをすると言ってきた。

リフォーム費をこちらが少しでも負担するのは納得ができないし、ペット可の物件だったのだから匂いが少し残ることぐらい予想できたことだと思う。

20万円も高くて支払えない。

どうにかしてほしい。

3.どうやって解決してくれるの?

まず、電話相談にてトラブルに至った経緯、詳細をお聞きします。

その後、トラブルとなっている両者に事実確認をします。

電話相談のみで解決できない場合、来所相談もあります。

来所する際は、トラブルの原因となる契約書類、退去費用に関する請求書や明細書などを持参の上、来所相談に行ってください。

4.消費者センターを利用するメリット

トラブルの元となった双方が直接連絡を取ると、トラブルが大きくなったり、別のトラブルに発展しかねません。

そんな時、第三者が介入することで冷静に話を進めることができます。

消費者センターの相談員は問題解決のプロなので、どちらか一方の味方をするわけではなく、中立の立場で問題を解決へと導いてくれます。

トラブルの相手によっては危険が伴うこともあるので、消費者センターに介入してもらい、問題を解決することをお勧めします。

5.注意すること

アパートやマンション等の賃貸住宅へ入居する際に、賃貸者契約に基づき、家主側に敷金、礼金、保証金を支払うようになっています。

これらの金銭は、賃貸住宅から退去した際に、家主側が原状回復費用や滞納家賃を差し引き、残額は全て借主に返金しなければいけません。

契約当初に契約書に「礼金は全額返金しない」と書かれている場合は、敷金以外は返金されません。

しかし現実では家主側が敷金や保証金の清算に応じず、いつまで経っても返金されないトラブルが相次いでいます。

その他にも敷金や保証金を上回る原状回復費用と称した金額を請求してくるケースも増えています。

このようなトラブルが発生した際には速やかに最寄りの消費者センターに相談してください。

消費者センター 退去費用・まとめ

当日に支払うように促されても、納得がいかない場合その場で支払わない。

内容に納得ができない費用を請求された場合は、速やかに最寄りの消費者センターに電話してください。

退去費用でトラブルにあっている人は他にもたくさんいます。不安にならずに、まずは消費者センターに相談して指示を煽ってください。

堺市立消費生活センター!困った時は相談しよう!

堺市に在住の方で何かトラブルに巻き込まれてしまった場合、堺市立消費生活センターに相談することができます。

今までにもさまざまな相談が寄せられています。

今回は、堺市立消費生活センターの利用方法や、過去に実際にあった相談事例などを合わせてご紹介します。

1.堺市立消費生活センター

名称:堺市立消費生活センター

所在地:大阪府堺市堺区北瓦町2ー4ー16 堺富士ビル6階

電話番号:(072)221ー7146

2.利用対象者は?

堺市に在住の方に限ります。

3.利用時間

受付時間:月曜日〜金曜日の9:00〜17:00

※土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

4.どんな相談を受けてくれる?予約などは必要?

電話相談は相談受付時間内であれば予約は必要ありません。

※面接相談は要予約です。

※電話相談時に面接相談希望の旨をお伝えください。

過去の相談事例

ケース①祖母が必要のない電話回線を7回も契約させられてきた。

理由を聞いてみると、お店の人に「呼応学なキャッシュバックが受けられると言われて、回線の複数持ちは今の時代じゃ常識だ」と言われたと言うのです。

高齢者である祖母にそんなに回線が必要なわけがなく、不自然だし、契約ノルマのために祖母を犠牲にしたとしか思えない。

祖母本人が解約手続きをしなければいけないが、理解が追いつかず、言われるままに口車に乗せられ契約解除できずに帰ってきたため、後日同行した。

祖母に向けていざという時に回線があれば助かりますよ!と意味がわからないことを言い、解約手続きをさせないので腹が立つ。

今すぐに契約を全て白紙に戻してほしい。

ケース②個人情報がインターネットに流出していた。

すぐに削除依頼し、多額な金額を支払ったがいつまでたっても削除されていない。

毎日気になって検索しているが、いつまでも検索にヒットして出てくる。

業者に確認しても、削除はしたとしか言ってこない。

削除したならば何故今も出てくるのか。

削除させると共に、時間がかかったことに対しての慰謝料を請求したい。

ケース③自宅ポストに投函されていたツーショットダイヤルを一度だけ利用した。

電話代金と合算されて支払われるとチラシに書かれていたため、利用後すっかり忘れて過ごしていた。

後日、見知らぬ業者が訪ねてきて、「ツーショットダイヤルを利用後、利用した旨を伝えに電話をかけてきませんでしたね。それに料金も未だに支払われていません。早急に支払うようにお願いします。」と言ってきた。

怖くなって、チラシを確認したら、小さく「利用後は電話料金で合算されます。尚、利用した旨を電話でお伝えください。その時に利用金額と合算で支払う手続きをします」と書かれていた。

よく読んでおらず、放置していたため、業者が電話番号から実家を突き止め訪ねてきたのです。

請求金額は、滞納金、利用代金、延滞損害金等を全て合わせて約10万円。

そんなに支払えないし、小さく書いていてよく読まないと分からないようにしていることにも問題があると思う。

支払い義務を無くしてほしい。

ケース④数週間前、駅前でADSLの無料キャンペーンの勧誘を受けた。

モデムを受け取り持って帰ったが、料金を請求されると困るのですぐに返品した。

箱から出すこともなく返品したのだが、業者から故障しているので弁償するように言われた。

箱から出してもいないし、使用もしていないのに壊れるわけがないので、その旨を伝えたが、新品を貸し付けしているので弁償してくださいの一点張りだった。

その後無視を続けているが、無料キャンペーン時に住所を教えてしまったので弁償代金と称された金5万円を請求され続けている。

どうにかしてほしい。

ケース⑤一人暮らしを始めて間もない頃、見知らぬ業者が訪ねてきた。

説明を聞いていると、月々500円でディスポーザーを貸し出すと言ってきた。

生ごみ処理機は欲しいと思っていたので契約をした。

後日、利用料500円の他に、ディスポーザー本体価格39800円と書かれていた。

月々500円しかかからないと言っていたので契約したのに、説明と違う金額を一括で請求されていて困っている。

払えないなら、取り付け工事費、取り外し工事費、利用料の代金をその場で支払えとしつこく電話をかけてくるので怖い。

助けて欲しい。

ケース⑥出会い系サイトで出会った女性が、最初から販売目的で近づいてきていたと知った。

メル友になり、日々色んな会話をしていた。

ある日、女性から誘われて会うことになった。

その女性はジュエリー会社で働いていて、その職場を見せたいから一緒に行こうと誘ってきた。

言われるがままに仕事場へ一緒に行くと彼女が「私たち結婚を前提で付き合っていま。」と突然上司の前で言い出した。

する、上司から「それならば、今日婚約指輪や結婚指輪を見ていくといい」と言われ奥にある部屋へと通された。

その女性の上司や販売員数人で取り囲み、「これなら似合う」とか、「これなら婚約指輪にもってこい」等と言い、購入を迫ってきた。

おかしいと思い、「借金があるので買えない!」と断ったが、「ローンで買えるので大丈夫」と無理やり購入させようとしてきた。

結局、買うまで帰れない気がしたので仕方なく安めのジュエリーを購入し帰宅した。

後日、その女性が同じ手口で友人も騙しているところを発見し、自分も最初からターゲットにされていたと知った。

許せないし、必要でもないジュエリーを返品して返金してほしい。

このようなトラブルの相談が寄せられています。

消費生活センターの相談員は資格保持者なので、的確なアドバイスを受けることができます。

何かお困りの際は速やかに消費生活センターにご相談ください。

消費者センター 堺市・まとめ

堺市に在住の方が相談を受けることができます。

日々、いつどこでトラブルに巻き込まれるか分からないので、注意して過ごすことも大切です。

少しでもおかしいなと思ったことがあれば、気軽に消費生活センターに相談してみてはいかがでしょうか。

インターネット通販のトラブル!消費者センターに相談できる!

インターネット通販は便利な反面、さまざまなトラブルが潜んでいるものです。

購入したものの、説明とは全然違っていた!なんてことも起こり得るものです。

消費者センターではインターネット通販に関するトラブルの相談も受け付けています。

相談内容と共に利用方法なども見ていきましょう。

1.消費者センターではネット通販の相談もできる

消費者センターではインターネット通販でのトラブルも相談することができます。

実際にあった相談ないようは下記の通りです。

ケース①インターネット通販でスマートフォンケースを購入した。

代金先払いの銀行振込だったため、期日内に入金して支払った。

発送通知も来ず、いつまで経っても商品が届かない。

連絡しても電話番号は使われておらず、分かるのは振込先で他は何も情報がない。

返金させてほしい。

ケース②フリマアプリでブランドバッグを購入した。

見るからに偽物である物と、使い古してボロボロのバッグが送られてきた。

説明と違うので返品と返金を申し出たが、ノンクレームノンリターンと最初に書いてあると言われ電話を切られた。

メールをしても返信がなく、電話も着信拒否されているので連絡もできない。

これは詐欺に当たると思うので返品して返金してほしい。

ケース③インターネット通販で酵素を購入した。

お試し価格で購入し、代金引換で支払った。

数日経って、また酵素が届き代金引換でお金を支払わされた。

確認すると、勝手に定期購入にされていて代金引換で送る仕組みになっていると言われた。

契約した覚えはないと伝えたが、定期購入することが条件でお試し購入価格での初回購入だと言われた。

理解しづらい説明と、勝手に定期購入になる仕組みは納得できない。

今すぐ定期購入の契約を解除してほしい。

ケース④オークションサイトでどう見ても茶色にしか見えない新品と書かれた財布を購入した。

でも届いた財布は中古の緑色の財布だった。

問い合わせすると、最初から緑だったけど写真加工アプリで写真を撮ったので茶色に見えていただけだと思うと理解ができない説明をしてきた。

新品と書かれていたのに中古が送られてきたことを咎めると、中古に見える新品だと言い張ってくる。

説明がめちゃくちゃで、書いていることと全てが違うので返品と返金の対応をするように指導してほしい。

ケース⑤インターネット通販で浮世絵を購入した。

届いたのはコピー品だった。

コピー品という表示はどこにもなく、本物!とだけ書かれていた。

購入先に連絡をしたが、いくら電話しても応対が無い。

返品、返金、何か厳しい指導をしてほしい。

ケース⑥インターネット通販で購入したパソコンは修理できないと言ってきた。

数ヶ月前にインターネット通販はで購入したパソコンが突然故障した。

保証書も入っていたので問い合わせて修理を依頼したが、インターネット通販での購入のパソコンには保証書の意味はないと言ってきた。

保証書には何も記入されていないので、購入日を偽ってくる購入者がいるためだと説明された。

こちらは、購入日がインターネット通販のページを通して確認できるのでそれを伝えたが、決まりごとなので修理は実費だと言ってきた。

納得できない。1年保証期間内なので無償で修理してほしい。

ケース⑦インターネット通販でダイエット食品を購入した。

代金引換で購入していたが、聞いていた金額とは明らかに違っていた。

開けてみると、注文していたのとは別の商品で3箱も送られてきていた。

すぐに電話で確認してみると、ミスで間違えて送ってしまったと言われた。

返金するので送り返してほしいと言われたが、送料負担で送り返してくるように言われた。

業者側のミスなのにどうしてこちらが負担して送り返さないといけないのか理解ができない。

負担して送るのは嫌だと伝えたら、代金はいただいているのでそのままお使い頂いてもいいですよと言ってきた。

これは、違うものをわざと送りつけ、代金引換で支払わせ、送料がかかると言って無理やり商品を使わせようとしてるんだと思う。

許せないので、厳しい罰則を与えて全額返金させてほしい。

ケース⑧インターネット通販でダイヤモンドのネックレスを購入した。

鑑定書が付いている!と書かれていて、価格も高いものを購入した。

届いた商品には、鑑定書ではなく鑑別書が付いていた。

購入時に念のためスクリーンショットを撮っていたものを確認しても、鑑定書付き!と書かれている。

電話をしようと、通販サイトを確認に行くと、鑑別書付き!と書き直されていた。

その旨を電話で伝えたが、最初から鑑別書と書いていたと言い張ってきた。

スクリーンショットを撮っていると伝えたら、誰かが一度文章を載せる時にミスをしたがすぐに書き直したので書き直す前に購入したのでは?と言われた。

返品して、返金を申し出たが、一度箱から出して触っているので中古扱いになるので半額しか返金できないと言われた。

納得がいかないし、ミスしたのは相手なので全額返金してほしい。

このように、日々生活しているとさまざまなトラブルが起こり得るものですが、インターネット通販の場合、連絡がつかないなど更なるトラブルが重なっています。

購入の際には、一度電話が繋がるか、応対はきちんとしているのかなどを確認し、未然に防ぐ対処をしなければいけません。

2.どんな人が相談にのってくれるか

消費者センターでは専門の相談員が常駐しています。

相談アドバイザーが相談に乗ってくれるようになっています。

相談員は資格保持者の方なので安心して相談することができます。

3.解決してくれるの?

相談員は解決のために全力を尽くしてくれます。

アドバイスをしてくれたり、解決方法の糸口を見つけ的確な指示をしてくれます。

何かお困りごとがあれば、お近くの消費者センターにご相談ください。

4.ネット通販に対する注意喚起も

近年、インターネット通販によるトラブルが相次いでいます。

前払いでのトラブルが多発しています。

前払いということは、すでに代金は業者側にあるので、トラブルが起きた場合業者が応じない限りは金銭的な救済がされないことになっています。

加えて、インターネット通販で販売業者の実態が掴みにくいため所在が不明であったり連絡がつかないこともあります。

インターネット通販での購入は慎重に行ってください。

消費者センター ネット通販・まとめ

消費者センターではインターネット通販の相談もできる。

インターネット通販の場合、購入前に代金を支払うケースが多く、トラブルに発展しやすいので、購入前に業者に電話するなどして信用しても大丈夫か確認するのも一つの方法です。

何か困ったことがあれば、お近くの消費者センターに相談してください。

佐賀県の消費者センター!利用方法は??

日々様々なトラブルが潜んでいます。

何気なく契約したものの、それが詐欺だったり悪徳業者だったりする事もあります。

解約の仕方がわからない、トラブルの対処方法がわからない等、さまざまな相談をすることができるのが佐賀消費者センターです。

相談員の方からアドバイスがもらえたり、解決に向けての糸口を示してもらえたり、何かの力になってくれます。

佐賀県在住で困ったことがあれば、佐賀消費者センターに相談ください。

1.佐賀の消費者センターはどこにある?

佐賀県にはさまざまな地域に相談窓口があります。

以下にまとめています。

佐賀県消費生活センター

所在地:840ー0815
佐賀県佐賀市天神3ー2ー11 アバンセ内

電話番号:(0952)24ー0999

受付時間:月曜日〜日曜日の9:00〜17:00

※年末年始はお休みです

佐賀市消費生活センター

所在地:〒840ー0801
佐賀県佐賀市駅前中央1ー8ー32 藍スクエアビル1階

電話番号:(0952)40ー7087

受付時間:月曜日〜金曜日の9:00〜16:00

※土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

※面接は要予約です。

多久市役所市民生活課生活環境係

所在地:〒846ー8501
佐賀県多久市北多久町大字小侍7ー1

電話番号(0952)75ー6117

受付時間:月曜日〜金曜日の10:00〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休み。

※専門相談員相談日は月曜日、水曜日、木曜日です。

嬉野市消費生活相談窓口

所在地:〒843ー0301
佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1185 嬉野市役所内

電話番号:(0954)42ー3310

受付時間:月曜日〜金曜日の9:30〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

※月曜日、金曜日は鹿島市、火曜日、木曜日は嬉野市、水曜日は太良町で専門相談員の相談が受けられます。
(鹿島市、嬉野市、太良町の方が相談可能です。)

基山町消費生活相談窓口

所在地:841ー0204
佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666

電話番号:(0942)92ー7945

受付時間:金曜日の9:30〜15:30

※12:00〜13:00はお昼休み。

※月曜日〜木曜日、土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

玄海町消費生活相談窓口

所在地:〒847ー1421
佐賀県東松浦郡玄海町大字諸浦348番地

電話番号:(0955)52ー2158

受付時間:金曜日の10:00〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。

※月曜日〜木曜日、土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

江北町消費生活相談窓口

所在地:〒849ー0592
佐賀県杵島郡江北町大字山口1651ー1

電話番号:(0952)86ー5615

受付時間:月曜日〜金曜日の10:00〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

※火曜日は専門相談員による相談。火曜日以外は行政職員による相談受付です。

唐津市消費生活センター

所在地:〒847ー8511
佐賀県唐津市西城内1ー1 唐津市市役所

電話番号:(0955)73ー0999

受付時間:月曜日〜金曜日の8;30〜17:15

※土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

伊万里市消費生活センター

所在地:848ー8501
佐賀県伊万里市立花町1355ー1

電話番号:(0955)23ー2136

受付時間:月曜日〜金曜日の10:00〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。

※土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

鹿島市消費生活相談窓口

所在地:〒849ー1312
佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1 鹿島市役所

電話番号:(0954)63ー3412

受付時間:月曜日〜金曜日の9:30〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

※月曜日、金曜日は鹿島市、火曜日、木曜日は嬉野市、水曜日は太良町で専門相談員の相談が受けられます。
(鹿島市、嬉野市、太良町在住の方に限る)

神埼市消費生活相談窓口

所在地:〒842ー8601
佐賀県神埼市神埼長神埼410

電話番号:(0952)37ー0107

受付時間:火曜日の9:00〜15:00、金曜日の9:00〜15:00

※12:00〜13:00はお昼休み。

※月曜日、水曜日、木曜日、土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

上峰町消費生活相談窓口

所在地:〒849ー0123
佐賀県三養基上峰町大字坊所383番地1

電話番号:(0952)52ー2181

受付時間:火曜日の9:00〜15:00

※12:00〜13:00はお昼休み。

※毎月第2、第4火曜日に相談業務を実施しています。

有田町消費生活相談窓口

所在地:佐賀県西松浦郡有田町岩谷川内2ー8ー1

電話番号:(0955)43ー2105

受付時間:火曜日の9:00〜16:30、木曜日の9:00〜16:30

※12:00〜13:00はお昼休み。

※月曜日、水曜日、金曜日、土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

白石町消費生活相談窓口

所在地:〒849ー1192
佐賀県杵島群白石町大字福田1247番地1

電話番号:(0952)84ー7123

受付時間:月曜日〜金曜日の10:00〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

※木曜日は専門相談員による相談、木曜日以外は行政職員による相談受付です。

鳥栖市消費者生活センター

所在地:〒841ー851
佐賀県鳥栖市宿町1118 鳥栖市市民協働推進課内

電話番号:(0942)85ー3800

受付時間:月曜日〜9:00〜16:00

※土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

武雄市消費生活センター

所在地:〒849ー8639
佐賀県武雄市武雄町大字昭和1ー1 武雄市役所内

電話番号:(0954)23ー9500

受付時間:9:00〜16:30

※12:00〜13:00はお昼休み。

※土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

小城市消費生活センター

所在地:〒845ー8511
佐賀県小城市三日月町長神田2312ー2

電話番号:(0952)72ー5667

受付時間:月曜日〜水曜日の9:30〜16:30、金曜日の9:30〜16:30

※12:00〜13:00はお昼休み。

※土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

吉野ヶ里町消費生活相談窓口

所在地:〒842ー0193
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町三津777番地

電話番号:(0952)37ー0350

受付時間:木曜日の9:00〜15:00

※12:00〜13:00はお昼休み。

※月曜日、火曜日、水曜日、金曜日、土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

みやき町消費生活相談窓口

所在地:849ー0113
佐賀県三養基郡みやき町大字東尾737ー5

相談場所:みやき町三根庁(1階)相談

電話番号:(0942)89ー1655

受付時間:月曜日の9:00〜15:00、水曜日の9:00〜15:00

※12:00〜13:00はお昼休み。

※火曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

大町町消費生活相談窓口

所在地:〒849ー2101
佐賀県杵島郡大町町大字大町5017番地

電話番号:(0952)82ー3112

受付時間:月曜日〜金曜日の10:00〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。

※水曜日は専門相談員による相談、水曜日以外は行政職員による相談受付となります。

太良町消費生活相談窓口

所在地:〒849ー1698
佐賀県藤津郡太良町大字太良ノ番地6

電話番号:(0954)67ー0312

受付時間:月曜日〜金曜日の9:30〜16:00

※12:00〜13:00はお昼休み。

※土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

※月曜日、金曜日は鹿島市、火曜日、木曜日は嬉野市、水曜日は太良町で専門相談員による相談が受けられます。
(鹿島市、嬉野市、太良町の在住の方に限ります。)

2.利用対象者は?

佐賀県の各市町村に在住の方に限ります。

3.予約などは必要か

面接相談に限り要予約となっています。

お近くの相談窓口にお問い合わせください。

4.利用するときのポイント

トラブルの原因となった詳細がわかるものをご用意の上まずは電話相談をお受けください。

面接相談時には契約書やトラブルの原因となったことが分かる書類などを持参ください。

消費者センター 佐賀・まとめ

佐賀県内には各所に相談窓口が設けられている。

相談は、原則、各市町村に在住の方で、近くの相談窓口に相談するようになっている。

何か困ったことがあれば速やかに消費者センターに相談してみてはいかがでしょうか。

そのトラブル川崎市の消費者行政センターに相談できる!

日常に潜むトラブル。自分には関係ないと思っていても、いつトラブルに巻き込まれるかわからないものです。

川崎市に在住の方であれば、川崎市消費行政センターに相談することができます。

実際に、日々様々な相談が寄せられています。

利用方法と共に相談事例もご紹介します。

1.川崎市消費者行政センターとは

川崎市に在住、在勤、在学の方が相談できる窓口です。

相談は、消費生活専門相談員、消費生活アドバイザー、消費生活コンサルタント等の資格保持者が応じてくれます。

来所相談の場合は、契約書やトラブルに発展した内容が分かる書類を持参してください。

相談内容によっては受付できない相談もあります。

その時は、より適切な機関を紹介する場合もあります。

1-1 未成年者の取消権とは?

未成年者が親の同意を得ないで行なった契約は取り消すことができます。
※既婚者は除きます。

次の場合は取り消すことができません。

•あらかじめ小遣いとして親から渡されたお金での契約
•20歳以上と自ら偽って契約した場合
※業者から支持されて偽りの年齢をかかされた場合は取り消すことができます。

1-2 契約トラブルに巻き込まれないため切り札7ヶ条

1.先払いや、銀行振込、クレジットカード決済での購入は慎重に。
2.署名、サイン、押印は慎重にすること。
3.怪しい話や、おいしすぎる話には乗らない。
4.契約書の内容は必ず隅々まで確認すること。
5.契約を要する物を購入する時は家族や友人等に相談をすること。
6.必要のない時は必ず「要らない!」とハッキリと断ること。
7.口約束も軽々しくしないこと。

1-3 解約や返品に関しての相談

契約書や契約内容がわかる書類などを持参の上、相談にお越しください。

電話相談も受け付けているので、気軽に電話相談することができます。

2.どこにある?

所在地:〒210ー0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町11ー2 川崎フロンティアビル10階

電話番号:(044)200ー3030

3.受付時間は?

月曜日〜木曜日は9:00〜16:00
金曜日は9:00〜19:00
土曜日は10:00〜16:00

※金曜日16:00〜19:00、土曜日10:00〜16:00は電話相談のみ受け付けています。

※日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

4.利用対象者

川崎市在住、在勤、在学のいずれかに該当する消費者です。

4-1 そもそも契約って何??

お買い物する時、預貯金、バスに乗る、電車に乗る、髪の毛をカットする、電話をする、これら全ては日常生活でしている行動は全て契約にあたります。

一度契約すると、特別な場合を除いて一方的に解約することはできません。

契約をする前に、慎重に考えることが大事です。

分からないことや、疑問に思うことがあれば納得がいくまで説明を受けてから契約をしましょう。

消費者契約法は「事業者は、契約の内容を分かりやすく説明するように努めなければならない」と定められています。

消費者も、「契約の内容を理解するように努めるもの」と定められています。

4-2 実際にあった相談事例

ケース①突然トイレがつまり水が溢れてきた。

ネット広告で「トイレの詰まり修理は7000円〜」と書かれている業者に頼んだ。

業者が詰まったトイレを見て「これは便器が古くなっていて、排水管もダメになっているので交換しないと直りません」と言ってきた。

トイレを使えないのは困るので、仕方なく交換を了承した。

工事が終了しないと何が必要なのか分からないので、修理料金は修理後に教えると言われた。

この程度の修理であればそんなに高くならないと言われたので修理完了を待った。

修理後、請求金額を見ると35万円と書かれていた。

そんなに高くないと言われていたので、かかっても5万円前後だと思っていたので予想以上の金額に驚き、そんな大金用意できないと言ったが、分割で払えると言われ仕方なくサインした。

ここまで高くなるならば最初に伝える義務があるのではないか。

詐欺のような感じがするのでその業者のことを調べて欲しい。

ケース②引っ越しして間も無くトイレの流れが悪くなったため、ネットで業者を検索して出てきた業者にお願いした。

ネット検索時には「トイレの詰まり5000円、出張費5000、時間外2000〜8000円」と書かれていた。

2万円前後で足りると思い修理を待っていた。

修理後、修理に必要な機材を導入したからと言って、7万円請求してきた。

機材を使用しなければいけなくなったと修理の前に報告もなく、HPに載っていた内容とも違うため納得ができない。

多く支払わされたので不快だ。

多く払った分のお金を返金して欲しい。

ケース③ネットで見つけた販売店で購入した中古車の走行距離メーターが販売業社とは違う別の業者の手によって巻き戻されていることが発覚した。

解約したいが、販売業者は知らなかったから責任はない!責任を取る義務がない!と言って何も対応してくれない。

本来ならその走行距離を知っていたら購入しないほど走行していて、これhは詐欺に当たると思う。

知らなかったという証拠もなく、そもそもそのような業者を間に挟んでメーターを改ざんさせることが理解ができない。

契約を解除し、返金して欲しい。

このような相談が寄せられています。

インターネット経由で契約したり、HPに書かれている内容でトラブルに巻き込まれることがあります。

何か困ったことがあれば消費者行政センターに相談してください。

消費者センター 川崎・まとめ

川崎市に在住、在勤、在学の方なら川崎市消費行政センターに相談することができます。

来所での相談、電話相談があります。

何か困りごとがあれば速やかに川崎市消費者行政センターへご相談ください。

山形県の消費者センター!利用するにはどうすればいいの?

日々暮らしているとさまざまなトラブルに巻き込まれることがあります。

自分には関係ないと思っていてもいつトラブルが起こるかは予測できないものです。

山形県に在住の方であれば、山形県消費者センターに相談することができます。

日々どのような相談内容が寄せられているのかご紹介します。

1.山形の消費者センターはどこにある?

山形県消費生活センター

所在地:〒990ー8570
山形県山形市松波2ー8ー1

電話番号:(023)624ー0999

受付時間:月曜日〜金曜日のAM9:00〜PM17:00

※祝日、年末年始はお休み。

2.利用対象者は?

①山形県消費生活センターは山形市在住の方に限ります。

②置賜消費生活センターは米沢市在住の方に限ります。

③最上消費生活センターは新庄市に在住の方に限ります。

④庄内消費生活センターは東田川郡に在住の方に限ります。

3.置賜消費生活センター

置賜消費生活センター

所在地:〒992ー0012
山形県米沢市金池7ー1ー50

電話番号:(0238)24ー0999

受付時間:月曜日〜金曜日のAM9:00〜PM17:00

※祝日、年末年始はお休み。

4.最上消費生活センター

最上消費生活センター

所在地:996ー0002
山形県新庄市金沢字大道上2034

電話番号:(0233)29ー1370

受付時間:月曜日〜金曜日のAM9:00〜17:00

※祝日、年末年始はお休み。

5.庄内消費生活センター

庄内消費生活センター

所在地:997ー1392
山形県東田川郡三川町大字横山大字袖東19ー1

電話番号:(0235)66ー5451

受付時間:月曜日〜金曜日のAM9:00〜17:00

※祝日、年末年始はお休み。

消費者センターに寄せられている相談

実際に寄せられている相談ないようはどんなもの??

ケース①1ヶ月だけ婚活サイトを利用しようと契約をしたが、自動で更新されるシステムとは知らずに勝手に更新されていた。

2年も前に婚活サイトを30日間の契約をした。

クレジットカード払いにしていたが、更新手続きをしていないので放置していた。

更新していないのに毎月請求が続き、気付けば総額100万円以上の金額を支払っている。

自動更新の説明もされていなかったし、利用もしていないのにお金を支払うのは嫌!

解約方法がややこしく分からないため解約もできなくて困っている。

至急解約して今までの支払った金額を返してほしい。

ケース②退会したリゾートクラブから8年以上も会費を請求され続けている。

10年以上前に契約したリゾートクラブ会員業者から、解約をした今でもずっと会費を請求されている。

豪華なリゾートマンションが安く利用できると説明を受け契約をしたが、1度施設を利用した際に説明とは違う点が多く見つかったため解約を申し出た。

入会金と預託金を合わせた200万をクレジットの分割払いで支払いを終え、退会もしているのに会費を請求され続けていておかしいと思い連絡をした。

担当者から「今はまだ退会処理はされていません。数日経ってからじゃないとできない。」と言われ解約されていないと知った。

それから8年経ってもまだ解約されていないまま、請求され続けていて、クレジットカードで会費が支払われている。

どうにかしてほしい。

ケース③キャッチセールスで勧誘されてアンケートに答え、映画のチケットを無料でもらえる特別会員になれると言われ5000円支払った。

契約書のようなものに氏名、年齢、電話番号、住所、職業などを書かされた。

なんだか胡散臭いと思い、会員証に書かれた電話番号に電話してみた。

会員証に書かれた番号や販売店に電話をしても映画案内のテープが流れるだけでお店の人と話すことができない。

解約したいのにできないからどうにかして今すぐ解約したい。

クーリングオフをして返金もしてほしい。

ケース④マンションのオートロックのチャイムが鳴って出たら「町内会の者です」と言われドアを開けた。

ドアの前に立っていたのは新聞の勧誘員だった。

「洗剤やビール券、映画のチケットなどを差し上げるので契約してほしい」としつこく言ってきた。

まだ一人暮らしを始めて間もなかったのでしつこくされることに恐怖を感じ2年契約をしてしまった。

そもそも、身分を偽りオートロックを開けさせたのも犯罪ではないのか?

支払う余裕もないし、新聞も必要ではないので解約したい。

ケース⑤インターネットで在宅ワークを探し、資料請求をした。

後日、業者から電話がかかってきて説明を受けた。

「データ入力をしてもらう。1日2時間〜3時間働いて、月収3万円〜4万円は確実に稼げる。」と言われた。

続けて、「システム手数料として50万円先に支払ってもらうが、月収で賄っていけるので大丈夫だ」と言われた。

よくよく考えると仕事をするのにお金を支払うのはおかしいのだけど、その時はなぜか納得してしまい契約をし、クレジットカードで50万円を支払った。

紹介された仕事をしているが、最初に50万円支払っていて元も取れないし、このまま続けても何も意味もないので解約したい。

業者の解約規定では返金はできないと書かれているので納得ができない。

ケース⑥手相占いをした後に高額なネックレスを購入させられた。

1000円で占ってもらえる手相占いに行った。

占いが終わり、帰ろうとすると占い師のアシスタントが数名出てきて取り囲んできた。

「占いの結果が良くなかったので身を守るためにブレスレットを購入して身につけておくように」と言われた。

取り囲まれて2時間近くも説得され続け、正常に判断できないまま50万円で購入させられた。

後で、鑑定できる友人に鑑定をお願いしたら、1万円もしない価値の少ないブレスレットだと言われた。

このような状態で購入させられたので返品して返金してもらいたい。

このようないつ自分の身に起こるか分からないトラブルが日々相談されています。

何かお困りのことがあれば速やかに最寄りに消費者センターに相談してください。

消費者センター 山形・まとめ

山形県には4つ消費者センターがある。

消費者センターは消費生活センターという名前の可能性もある。

相談する場合は、最寄りの消費者センターに問い合わせください。

消費者センターで働きたい!どこで探せばいいの?

消費者センターに相談した時に親切に対応してもらえて、自分もその仕事に携わりたいと思った方もいるのではないでしょうか。

消費者センターではどのようなお仕事内容があるのか、求人はどこで出されているのか知りたい方もいると思います。

消費者センターで働くために必要な事なども合わせてご紹介します

1.消費者センターの求人はどこにある?

インターネットの検索サイトのindeedや、タウンワークに掲載されていることがあります。

その他にも、ハローワークでも募集されていることがあります。

お仕事をしたい地域の消費者センターに問い合わせすれば教えてもらえることもあります。

2.消費者センターの仕事内容とは

消費者センターでのお仕事内容はさまざまなもの内容があります。

悪徳商法などによる被害や商品事故の苦情などの消費生活関する相談に応じています。

相談内容によって、問題解決のための助言やアドバイス、各種情報の提供を行っています。

必要に応じて斡旋を行うこともあります。

2–1 相談員に寄せられた相談事例

ケース①見るだけのつもりで建売住宅販売のモデルハウスに行った。

住宅販売者(住宅業者)から急かされて、十分考える時間を与えられないまま契約させられてしまった。

翌日に手付金も支払わされ、特に希望していなかった家を購入してしまった。

インターネットの住宅情報サイトで資料請求したところ、業者が突然家に訪ねてきた。

販売中の資料を持参し、建売住宅の説明をしてきた。

週末に現地を見学することを条件に帰ってもらった。

約束の日に現地を見学して、帰ろうとしたが、しつこく説明され、契約を急かされ買う予定はなかったが帰りたい一心で契約書に同意してしまった。

翌日、自宅に訪ねてきて手付金を支払わされてしまったが、購入を辞めたいので助けてほしい。

ケース②無料で光熱費節約シュミレーションをすると言って訪問してきたが、本当は電気温水器の訪問販売だった。

見知らぬ業者が訪ねてきて「無料で光熱費節約シュミレーションを実施しているので、是非この機会に受けてはいかがですか?」と言われ、自宅に招き入れてしまった。

業者に電気、ガスの領収書を見せると、計算書を作り「電気温水器とIHクッキングヒーターを使えば基本料金は高くなるが、深夜電力を使うので電気代が安くなるしガス代もかからない」と言われ電気温水器の設置を勧めてきた。

平均で月10000円程度光熱費が安くなると言われた。

設置費用を尋ねると総額で230万円と言われ断ったら、「今だけ50万円割引できる」と言ってきて、半ば強制的に契約させられてしまった。

施工当日、聞いていなかった設置方法で工事を始められ、不信感が出てきたので解約して返金してほしい。

自分でも解約を申し出たが、契約担当が応対せず、言葉遣いの悪い別の担当者が出て少し脅し気味に「今更解約なんてできるわけがない!くだらないこと言うな!」と言ってきた。

脅されてるようで怖く、何もできないので消費者センターから指導をしてほしい。

消費者センターでのお仕事は、上記のような相談の解決や、相談内容にアドバイスをするお仕事になっています。

2-1 消費者センターって具体的にどんなところ?

消費者センターは、地域公共団体が運営する消費者のための相談事業を行う期間です。

消費者センターは地域によって消費生活センターという名前や、県民生活センターなど別の名前になっているところもあります。

現在、都道府県・政令指定都市の全てと、市区町に役520カ所のセンターがあります。

規模や、体制は等は自治体によって様々です。

先に記した通り、名称も消費生活センターの他、消費者センター、生活科学センター、消費生活相談室などさまざまな名称があります。

3.消費者生活アドバイザーとは

消費生活アドバイザーになるには、試験に合格しないとなることができません。

一般財団法人日本産業協会で消費生活相談員資格試験を受けることができます。

受験手数料は下記の通りです。
通常受験:12960円(税込)
第1次試験免除:9720円(税込)

いずれの受験も合格後、資格保有者として登録するため、別途、登録管理手数料10800円(税込)がかかります。

受験資格:特に決まりは無し。

第1次試験(択一試験)
1.消費者問題

2.消費者のための行政・法律知識
2-1行政知識
2-法律知識

3.消費者のための経済知識
3–1企業経営一般常識
3–2生活経済
3–3地域環境問題・エネルギー需給
3–4経済一般と経済統計の知識
3–5金融の知識

4.生活基礎知識
4–1社会保険と福祉
4–2余暇生活
4–3衣服と生活
4–4医療と健康
4–5広告と表示
4–6暮らしと情報
4–7商・サービスの品質と安全性
4–8食生活と健康
4–9快適な住生活

第2次試験(論文試験)
上記第一試験の内、1〜3の範囲より出題されます。

出題は、次の2グループに分け、各グループ4題より1題選択し、2題記述します。

第1グループ:(4題)
・行政知識
・消費者問題
・法律知識(2題)

第2グループ:(4題)
・企業経営一般常識
・生活経済
・経済一般知識
・地球環境問題・エネルギー需給

3–1 個人情報の取り扱いについて

受験申請に提出した個人情報は、「消費生活アドバイザーしかくしけん」実施の為、協会及び試験実施に必要な業務を委託する事業者との間に限り共同使用します。

第2次試験合格者の個人情報(氏名、年齢、住所、生年月日)については消費者安全法施行第8条の20に基づき消費者庁に提出します。

4.職場内SEの求人も

国民生活の安定及び向上に寄与するために、総合的見地から国民生活に関する情報の提供及び調査を行うお仕事があります。

また、全国の消費者センターや、消費生活センターから寄せられた情報を元に総合的見地から調査を行う業務もあります。

ですが、現在(2018年10月)募集はされていません。

消費者センター 求人・まとめ

消費者センターの求人はハローワークやインターネットの求人情報に載っていることがある。

資格取得することでアドバイザーになることができます。

アドバイザーになりたい場合、まずは資格取得から始めてみてはいかがでしょうか。